FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (65)どS鈴子のエリ調教

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (65)どS鈴子のエリ調教

「エリさん、まだまだ早いですよ」
グッタリした美しい裸体が作る艶めかしい陰影に私は欲情した。可愛くて綺麗な学校のアイドルをメチャクチャにしたい。柔らかくて張りのある太ももを持ち上げてカラダを入れ、松葉崩しで濡れた女の子を貝合わせした。

「んっ、あっ、ああっ、鈴ちゃん、ああっ、もう、あっ、んっ、許して」
濡れた女の子を密着させて腰を振る。クチュクチュと女の子同士が擦れ合うイヤらしい音がする。淫らな快感を求めずにはいられない淫乱な本性が私を支配する。
「はあっ、きもち、あ、ああ、いいですっ」
包皮から顔を出したポッチが擦れるたびにカラダがビクンと震える。スベスベした太ももの感触やふくらはぎでおちちを圧迫される感じもいい。
「や、ん、あっ、ああっ、い、いやっ、あ、ああっ」
藤堂も同じ快感を味わっている。感じてしまうのが恥ずかしいのか両手で顔を隠しているが、成熟した女体が切なげに波打ち、イヤらしくくねる。

「あ、さっきと、は、はあ、同じ、体勢ですよ」
体を起こして対面座位で女の子を密着させる。腰の動きは鈍くなるが、汗に濡れた柔らかい凹凸と密着する弾力感が気持ちいい。
「はっ、エリさん、あっ、んっ、おちち、はあっ、ビンビンですよ」
火照った女体をくまなくまさぐる。藤堂は辛そうに悶えて逃げようとするが、ブラをズリあげて固くなった乳頭を甘嚙みしてやると、
「あっ、んんっ、だ、だめえ…」
ビクンと仰け反ってウエーブのかかったセミロングヘアを妖しくツヤツヤさせて踊らせた。

「キス、しましょ」
何度もおちちにキスを浴びせてやるともう藤堂はメロメロだった。私はグッタリする彼女を抱きしめ、口づけした。
「は、んっ、む、はう、ああ…」
湿った女体をきつく抱きしめて舌を強引にねじ込む。舌を合わせて唾液と一緒に絡ませる。藤堂は苦しそうに目を閉じて苦しそうなあえぎ声を漏らす。
「あ、んっ、エリさんの、舌、おいしっ」
ビクッと震えた女体はまた潮を吹く。ピッタリ合わさった女の子が愛液まみれだ。彼女は私の腕の中でグッタリした。美人で清楚な彼女を快楽に堕とした満足感で私は笑っていた。

「もっと、気持ちよくなりましょ、アレ、持ってますよね」
半目でグッタリしたエリをもっと虐めて乱れさせてやりたかった。彼女は男性器を模したオモチャを持っているはずだ。女の子の具合で分かる。
「あれ、って、なに?…」
うつろに私を見つめる藤堂は、しかし薄々勘づいているようで怯えている。
「バイブです、毎晩オナってるんでしょ」
不安そうに伺う彼女にマゾヒスティックな倒錯色情を感じた私は、わざとあからさまな単語を突きつけた。

「オナ、って…、いやあっ」
図星を指された彼女は恥ずかしそうに顔を伏せて逃げようとするが、
「正直に言わないと、ココ、強くひねっちゃいますけど、いいですか」
女の子に手を伸ばしてヒタヒタのスジから顔を出した固いポッチを押した。
「ひんっ、あ、ああ…」
ビクッと仰け反った彼女は勃起した乳首をプルプル震わせる。感じやすい彼女はココがいちばん感じるのは、一通り性感帯をタッチしてわかっている。
「も、もう、やめてえ…」
彼女が半ベソで許しを請う。しかし女の子は開き気味にヒクヒク震え、イヤらしいお汁で洪水状態だ。彼女は虐められて感じるマゾだ。

「言わないと、今度は本当につねっちゃいますよ」
我が校のアイドルを泣くほど追いつめるサディスティックな昂ぶりで私の女の子もビショビショだ。キスして怯える彼女の唇を嬲りながら、愛液でヒタヒタの亀裂から突き出たポッチをつまんだ。
「やっ、やめてえっ、ううっ、あそこ…、引き出しに、うう、あるから…」
とうとう泣き出した彼女は震えながらチェストを指した。学校で羨望のまなざしを浴びる彼女を肉欲のるつぼに突き堕とし、屈服させた満足感でカラダの芯が熱くてゾクゾクする。

「エリさん、エッチな下着、いっぱい持ってるんですね」
引き出しの中は色とりどりの下着が綺麗に収まっていた。奥に隠してあったバイブはすぐ見つかった。藤堂の官能的な女体に似合いそうなセクシーランジェリーに私はニンマリした。
「これ着て、オナってみましょうか」
笑いがこみ上げてくる。彼女を怯えさせるのが楽しくてしょうがない。鈍い電動音を発してクネクネするバイブを嗚咽を押し殺す泣き顔に突きつけた私は、高級娼婦にふさわしいベビードールとガーターストッキングを差し出した。

女教師鈴子のルール (66)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:00:57 ━ Page top ━…‥・

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (64)イジワル鈴子に悶えるエリ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (64)イジワル鈴子に悶えるエリ

「ゴメンね、泣いちゃった、私、鈴ちゃんの味方だから、何でも言ってね」
抱き合ってひとしきり泣いた後、藤堂は笑顔を見せた。

「いえ…、お母さん、思い出しました」
涙に濡れた可愛い笑顔につい本音を漏らしてしまった。私も酔っているようだ。
「お母さん?…、そうだ鈴ちゃんのお母さんって、どんな人?」
言ってしまってから同じ歳の藤堂に失礼だと後悔したが、彼女は気にする様子もなくお母さんのことを聞いてきた。
「…、お母さん、ですか…」
家族に関する個人情報を打ち明けるのはためらわれた。彼女に悪気がないのは分かっているが、カラダがゾワソワして僻みの虫がうずき出した。

「うん、やっぱり優しいお母さんなんでしょ」
彼女はニコニコ笑って迫ってくる。きっと藤堂の母親は優しくて立派な人だろう。それは藤堂の人柄を見れば分かる。
「優しいお母さん、でした」
私のお母さんだって彼女の母親に負けないい人だ。でも今はいないと思うと悲しいような悔しいような気持ちが沸き上がってきて、意地の悪い私を呼び覚ます。
「そう…、お父さんもきっと優しいんでしょ」
過去形の返答に何かを察した藤堂は話題をお父さんに変えた。
「…、はい」
あのとき最期まで守ってくれたお父さんは私にとって世界一のお父さんだ。藤堂の親は裕福かもしれないが、私のお母さんとお父さんは絶対に負けてない。

あのときのことを話したら、藤堂は同情してまた泣くに違いない。でも絶対に言いたくなかった。何不自由なく育ったような彼女に哀れみを請うなんて惨すぎる。それにこれ以上甘えたくなかった。

「エリさん、あそこに通ってたってことは、お金持ちなんですね」
某有名女子校のセーラー服を横目に見てイヤミを言ってしまった。みっともない僻み根性だと分かってる。でもそうでも言わないと、家族を一度に亡くした惨めな境遇を素直に話してしまいそうだった。
「そんなことないよ、鈴ちゃん、どうしたの?」
私のひねくれた態度で酔いが冷めたようだ。真顔になった藤堂が心配そうに聞いてきた。
「私も行きたかったんです、でもお父さんは町工場の工員で…、あきらめて公立に行きました」
またイヤミを言ってしまった。酔っているせいなのか止まらなかった。

「そうなんだ、ごめんね、これもう、脱ぐね」
私が不機嫌になった原因を勘違いした彼女は、成熟した女体を締め付けるセーラー服を脱ぎはじめた。
やっぱり、きれい…。
セーラー服を頭から脱ぐと、ブラに締め付けられたカッコイイおちちがプルンと揺れた。
「エリさん、脱がせてあげます」
性格も顔も良くて、ソープ嬢だった私よりもカラダがセクシーな藤堂が無性に憎くなった。私は腰にしがみついて紺ミニスカのホックをはずした。

「やあんっ、くすぐったいっ」
私がじゃれてきたと思ったのか、藤堂ははしゃいだ声を上げた。それがまた癇に触る。
「ほんと、エリさん、きれいですね、男の人がほっときませんよね」
股間に手を入れてパンティのあの部分を触った。悪い私が彼女を堕としてしまえとささやく。ソープ嬢に身をやつした私と同じレベルに堕としてしまえとそそのかす。
「あんっ、鈴ちゃん、あっ、いっ、だめえっ、あ、んっ」
巧みな指使いに下着姿の官能的な女体が揺れる。セクシーな吐息に鼓膜をくすぐられて昂ぶる。ソープ仕込みのテクニックで彼女が淫らに乱れるのを見てやりたかった。

ソープでは男の人を悦ばせるだけでなく同性をイカせるテクも身につけた。ソープでナンバーワンになった私をやっかんでイジワルをする先輩をそれで撃退してきた。

「あ、やっ、脱がしちゃ、だめえっ、や、ああんっ」
パンティの二重になった部分が湿ってくる。立っていられなくなって床に座り込んだ彼女に覆い被さる。しっとりした肌が吸い付いてくるようで気持ちいい。
「パンツ、脱がしますね」
綺麗なヒップラインに張り付いたパンティを引きはがす。ムッとする女臭さが立ち上る。濃厚なフェロモンが私を酔わせる。
「ふふっ、これからですよ」
藤堂の女の子は前側以外が無毛だった。透明のヌメリ気で濡れた亀裂はピンク色で綺麗だ。閉じたつぼみをツユまみれにして満開に咲かせるイジワルな野望が私を昂ぶらせる。

「あ、あんっ、おねがい、あっ、もう、ああっ、許してえっ」
ヌメリ気を帯びたスジに沿って指を行き来させる。エッチな声がガマン出来ない女体がムダな抵抗をして手を伸ばしてくるが、感じすぎて力が入らない。
「いいんですよ、もっと気持ちよくなって」
藤堂は思った以上に感度がいい。打てば響くような悶えっぷりに楽しくなってくる。妖しく笑った私はクチュクチュとイヤらしい音が響くように女の子をかわいがった。

「あ、だ、だめっ、ああっ…」
海千山千の先輩ソープ嬢を血祭りに上げてきたテクに藤堂はあっさり果てた。広げられた太ももにスジを浮かべた女体がビクンと痙攣し、ヌルヌルの切れ目から潮を吹いた。甲高いあえぎ声を上げた藤堂はブラのみの裸体を床にグッタリさせていた。

女教師鈴子のルール (65)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:59:40 ━ Page top ━…‥・

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (63)笑い上戸泣き上戸

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (63)笑い上戸泣き上戸

「だからねえ…、あれ、鈴ちゃん、ブラしてないの?」
酔っぱらって絡んできたセーラ服の藤堂は、胸にポッチが突き出ているのに気付いてしまった。

「え、あっ、いえっ、あんっ、やあんっ」
マジマジと見つめられていよいよノーパンの理由を説明しなければならないかと焦ったが、彼女はケラケラ笑っておちちにじゃれついてきた。
「ほんと、鈴ちゃんって、オッパイ、大きいっ、うふふっ、気持ち、いいっ」
水割りをテーブルに置いて両手をフリーにした藤堂はおちちに顔を埋めて両手で揉んでくる。
「あっ、あのっ、エリ、さん、ちょっと、ああんっ」
抱きつかれた勢いで床に押し倒された私は酔っぱらいセーラー服教師から逃れようとジタバタした。

「やあんっ、なんか、エッチ」
お腹に馬乗りになった藤堂は紺ミニスカがまくれてパンティが見えているのに気付くと、恥ずかしそうに両手で押さえる。
「あ、あのっ、エリ、さん、落ち着きましょう」
またがる藤堂のお尻にズラされてワンピースのスソがめくれ、ノーパンの女の子が丸出しだった。彼女をなだめながら、懸命に股間に手を伸ばしていた。

「エリさん、おちち、揉んでいいから、とりあえず起こして」
女の彼女に本気で襲われるとは思わないが、強姦一歩手前の体勢を何とかしたかった。
「おちち?、うふふっ、おちち、って、かわいいね」
「おちち」という単語がお気に召したようでニコニコ笑う藤堂は、お尻をズラして脚の間に腰を下ろすと私のカラダを引き上げた。
「鈴ちゃん、きもち、いいっ」
対面座位で足を広げた彼女が抱きついてなついてくる。私はノーパンを知られたくなくてワンピのスソを焦って引っ張っていた。

「鈴ちゃん、新人だったのに担任になったでしょ、大変だなって思ってたの」
耳元で彼女のはしゃいだ声がする。剥き出しの女の子に彼女のパンティのあの部分を押しつけられた私はドキドキして、まともに聞いてる余裕がない。
「だけど鈴ちゃん、一生懸命がんばってたでしょ…、この人、すごいな、って思ったの」
セーラー服を張り詰めたおちちがノーブラのおちちを圧迫する。胸のドキドキを気付かれそうでよけいに鼓動が高まる。
「だからね、鈴ちゃんと友達になりたいって、なにか手伝えることがあれば、って思ったの」
体を離した藤堂は私を見つめてニッコリ笑った。天使のような可愛い笑顔だ。私がずっと苦手にしてきた笑顔だ。

「…、私のこと、ずっと見てたんですか?…」
柔らかい圧迫から開放された胸がよけいにドキドキして顔が熱い。教師になってからずっと見守ってくれていた人がいたといううれしさと、まだストーカー疑惑がぬぐいきれない複雑な気分で私は聞いた。
「うん…、鈴ちゃん一人でがんばってたね…、いちおう先輩だし、頼ってくれないかなって、思ってた」
不安そうな私を見つめた彼女はまたニッコリ笑った。またまた私はドキリとさせられた。優しく笑うまなざしが潤んでいた。

「だからねっ、今日、鈴ちゃんが泣いてるのを見てねっ」
大きな瞳から涙がポロポロこぼれて強く抱きしめられた。嗚咽で上下するおちちがグイグイ押してくる。
「きっと辛いことがあるんだろうなって…、う、うんっ…」
笑い上戸の次は泣き上戸だ。でもイヤじゃなかった。泣き声を押し殺して震える彼女に抱きしめられて、小さい頃にお母さんにダッコされたことを思い出した。いつのまにか私も彼女の柔らかカラダを抱きしめ、一緒に泣いていた。

女教師鈴子のルール (64)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:11:43 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old