FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (114)ドクターとナースとエロガキ




































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (114)ドクターとナースとエロガキ

「先生、大人なのに、毛が薄いですね」
(チンチンを刺された恨み、晴らさでおくべきかぁ…)
性根がネジ曲がったエロヘタレは、二つ巴のシックスナインで覆いかぶさるどS女医のスレンダーな女体を眺め、以前見たマンガのセリフを頭に浮かべて卑屈な復讐を企んでいた。

「な、なによっ、モジャモジャのワカメが好みなのっ?、こうゆうのがいいって言う人は多いのよっ」
クールな美人女医は恥毛が薄いのがコンプレックスなのか、ブラとガーターストッキングだけのスタイルのいい女体を四つん這いで揺らし、幸太の低俗な挑発にあっさり乗ってきた。
「ふーん、こんなの悦ぶなんて、ロリコンのペド野郎ぐらいだろ」
(うひひ、慌ててるよ…、なんかおもしれっ…)
目の前でいやらしいよだれを垂らすヌルヌル大陰唇に指を食い込ませて弄ぶ幸太は、予想以上の反応に浮かれていた。

「ん…、なによ、モジャモジャなんて、あんっ、雑菌がいっぱいなのよ」
クールビューティー女医は予想外に感度が良かった。四つん這いの体勢でなだらかな曲線が陰る女体は大陰唇への軽いタッチにいちいち反応した。太ももの間から覗く下腹部の柔らかそうなラインを淫靡にくねらせる生々しい光景が幸太を喜ばせた。
「わたしも、してぇ…」
武田に追いやられた玄重がまたぞろナースコートを脱ぎ去った裸体を押し付けてきた。拘束着のように締め付けていたナースコートから開放されて弾ける女体は、湿った女臭さをムンムン発散して幸太のスケベ心を誘った。女医よりも明らかに大きいナマ乳はビンビンの乳首が突き出して、いやらしい愛撫をおねだりしていた。

「いいよ、先生よりおっきいもんな…」
(うひひ、エロいじゃん、ツンケンしててもヤリたいのは一緒だな…)
目の前に差し出された濡れ濡れ亀裂をクチャクチャ弄りながら、顔の横に膝をついた武田のふくらはぎに乗せるように突き出したオッパイを揉む幸太は、結局このパターンになるんだと浮かれた。

「…、あんっ、なによ、はあ、私だって、あんっ、パイズリできるのよっ」
デカすぎるカリにお口の奉仕をしあぐねていた美人女医は、ナースよりもこじんまりしたオッパイもコンプレックスだったようで、Cカップを両側から押し付けると無理矢理作った谷間で巨根を挟んできた。
「あ、ああん、ほら、気持ち、いいでしょ、今日だけの、あん、出血大サービスよ」
鈴口が開いた先端にツバを垂らして無理矢理パイズリを始めた美人女医だったが、谷間が狭すぎて巨根の半分も隠れてなかった。しかしそのへんの感覚はデカパイ所有者にしかわからないようで、強がりを言ってパイズリを続けた。

「あん、先生、代わりましょうか、はあ、それじゃ、ああん、新条君、はあっ、気持ちよくなれないですよ…」
オッパイ弄りに悶えながら、乏しい乳房に挟まれる可哀想なデカチンを横目で見る玄重は、自分なら武田よりもうまく出来るといいたげだった。
「なっ、ナースがドクターに意見する気っ、玄重ちゃん、いつからそんな偉くなったのっ」
気にしていることをズバリ指摘された武田は血相変えて言い返した。パイズリを中断すると巨乳ナースに例のステンレス製舌圧子を突き付け、飛び出した乳首をグリグリとねじ込んだ。

「や、あ、あん…、先生、はあ、ああん、やめて、はあっ、くださいぃ…」
不機嫌ナースは突っ張っていても愛想のいい片割れ同様Mっ気が強いようだ。乳首を巨乳に陥没させるスティック責めを甘んじて受ける玄重は、切れ長の目に妖しい輝きを湛えて上ずった吐息を漏らし、女臭さが漂う成熟ボディを艶かしくくねらせていた。
「オッパイが大きいのが、そんなに偉いのっ、紗耶香も玄重もオッパイ切り取るわよっ」
お仕置きのつもりの舌圧子に悶える玄重にますます機嫌を悪くするどS女医は、スプラッタな外科処置を放言して脅した。

「先生、まだ途中だよ」
女医と看護師のよくわからないやりとりに興味のないエロヘタレは、おしりの方から手を入れてツルツルの性器をまさぐりだした。
「え、あ、や、そこ、あ、んっ、弱いの…」
濡れた亀裂に指を挿れられてクチュクチュかき回されたスレンダーな女体が切なげにくねる。

「…、こっちもかわいがってやる」
(どSなくせに、感じやすいんだよ…、うへへ、こっちも感じるのか?…)
ガーターストッキングだけ着用したナイズバディが卑猥に踊る様子にご満悦な幸太は、アナル調教をたくらんできれいな曲線を見せるお尻のワレメに指を突き刺した。

「え、や、そこ、ああっ、だめ、あ、ああっ、初めて、んっ、ああっ、なのに」
性器弄りと同時にアナルをグリグリと陵辱された美人女医は、どSな片鱗を全く感じない情けない表情で悶えた。尻穴に侵入した指を括約筋で締め付けてお尻のきれいなラインをプルプル震わせるだけの女体は、こもった吐息ともに初めての排泄器官愛撫体験を吐露した。

水泳部マネージャー (115)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:42:16 ━ Page top ━…‥・

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (113)サカリのついたメス猫



































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (113)サカリのついたメス猫

「可愛くなっちゃったわね、口程もないわ」
細胞片穿刺というどSプレイ?をして満足そうな武田女医は、股間を押さえてみっともなく怯える全裸の幸太に冷たい視線と声を浴びせかけた。

「う…、うううう…」
(なんだよ、コイツ…、こええよお…)
マネージャーになってから桃源郷のウハウハな楽しい想いしかしてなかったエロヘタレは、精神的肉体的虐待を受けて完全に萎縮していた。
「先生、もう少し、優しくしたほうが…」
不機嫌なミニスカナースこと玄重は、さすがに幸太がかわいそうになったのか、あるいはデカチン復活を切望したのか、キャラじゃない白衣の天使的な優しい一面を見せた。

「…、いいわよ、玄重ちゃんのしたいようにして…」
幸太から涙を溜めた目で睨まれて、玄重にも悪者扱いされる罪悪感があったのか、小さく溜息をついた武田女医は脚線美を誇示するように足を組んで座ると、玄重に丸投げした。

「はい、消毒しますね、ちょっと我慢してください」
しょんぼりして極小化したとはいえ、さっきから手を出したくても出せなかったオチンチンを任された玄重は嬉しそうにナマ足太ももをムッチリさせて幸太の前にしゃがむと、皮の中に隠れたカリを剥いて消毒アルコールの脱脂綿を当てた。
「ひいいっ…、う、うう…」
(ぎええっ…、しっ、沁みるうぅ…)
仮性包茎に剥かれたカリの穿刺痕に消毒液はてきめんに効いた。診察台に内股で座った幸太は半ベソ顔を伏せて握った拳をブルブル震わせていた。

「沁みた?、ごめんね…、ちゅっ、ちゅるうっ、ずびじゅるっ」
消毒液に泣くヘタレエロガキにちょっと嬉しそうな玄重だったが、皮を剥いたカリにムチッと唇を押し付けるとペロペロ舐めてフェラチオを開始した。
「くうう…、う、へ?…、く、うう…、おほほっ…」
(うっ、なんだ?…、は、うっ、うまい…、信実ちゃんより、うまいぞ…)
何をされるのかと怯えて身構えた幸太だったが、チンコがとろけそうな絶品フェラに痛みが吹っ飛んだ。あっさり機嫌を直したエロガキは大股開きしてミニスカナースの女体を挟むと、ナースコートの襟からはみ出そうな乳肌に手を伸ばしてニヤけた。

「…、玄重ちゃん、どこまで大きくなるか、確認してね」
極小化状態から短兵急に巨大化するイチモツに目を見張るどS女医は、ガーターストッキングの湿った太ももを艶かしくすり合わせながら、不機嫌ナースの準備作業を急かした。
「んちゅっるっ、ふわあひ、ちゅうるるっ、じゅぶるっ…」
ナースコートに入り込んだ手でナマ乳を弄ばれる玄重は、巨大化してもなおも膨張が止まらないデカチンが気に入って一心不乱に吸い続けた。

「お…、おお…、うへへえ…」
(ふほっ、はひいい…、ええ、ええがな…、お前も、欲しくなったか…)
不機嫌ナースの超絶フェラに幸太は穿刺針どSプレイの恐怖を完全に忘れ、爛れた肉欲に溺れていた。知らん顔で横を向くどS女医が指でつまみあげた白衣のスソをチラチラさせて肉感的な脚線美を見せつけ、メガネの奥から物欲しそうな視線をチラチラ送っているのが噴飯物だった。

「玄重ちゃん、もういいわよ、私が診察する」
想像以上の膨張率に圧倒された武田女医は女体の芯から湧き上がる愛欲を我慢しきれなくなったのか、澄ました顔で幸太の股間にしがみついてお口の奉仕を続ける玄重を横に追いやった。
「ええっ、いやあんっ」
膨張するチンコから無理矢理引き剥がされた玄重は、ピッチリしたミニスカナースコートに引き絞られた成熟した女体を揺らし、どS女医の気まぐれに不満そうな視線を送っていた。

(う…、来た…)
どS女医がサカリのついたメス猫になったをスケベ本能で感じ取った幸太だったが、穿刺針カリ刺しがトラウマになって反射的に身構えていた。

「…、さっきのはね、あなたのソレが病気持ってないか、検査するためよ」
お口のご奉仕を中断させて割り込んできた武田女医は巨大化したイチモツをチラ見しながら、怯えた表情を浮かべた幸太に言い訳じみた説明を今更ながらしていた。
「OGの私は泌尿器科医として、水泳部の女の子たちを性病から守る義務が、あるからね…」
なおも尻込みする幸太に、玄重のツバでヌルヌルに濡れたカリに触れていいものか戸惑う武田は、性病予防のために普段から水泳部員の定期検診を無料でしていることを困惑顔で説明していた。

「…、はあ…」
(…、だったら、最初に言えよ…)
幸太は医者らしい説得力のある説明だと思った。水泳部員に一人でも性病持ちがいれば、誰とでもセックスできるマネージャーを媒介して全員に伝染してしまうだろうし、武田のような存在が不可欠だとは思った。しかしいきなりのアレはやっぱり意地悪だったと思うし、武田のどSな本性にまだ怯える幸太は、心の中で悪態をついていた。

「じゃあ、マネージャーとしての適性を確かめてあげる、そこに、寝て…」
なおもフェラを続けようとして食い下がる玄重を横に追いやった武田は、恥じらいの表情で白衣の前をはだけると恥毛の薄い股間を晒した。どS女医は最初からノーパンで、いやらしい期待を女体の奥に秘めたムッツリスケベだった。
「ん…、いいけど…、だったら先生もペロペロしてよ」
(なんだ、急に可愛くなった?…、よし、じゃあ、反省の機会を与えてやる…)
スレンダーな透き通るような女体の一部分だけが薄い恥毛で陰る絶景にニヤけてしまう幸太だったが、意地悪などSプレイの仕返しをたくらんでシックスナインでのフェラを要求した。

「…、いいわ…、でも、今日だけ特別よ、いつもするなんて思わないでね」
人間離れしたデカチンを前にしてサカリのついたメス猫に成り下がった元どS女医は、白衣を脱いでブラとガーターストッキングだけの官能的な裸体を晒すと、口先だけの強がりをして濡れた大陰唇が剥き出しの股間を幸太の顔の上に跨がらせた。

水泳部マネージャー (114)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:29:35 ━ Page top ━…‥・

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (112)正真正銘のサディスト女医



































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (112)正真正銘のサディスト女医

「サカリのついたメス猫じゃあるまいし」
診察室にはいっても、泌尿器科女医武田は双子のミニスカナースに冷たい視線とともにお小言を浴びせていた。

「すいません、武田先輩、私が付いていながら…」
シュンとなってしょげるミニスカナースをかばった巨乳体育教師が、大げさすぎるくらい頭を深々と下げて恐縮していた。
(…、やっぱ、すげえな…)
胸元が大きく空いたUネックTシャツはデカすぎる巨乳を支えきれず、半分ぐらいが決壊寸前にはみ出ていた。乳輪が見えそうなシットリスベスベ乳肌を横目に眺めてご満悦の幸太だった。

「そうね、あなたって高校の時からだけど、オッパイしか取り柄がないものね」
胸の厚みが不自由そうなメガネ女子武田はどSだった。サル手に合わせた二の腕で圧迫されたJカップ巨乳を冷たい目で睨みつけると、アルコールに浸してあったステンレス製舌圧子を乳首が飛び出た先端に食い込ませた。
「あんっ…、先輩、はあ、許して、あっ、ください」
戦前婦人的男尊女卑が沁みついたMっ気の強い紗耶香は、どS女医の意地悪なオッパイ弄りを甘んじて受けていた。意地悪な仕打ちにトランジスタグラマな女体が悶えて、二の腕をすぼめて更に巨乳を圧迫して前方に突出させる紗耶香の子供っぽさの残る顔には、被虐快感に萌える淫らな表情が滲んでいた。

「あ、あの、先生…、定期検診は?…」
Jカップ巨乳を弄ばれる紗耶香を横目に見て自分もして欲しそうな愛想のいい方のミニスカナース信実が、おずおずと紗耶香と澪の定期検診予定を申し出た。

「ん?…、そうね、こんなことしてる場合じゃなかったわね」
巨乳嬲りにマゾっ気丸出しで悶える紗耶香を、メガネの奥のイッちゃった目で眺めていたどS女医は、診察時間外のスケジュールを言われて正気に戻ると
「じゃあ、信実ちゃん、連れてって」
採血する隣の部屋に二人を連れて行くように指示した。

「…、ふーん、あなたが新マネージャーの新条君?」
診察室にはどS女医と愛想の悪い方の双子ミニスカナースと幸太が残った。メガネの奥からクールな視線を送ってくる武田女医は、幸太の不細工寄りの顔と貧弱な体躯をしばし観察していた。
「はい、そうです、昨日からですけど」
(エロいなあ…、こういうのも、新鮮かも…)
白衣に包まれたスレンダーな女体にいかがわしい妄想をするエロガキは、ツンデレ美優紀以外はマゾっぽい受け身女子が続いていたので、どS気質丸出しの冷たい女医に変態嗜好をゾクゾクさせていた。

「とりあえず脱いで」
スケベな目で頭のてっぺんから爪先まで視姦されていることなど一向に気にしないどS女医は、幸太に服を脱ぐよう指示した。
「は?、全部、ですか?…」
(いきなりかよ…、この人こそ、サカリのついたメス猫じゃねえの…)
白衣のスソからチラチラする脚線美にニヤけたエロガキは、一応聞き返したがそそくさと服を脱いで全裸になった。

「…、たしかに大きいわね」
貧弱な肉体とは不釣り合いに巨大なイチモツを見た武田は、白衣からガーターストッキングの太ももをはだけて膝をつくと触れそうなほど顔を近づけてしげしげと観察していた。
「あ、いまはこうですけど、もっと大きくなりますよ」
(どSでも、コイツを味わったら、メロメロだ…)
昨日から何人もの女子をイカせてきた巨根を美人女医の顔の前に突き出した幸太は、秀香蘭最下層のダメ男からモテモテ絶倫男にしてくれた自慢息子を見下ろして自惚れたスケベ笑いを浮かべていた。

「玄重ちゃん、スポットニードル」
バカ笑いで見下ろすエロガキを無視したどS女医は、巨根を見つめてウットリしていた双子ミニスカナースの片割れ玄重に声をかけ、差し出された銀色の穿刺針を表情一つ変えずにカウパーに濡れたカリに突き刺した。

「ひっ…、ひいいっ…、いっ、痛っ、痛ってえっ…、なっ、なにすんだよおっ」
(ぎええっ…、うぐわあっ…、いっ、痛えええっ…、ちっ、チンチンがあっ、さっ、刺されたああっ…)
敏感な粘膜に細胞片採取用の針を刺された幸太は、脊髄から脳天に突き抜ける鋭い痛みにみっともなくのけぞった。予想外の残酷な仕打ちにビンビンに反り上がっていた巨根はみるみるしぼんでいった。
「玄重ちゃん、これ検査に出しておいて…、男でしょ、これくらい我慢しなさい」
メガネの奥からクールな視線を向けるどS女医は生検細胞片を採取した穿刺針を玄重に渡すと、半ベソをかいて悶絶する幸太を感情のない美人顔を全く崩さないまま抑揚のない冷静な声で叱りつけた。

「う…、うう…」
(や、やばい…、こ、コイツ、本物の、サディスト、だ…)
クールな態度に女性らしい優しさを微塵も感じさせない武田の本性を知った幸太は、半ベソ顔で失禁して漏らしそうなほど震え上がった。さっきまで人間離れしたサイズに膨れ上がっていた自慢の息子も完全にしょげかえって極小化し、余った皮の中に隠れてしまった。

水泳部マネージャー (113)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:29:50 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old