FC2ブログ

== 婦警夏美 ==

婦警夏美(25)オジサンふたり

ろま中男3 作品リスト
婦警夏美 目次

婦警夏美(25)オジサンふたり

「ふあっ、ふっ、うふっ、ああっ」
やあっ、おちんちん、くさいよおっ…、ビクビク、してるじゃんっ…、モジャモジャが、鼻に…、クシャミ、出ちゃう…、でも、夏美、おかしいの…、いやなのに…、ヘンな、気分…。

ついさっきナカ出しされた課長に押さえつけられて、バカ殿署長の息子を咥えさせられた新米婦警は、嫌悪感と同時に女体の芯から湧き上がるメスの悦びに戸惑っていた。

ムリヤリ広げられた太ももの中心の縦スジからは、夏美の膣ナカを焦がしたザーメンが溢れて、お尻のワレメを伝って菊門に絡んでいた。

「いっ、いいよっ、夏美君っ、やっぱり、ボクの秘書にならないかっ…、ひっ、秘書として、ひひひっ、秘所を毎日かわいがってあげるよ」
新米婦警のお口の奉仕にご満悦なバカ殿署長は、くだらないダジャレをほざいて得意満面だった。

「ふひゃらっ、ひゃ、ひゃらあっ」
夏美、このオジサンの専属?…、そんなの、絶対にやだあっ…、ヘンな味がする…、もう、出たの?…、署長、早すぎるよ…、夏美、まだ、満足してないのに…、え…、ちがう…、そうじゃなくて…。

署長の専属などまっぴらゴメンだったが、汗のにじんだ女体は力が入らない。第1チンポ液が先端からにじんできて嫌悪を感じた夏美だったが、媚薬のようにメスの興奮を昂ぶらせる。

「うひいっ、じゃ、じゃあっ、おまちかねのっ、こっちに入れてあげるよ…、」
夏美の舌技を堪能した署長は、力の抜けた二の腕をつかむと夏美のカラダを抱え上げた。

「お手伝いします」
後ろから夏美を押さえていた課長も夏美を持ちあげると、大きめの形のいい乳房を揉んでいた。

「そんなこと言って、交通課長、すけべだね…、うひひっ」
二人に斜めに持ちあげられた夏美は、署長のご子息にザーメンまみれのスジを突き出していた。

しっとりムチムチの太ももからお尻を抱えてしっとりした肉に指を食い込ませた署長は、スジの入り口を狙って粗チンを突き出してくる。

「あっ、だっ、だめえっ、いやあっ、やめてえっ」
「いいからっ、おっ、いっ、いいねえっ、締まるよ」

スジに食い込んだソレにまたナマ本番をされると気付いた夏美は、ハスキーな艶っぽい声で抗ったが、署長の息子を咥え込んだ下の口はうれしそうにネットリしたヨダレを垂らしていた。

「おっ、おおっ、おおっ、いっ、いいよっ、なっ、夏美、くんっ」
平均に足りない息子はあっさり肉の合わせ目に入り込み、根本まで突き刺さる。

めいっぱい背伸びするご子息がメスの官能でもだえる女体に締め付けられる。ネットリ濡れたヒダヒダでこすられる気持ち良さで、バカ殿はご機嫌で腰を振る。

「ひっ、やっ、ああっ、あ、ああっ」
や、なのに…、ああっ、でも、気持ち、いいっ…、うそ…、夏美、変態じゃんっ、いやあっ…、夏美、オジサンに、調教されちゃったの?…

オヤジ二人に弄ばれてメスの悦びにもだえる夏美は、官能に目覚めた女体に戸惑っていたが、カワイイ顔にオスを誘う淫らな雰囲気を漂わせていた。

「こ、交通っ、課長っ、キミも、ど、どうだいっ」
夏美の女体にご満悦の署長は、課長に尻アナに誘っていた。

「そうですかっ、じゃあ、失礼して」
さっき果てたばかりなのに年甲斐もなく復活していた課長は、署長の許可が出るやいなや先端をザーメンに絡んだ菊門に押しつける。

「えっ、やっ、だめえっ、そこは、いやあっ」
え、お尻?…、やだっ、変態…、そんなとこ、入れないでえ、…。

よがる女体を署長に抱えられてお尻を課長にさらした夏美は、菊門を拡張しようとする邪悪な肉棒に怖じけたが、メスの本能は括約筋を弛めてソレを迎え入れようとする。

「くっ、先っちょが…、し、しまるっ、い、いいよっ、夏美君っ」
カリまで挿入して穴の周りのシワを広げて菊文様を拡張した課長は、直腸を侵す倒錯した興奮でうわずった声を漏らし、両手でつかんだ腰肉を引き絞る。

「やっ、いっ、痛いっ、だっ、だめえっ、やっ、やめてえっ」
やっ、入ってきたあっ、お尻、ホントの、変態だよおっ…、ああっ、でも、ヘン…、夏美、嬉しいの?…、カマ掘られ、てるのに…、カラダが、熱い…。

はじめて後ろのアナを犯された新米婦警は苦悶して女体をよじりながら、劣情を誘うような妖しい表情を浮かべていた。

女体の悦びに目覚めた夏美は、後ろからの陵辱にも反応して膣ナカを締め付けて署長のご子息を悦ばせる。

「おっ、おおっ、いっ、いいっ、いいよっ、夏美君っ」
切なげにもだえる幼さの残ったカワイイ顔にうわずった雄叫びをあげる署長は、ダラダラと愛液を垂らすスジに粗チンを出し入れして快感を貪る。

「きっ、きつっ、いっ、いいよっ、夏美君っ、いいよっ」
倒錯した興奮で昂ぶった中年は直腸を貫いて大腸まで犯し、菊門に締め付けられるサオの気持ちよさにバカ面で悦びながら、内壁越しに署長のご子息とご挨拶していた。

婦警夏美(26) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:17:11 ━ Page top ━…‥・

== 婦警夏美 ==

婦警夏美(24)署長登場

ろま中男3 作品リスト
婦警夏美 目次

婦警夏美(24)署長登場

「交通課課長…、こまるねえ…、ホントに、困るよ、キミイ…」
エロ中年課長と新米婦警が絡み合って湿った吐息でカラダを揺らしていた会議室に、バカ殿署長が苦虫を噛み潰したような顔で入ってきた。

「署長…、はっ、田山警部、志乃原巡査の、新人研修をしておりましたっ」
最後の一滴まで若い女体に注ぎ込んで満足そうなバカ笑いを浮かべていたすだれハゲは、署長の姿を認めて直立不動の姿勢を取って敬礼した。

欲望のありったけを吐き出して元気を無くし、ネットリした滴を垂らすソレがフルチン状態で揺れていた。

あ…、タンタン…、タヌキの…、キン…。
突き飛ばされた形になって汗に濡れた女体を床に女座りさせた夏美は、淫らな官能に支配された意識で課長の股間で揺れるそれをぼんやり見ていた。

「キミイ、とりあえず、ソレを仕舞い、給え」
不機嫌そうなバカ殿は、股間のソレを一瞥して。

え…、ひょっとして…、この変態課長を、署長が、…。
まだ快感を味わい足りない女体がウズウズするが、署長が婦女暴行現行犯で田山課長を逮捕してくれると、勘違いした夏美はバカ殿署長をウットリと見上げる。

「こういうことは、上役に、最初にどうぞっていうのが、常識だよね…」
まだ満足できない女体はメスのフェロモンを漂わせる。

そんな夏美にイヤらしい視線を向けた署長は、当たり前だといわんばかりにエロ課長に小言を漏らす。

へっ…、なんですと…、あんたもっ、かいっ、…。
予想通りと言えば予想通りの署長のセリフに、夏美はガックリして心の中でツッコミを入れていた。

「あっ、はっ、スイマセン、まず上司である私が毒味してから、署長には、と…」
署長の不機嫌に恐縮して敬礼姿勢を続けるエロ課長は苦しい言い訳を絞り出す。

毒味って、なんだよ…、夏美は、危険物かっ…、アンタは、危険物取扱者資格でも、持ってんのか…。
失礼なエロ課長のセリフに、またも夏美は心の中でツッコミを入れていた。

「そうなの…、まあ、キミの後っていうのが…、まあ、アレだけど、じゃあ…」
モゴモゴと小言を漏らす署長はカチャカチャと金属音を鳴らしてベルトを外すと、貧相な下半身をさらして夏美に覆い被さる。

「いいかい、署長の私が、直々に研修してあげるんだから、ありがたく、うけなさいよ」
元々細い目をよけいに細くしてイヤらしく笑う署長は、呆然とする夏美のオマタを広げさせると、それなりに大きくなった分身をあてがう。

「あ、あのっ、しょっ、しょちょうっ」
えっ、やっ、だっ、だめだよっ…、そんな、さっきしたばっかりなのに…、ブレンドされちゃう…。

すんなりコトが進んでうっかり傍観してしまった夏美だが、ココは抵抗する所だと気がついて、のしかかってくる中年のカラダを押しのけようとする。

「ふふっ、そういうのも、いいけどね…、交通課長」
「はっ、夏美君、署長直々の研修だぞ、キミのためなんだ、おとなしくしなさいっ」
暴れる夏美にニンマリ笑った署長は、すだれハゲに声をかける。

署長には全く頭が上がらないエロ課長は、後ろから夏美を押さえてなんだかよくわからないお為ごかしを抜かす。

「あっ、やっ、ああっ、もうっ、だめえ…、あっ、やんっ」
ああっ、夏美、またやられちゃうんだ…、あひんっ、出てきたあっ…。

ふたりの中年から抑え込まれた夏美は、汗まみれの太ももを暴れさせる。その拍子にエロ課長の欲望の残滓が溢れて、秘肉のスキマからドロリと垂れた。

「じゃあ、まず、ごあいさつからだね」
「ほらっ、署長のオボッチャマに、口を開けなさい」
はしたなく広げた足の根本から、ネットリした粘液が溢れるのを見て中年っぽい興奮を煽られた署長は、平均サイズのソレを夏美のプックリ唇に押しつける。

「ふっ、やっ、あふっ、ふぶうっ、ふわあっ」
あやっ…、く…、くさっ…、ちゃんと、お風呂、はいってるの?…。やっ、ああっ、入れられたあっ…、えっ、やっ、なんで、興奮してる?…、夏美、へんたいだよおっ…。

後ろから羽交い締めにする課長の脅迫まがいなデカイ声にソレを口に含んだ夏美は、特有のイカ臭い臭気と口に広がるニガしょっぱい味に怖じけた。

しかしメスの本能に支配された火照った女体が快感を求め、濡れ濡れの秘肉の合わせ目から課長のとは違うヌメリ気が溢れてくるのを感じ、戸惑っていた。

婦警夏美(25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:16:26 ━ Page top ━…‥・

== 婦警夏美 ==

婦警夏美(23)すだれハゲ課長

ろま中男3 作品リスト
婦警夏美 目次

婦警夏美(23)すだれハゲ課長

「あふっ、ひっ…、しん、じゃう…、あひっ、入れて、ああっ、くだ、さい…」
ああっ、もう、だめえ…、どうにか、ああっ、してえ…、いれて、って、いれる、のよね、…。

エロ中年の熟練の手管でメロメロになった夏美は、キツイ乳房への刺激に耐えきれずに白旗を揚げていた。

握りしめた指の間から溢れそうな乳房は、汗に濡れた淫靡な照りを見せて、無残にゆがみ、奇妙に乳首が飛び出ていた。

「なちゅみチャン…、イイ子でちゅね…、じゃあ、お望み通り、入れてあげまちゅね…」
まだ少女の面差しを残した新米巡査の切なげなおねだりに、極楽気分の一九分けすだれハゲはネチョネチョのスジに食い込ませたお子さんの先端を、グリグリとなすりつける。

「あっ、ああっ…、だ、ああっ、おねがい、ゆるしてえ…、おかしくなるうっ…」
あ、そこ、あたるっ、あっ、はあっ、そこ、いいっ、やっ、ああっ、わたし、へんっ、へんだよおっ、…。

女体の正中線がとおるそこに刻まれた濡れ濡れのミゾを、いきり立ったエロ課長の分身でなぞられた夏美は、全身がしびれるような快感に耐えきれずに、のけぞって先端が固く突き出た乳房をタプタプ揺らす。

「じゃあ、いきまちゅよ、おっ、うほおっ…、月に代わってっ、頂きよおっ」
汗に濡れてヌルヌルの腰肉をつかんだエロ課長は、ネチョネチョの裂け目の引っかかりにバカ笑いを浮かべると、思いっきり腰を押しつけ、意味不明の雄叫びを上げる。

「ひっ、あっ、ああっ、やっ、ああっ、いっ、はあっ、やあっ…」
ああっ、夏美、やられ、ちゃったあっ…、ああっ、いっ、いっぱいでせうっ…、でも、月に代わって、って、…。

腰で女体を固定された夏美は、あそこにムリヤリねじ込まれた肉棒に、汗の滴った前屈み気味の上体をのけぞらせて、切なげな吐息を間欠に漏らす。

「うひっ、たまらんっ…、わっ、若い、はあっ、娘はっ…、ご、ごくらくじゃあっ」
新米巡査の女体を蹂躙するスケベ中年は、一九分けのすだれハゲから垂れ流した汗で濡れた顔をニンマリさせて、女体のネットリした温かさを堪能していた。

「かっ、はんっ、かっちょ、うっ…、あひっ、えっ、ち…、ですっ、もう…、あっ、あんっ…」
はあっ、やあっ…、夏美、ああっ…、犯され、ひあっ、てる…、はあっ、婦女…、いっ、暴行、現行、あんっ、犯…、いっ、逮捕、あひっ、しなきゃ、…。

今日配属されたばかりの新米巡査は、気が遠くなりそうな快感の渦に翻弄されながら、なぜか警官としての職務に目覚めていた。

「はっ、夏美君…、いいだろ、おほっ、私の、おおっ、息子はっ」
若い肉体にのめり込んだスケベ中年は、すだれハゲから湯気を立てて全身から汗を吹き出しながら、盛んに腰を振る。

パンパンと肉がぶつかり合う音に混じって、ジュブチュプと淫靡な音を聞こえてくる。

出入りするエロ課長の分身にかき出された粘液が、無残に広げられた肉の合わせ目から溢れて、プルプル震える太ももに垂れていた。

「かっ、ちょう…、たいほ…、ああ、逮捕っ、あひっ、しちゃうぞっ」
た、逮捕、あっ、あんっ、いいっ、しなきゃ…、あっ、でも、あっ、へん、になるっ、ああっ、もっと、…。

ズンズンとバックから突かれてショートヘアを乱してもだえる夏美は、婦女暴行現行犯の逮捕を宣言したが、快感にもだえる女体は妖しくもだえて淫らな仕打ちをおねだりしていた。

「おおっ、おっ…、もう、ボクチンっ、おっ、逮捕、うほっ、されて、ううっ、るしっ、おほっ、いっ、でっ、でるっ…」
スケベ中年らしいくだらないダジャレでかわした田山は、でっぷりした腹の下のモノを盛んに肉の合わせ目に出し入れしながら、バカ笑いしていた。

蟻の戸渡のゾクゾクする感じに発射を予感したエロ課長は、さらに腰の勢いを上げて汗を滴らせてもだえる女体にしがみつく。

「あっ、だ、だめっ、あっ、やっ、そとっ、あっ、そとにっ、だしてっ」
やっ、やだっ、課長のっ、赤ちゃん…、やだっ、ぜっったい、やだっ…、あっ、でも、ああっ、して、もっと、してえっ、…。

ナカ出しの予感に夏美はすだれハゲな赤ちゃんを思い浮かべて恐怖したが、若くて新鮮なカラダは汗を滴らせながら、もっと上の快感を求めていた。

「おっ、でっ、志乃原っ…、うおっ、巡査っ…、くっ、うっ…、ありがたく、頂戴しろっ、くっ、ううっ…」
直属の上司は尿道を駆け上がる粘液の奔流にしびれるような快感に襲われて震える。

汗にまみれてよがりもだえる女体に力一杯しがみついたエロ中年は、あふれ出る粘液を若い女体のナカにまき散らして、満足そうなバカ笑い顔でウットリしていた。

婦警夏美(24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:15:38 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old