FC2ブログ

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (43)もう一度、優子

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (43)もう一度、優子

「あ、朝か…」
カーテンを閉めてない窓から差し込むまぶしい朝日に目が覚めた。昨日帰ってすぐ寝てしまったオレは朝まで寝てたっぷりと睡眠を取っていた。

…、とりあえず、行くか…。
充分すぎる睡眠でスタミナは回復していたが、一人で部屋にいても落ち込むばかりなので、とりあえず大学に行くことにした。1限目がはじまる前の構内は教室に向かう学生で割と人が多かったが、知り合いには会わなかった。

「あ、おはよう…」
いつの間にか研究室に足が向いていた。ひとりで自習していた優子が顔を上げてはにかんだように笑う。
「あ、ああ…」
その笑顔に癒される気がしたオレは当たり前のように隣に座った。勉強を続ける優等生のミニスカから伸びるニーハイの太ももを無意識に見ていた。

「あ…、あの…、あ、そうだっ、ご飯食べた?」
オレの視線を意識したのかミニスカの柔らかい生地を太ももの間に押し込んだ優子は、照れたように笑った。
「え…、あ、食べてないか…」
なんだか人恋しくて上の空で応えたオレは、ミニスカを押さえた優子の手を知らずにつかんでいた。肩がビクッと震えた気がしたが特に嫌がる様子はなかった。

「あ…、じゃっ、じゃあっ、一緒に食べよ、私も、食べてないの」
ふいに手を握られて恥ずかしそうにうつむいた優子はなにか決意したように顔を上げると、オレの手が置かれたニーハイの絶対領域がまぶしい太ももをすりあわせながら、落ち着かない口調で朝食に誘う。
「そうだな…、学食、開いてるかな?」
言われてみれば昨日からろくに食べてない。なんだかモウレツな空腹に襲われた。

「あの、私の下宿、学校の近くなの…、ウチで食べない?」
オレに手を握られたままの優子は遠慮気味にささやくと、横目でチラ見してオレの返事を待っていた。
「いいのか、じゃあ、悪いけど、ごちそうになるよ」
優子の部屋に誘われたオレは朝食とその後のお楽しみを妄想して、さっきまでの落ち込んだ気分を吹き飛ばしていた。

「悪いなんて…、いいのっ、来たいときに、いつでも来てね」
オレの返事に嬉しそうに微笑んだ優子は、握られた手を優しくよけるとノートやテキストをカバンにしまっていた。

研究室を出たオレは恋人気取りで優子の腰に手を回した。斜めに見上げた優子は甘えて肩に頭を寄せてくる。優子の下宿は大学から至近だった。5分も歩かないうちについたそこは、下宿と呼ぶのが申し訳ない高級マンションだった。

オレの子を産んでくれ (44) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:38:36 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (42)落胆

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (42)落胆

「オレの子…、産んでくれ」
生ナカ出しでたっぷりと種付けしたオレは、官能的な吐息で上下する柔らかい胸を柔らかく押しつけて来るみなみに抱きついて、軽く締め付けを続ける膣のナカでしぼんでいく息子を感じながら、本音を漏らした。

「え…、なに?…」
まだ中国4000年の媚薬が充分効いているみなみは、汗で濡れた柔らかい女体を絡ませてトロンとした目で聞き返す。
「あ、ああっ…、オレの子、産んでくれよな」
単に聞き取れなかったのだと思って、繰り返して応える。

「子?…、赤ちゃん?…」
やっとオレの言葉を理解したみなみは、覆い被さるオレは突き飛ばすように起き上がると、
「そんなの、あり得ないよ」
突き出た乳首をプルプル揺らしながら冷たく言い放った。
「え…、だって…」
彼女の意外な反応になんだか急に気分が落ちて体を離すと、ダランとした息子があそこからヌルッと抜けて、M字に足を開いたあそこのかすかなスキマからネットリしたミルクが垂れた。

「でも、アナタとのセックスの相性、いいみたいだから、また来てね、スゴイ、よかった」
美少女講師の想定外の応えにまともに応えられずにいると、あふれてきたザーメンを処理しながら、作り笑いのようなぎこちない笑顔になったみなみが、抱きついてきて乳首が硬いままの胸を押しつけてくる。

「だって…、結婚したくないけど、子供は欲しいって…」
みなみに目を付けた理由を口にしたオレは、言いながらタダのウワサを鵜呑みしたうかつさを後悔していた。
「ああ、それね…、なんかそういうウワサがあるみたいだけど、私、結婚したいの…、結婚相手に年下は考えられないから、あなたとは結婚しないし、子供も作らないわ」
まだ物足りないのか火照った女体を絡ませてくるみなみは、情に流される雰囲気など微塵も見せずにはっきり言い切った。

「あ、ああ…、そう、じゃあ、またくるわ…」
デタラメを信じて浮かれた自分が情けなくて、そそくさと服を着たオレが立ち上がると
「そう…、ホントにまた来てね」
去る者は追わず、という主義なのか、引き留める気のまったくない声に送られて、オレは彼女の部屋を出た。

なんだか急に虚しくなってそれからどうやってアパートまで帰ったのか憶えてない。やっぱり敦子は帰ってきてなかった。ベッドに倒れ込んだオレはそのまま寝てしまった。

オレの子を産んでくれ (43) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:36:36 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (41)フィニッシュ

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (41)フィニッシュ

「ああっ、い、いいっ、あっ、くっ、うっ、あっ、ああっ」
スケベイスに座ったオレの股間にムッチリした太ももを広げてまたがった美人講師は、媚薬のおかげで異常に発情してもだえ狂う女体を上下に踊らせる。

「ひっ、あっ、いいっ、いいのっ」
充血した肉の合わせ目に自ら咥え込んだ肉棒にイヤラシしい汁を塗りつけ、ズコッ、ブジュッ、チュジュッとイヤらしい音を立てて出し入れしていた。

「おおっ、いっ、いいぞっ…、くっ、うっ、ううっ」
汗の滴る柔らかいお尻に手を当てて淫らに上下する女体をサポートするオレは、息子に絡みつくネットリした粘膜がキュッキュッと締め付けてくる気持ち良さに、バカ面をさらして情けない声を漏らしていた。

「あっ、だっ、あっ、いっ…、いくっ…、いっちゃ…、ううっ…」
吹き出した汗でぬかるんだイヤらしい女体を上下に揺らしていたみなみは、限界まで高まった欲情に断末魔の叫びを上げてのけぞる。ビシャアッと潮を吹いてオレの股間までビショビショにすると、グッタリと脱力して火照った女体を預けてきた。

「おっ、おおっ…、ま、まだだ…、今度は、オレが楽しむ番だぞ…」
グッタリした柔らかい肉に全身を包まれるような温かい幸せな気分を堪能したオレだったが、エクスタシーの余韻でかすかに震えるみなみを冷たいタイルの床に寝かせると、ビショビショネットリ濡れまくりのオマタを開かせて、ビンビンにふくれあがった息子をあてがう。

「あっ、だっ、まっ、あっ、いっ、だっ、だめっ、あっ、いっ、いいっ」
絶頂の余韻でとろけそうな浮遊感を楽しんでいた淫乱美少女は、トロトロに出来上がったアソコにいきり立った肉棒を激しく挿入されて、また絶頂へ強制的に突き上げられる官能に苦悶する。休む間もなくまた官能の嵐にたたき込まれたみなみは、ギュッと目を閉じた顔を左右に振って盛りヘアの触覚を暴れさせていた。

「いっ、いくぞっ、ナカにっ、おっ、でっ、出るっ」
異常な快感に悶絶する柔らかい女体にのしかかったオレは、下半身から湧き上がるケモノのような本能のまま腰を振りまくった。ジュブジュブとイヤらしい音を奏でる汁気まみれの女性器が、キュッキュッと締め付けてくる刺激に、早くも発射の予感を感じたオレは種付けをたくらんで、息子を深々と突き刺す。

「あっ、あっ、いいっ、出してっ、みなみに、ナカに、全部、出してっ」
ビクビクと震える肉棒に子宮を貫かれた淫乱講師は、背骨が折れるのほどのけぞって盛りヘアをメチャクチャに振り乱す。ドクドクと脈動する肉棒を下の口でしっかりと咥え込んだ女体は、ありったけのザーメンを搾り取ろうと、ぬかるんだヒダヒダで締め付けてくる。

「うっ、くっ、ううっ、うっ、ううっ…」
尿道を駆け上がる熱い奔流にのけぞったオレは、反り上がった女体の中心部に股間を押しつけて、粘っこい熱い濁流を女体の奥に注ぎ込む。

「あっ、ああっ、熱いっ、ああっ、いっぱい、みなみに、いっぱいよっ」
灼熱の粘液で子宮を焼かれた美講師は、火照った柔らかい女体を波打たせて快感まみれにもだえよがる。またも絶頂に達した女体ははしたなく潮を吹いていたが、種付けの気持ち良さでバカ面をさらすオレにはもうそんなことはどうでも良かった。

「ああっ…、はあっはあっ、はあっ、はあっ…」
子宮から溢れるほどたっぷりとザーメンを注ぎ込まれた淫乱美少女は、焦点の合わない半開きの目をオレに向けて、だらしなく開いた口のハシからおつゆを垂らしてかすかに笑っていた。

オレの子を産んでくれ (42) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:33:26 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old