FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (51)奴隷妻のセルフ調教

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (51)奴隷妻のセルフ調教

はあ…、どうしてこんなこと、ばっかり…。
JKトリオに男を廃業させられた痴漢男をあ然として見送った希は、ドアのすぐ隣の席に座って小さくため息をついた。

フェロモンムンムン人妻は、変質者を自分が引き寄せていることに全く気付いてない。

え…、
変態どもに辟易した希が疲れて目を閉じようとすると、目の前に座る男性が目に入った。
また?…。
先ほどの駅で乗り込んできたようだが、車両には希とこの男しかおらず、エロい魂胆を感じる。

見てる?…、変態?…。
男はスソの短いニットワンピのオマタをのぞき込んでいるようだ。ノーパンのアソコをのぞき込まれる恥ずかしさに希はヒザをキュッと閉じたが
自意識過剰…、だと、思うよね…。
階段でナマ尻をのぞき込まれたときのように、オマタを手で押さえて自意識過剰オンナだと思われたくないという変なプライドのせいで
見えちゃう、よお…。
ニットワンピと太ももが作る三角地帯をさらして、またセルフ羞恥調教におちいっていた。

やあん…、
寝たフリをした希が薄目を開けて見ると、前に座った男は前屈みに乗り出し、
やっぱり、見てる…。
ギラギラした目でミニスカの奥をのぞき込んでいた。

いやあ…、恥ずかしい…、
男の食い入るような視線にドキドキするどMな奴隷体質人妻は、
垂れちゃうよお…。
ムチムチ太ももをピッタリ閉じたオマタのスジから、ネットリした汁をにじませていた。

きっと、もっと、広げろって…、
恥ずかしい場所にチクチクと突き刺さる視線を感じて倒錯した欲情を昂ぶらせた希は、
おもってる…。
奴隷女特有の屈折した思考回路で、想像のリクエストに応えるべき義務感に責められ、閉じたニーハイの太ももをモジモジさせていた。

希の想像はほぼ正解だった。オンナ盛りの女体を視姦して股間を熱くする男は、妄想の中で希の脚を広げて濡れた花びらをのぞき込み、ハアハアと息を荒くしていた。

やっぱり、だめ…、
想像のリクエストに応えられない後ろめたさに耐えられなくなった奴隷妻は、
コレで許して…。
ニーハイ絶対領域の間に両手の指先を突き刺し、すべすべナマ太ももを親指と掌底で押さえた。

変形だっちゅうーのポーズで豊かな胸も変形させた人妻に、男はますます目をギラつかせて、ひざに胸が付きそうな程の前のめりになり、ローアングルからのぞき込んでいた。

やあん…、そんなに見ないでえ…。
自らした破廉恥ポーズでセルフ羞恥調教の強度を増した奴隷妻は、
ああん…、やん…、ああ…、垂れるう…。
太ももにはさまった小指を伸ばして、濡れたスジをクチュクチュしてもだえるAVまがいの姿まで無意識に見せ、ますますエロい空気を醸し出していた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (52)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:42:59 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (50)悪が栄えた試しなし?

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (50)悪が栄えた試しなし?

「入れて、やるよ…」
若妻の熟れた女体が発散する濃厚なフェロモンに狂ったヤクザ風痴漢男は、公共の場でいきり立った分身をさらけ出し、強姦しようとしていた。

「だめえ…、やめて…」
やあ…、犯されちゃう…。
ニットワンピをズリ上げてムキ出しにされたナマ尻に、血管の浮き出た肉棒を押し付けられた希は貞操の危機に怯えたが
やあ…、許してえ…。
オンナ盛りのメスの本能はオスの精子を求めて膣をキュッキュッと収縮させ、あふれた蜜で太もものくびれた根本をネチョネチョにしていた。

「ここか…、ぐへへっ…」
サオを握った手で陰門に照準を定めた男は下品な笑い声を漏らし、膨張しきったカリをビラビラがはみ出た入り口に食い込ませた。
「だめえ…」
もう…、だめえ…。
食い込んだ先っちょに観念した奴隷妻は手すりにしがみついて震えていたが、無意識にお尻を突き出して挿入されやすいポーズを取っていた。

「…、あ…」
ああ…、入って、くる…、あ…。
カリが花びらの中心に食い込んで、ネットリしたツユがあふれてくる。希は受精本能に支配されて観念しつつ、
ああ、だ、めえ…、
それでも最後の理性で陰門をキュッと締めて、ナマ挿入を阻止しようとしていた。

あっ…、やだっ、見られちゃうっ…。
まもなく電車が次の駅に到着し、ホームに人影を見た希は強烈な羞恥心に襲われて淫らな肉欲を追い払った。

「やっぱり、いやあっ…」
だ、だめっ、許しちゃ、だめえっ…。
ヤクザ風痴漢のだらしなく笑う顔に生理的嫌悪を覚えた希は、手すりをギュッと握って腰を振った。
「へっ」
お尻をまくり上げた女体に抱きつき、濡れた女陰にカリをすりつける興奮で周りが見えてなかった男は、
「うげっ」
ドアが開くのと同時に体を返した希のセクシーなお尻に外へはじき飛ばされた。

「いやああっ、きゃああっ、痴漢ですっ」
きゃああっ、こわいいいっ…。
希は慌ててニットワンピをズリ下げてナマ尻を隠すと、ホームに転んだフルチン男を指差して大声で叫ぶ。
「なにっ?…、やだあっ、キモイ」
「やだっ、死んじゃえっ」
「丸出しだぞ、コイツ、変態か、キモっ」
ちょうど電車に乗り込もうとした、いかにも頭の軽そうな女子高生三人組が勃起した男性器を見て興奮し、大騒ぎしてそれからタコ殴りに蹴りまくる。

「や、やめっ、やめろおっ」
紺ソックスローファーの容赦ないケリが絶え間なく男の体に繰り出され、勃起チンポも踏みつぶした。
「げえっ…」
全身の痛みに苦しみもだえる男は、勃起した男性自身が奇妙な形に折れ曲がっているのを見て、
「うぎゃああっ」
絶望感の混じった悲痛な叫び声を地下鉄のドーム型天井に響かせた。

「ああ…」
あわわ…、
危機から逃れた安心感で気の抜けた希は、手すりにすがってニットワンピが張り付いた官能的な女体を何とか立たせ、
い、痛そう…、
悲痛な断末魔の叫びをあげる痴漢男を怯えた表情で見ていた。

あ…、閉まった…。
目の前で繰り広げられた阿鼻叫喚の地獄絵図が閉じられたドアで隔絶され、普段の平和を取り戻した車両がゆっくりと発進した。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (51)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:33:22 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (49)ヤクザ風痴漢男

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (49)ヤクザ風痴漢男

「…、や、やだっ…」
お尻?!…、恥ずかしいっ、見えてるっ…。
床にスライディングした希は痛みに小さく呻いたが、ニットワンピがズレ上がってナマ尻が丸出しなってるのに気付くと、慌ててお尻を隠して立ち上がった。

…、おしり…、見られたよね?…。
ゆったり座ったまま素知らぬ顔をする男の視線がお尻に突き刺さるのを感じ、希は隣のドアまでギクシャクして歩くと手すりにつかまり立ちした。

ヤクザ風ヤンチャファッションの男は、背中を向ける希をしばしながめていたが、他の人影のない車両を見渡してニヤリと笑った。

男は立ち上がると希の後ろに立った。

えっ…、
背後から迫る不気味な圧迫感に怯えた希だったが、その場から逃げ出すことも出来ず、
きょ、きょわいよお…。
倒錯したどMな被虐色情の昂ぶりに火照った女体を妖しく揺らし、ニーハイの太ももをすりあわせて、濡れた花びらをクチュクチュさせていた。

「この…、ど変態が…」
うつむく希に覆い被さるようにしてサラサラヘアに顔を寄せた男は、ノーパンのお尻に指先を食い込ませると、尻アナに当たった指先をグリグリ押し付けた。
「ひっ」
ひゃあっ、い、いきなり…。
大胆な痴漢行為にフリーズした淫乱奴隷妻は準一専用アナをイジられ、
だ、だめえ、そこは準一さんの…。
心では抵抗したが、カラダは淫らに反応して濡れた花びらからイヤらしい蜜を垂らしていた。

「感じてやがる…、恥女め…」
男は双臀の圧力をかき分けて指先を進ませると、ヌルヌルの花びらに到達した。ニヤついた痴漢男はツバ混じりのスケベな声を漏らし、
「もっと、よくしてやる」
お尻のワレメをひわいにゆがめて手首をネジ込んで、花びらの中心に指をツッコンでクチュクチュとかきまぜた。

「や、やめて、ください…」
い…、いやああ…
ストーカー少年に中途半端に煽られた性欲をもてあましていた淫乱奴隷妻は、誰とも知れない男のイヤらしい手に欲情した。
ああ、だ、だめえ…。
手すりにギュッと抱きついてガマンするしか出来ない希は、ぞんざいに愛撫された花びらからダラダラと蜜を垂らしていた。

「うひひっ…、うれしいか…」
無抵抗の官能的な女体から発散される濃厚はフェロモンを思いっきり吸い込んだ男は
「オレも、よくしてくれよ…」
電車内という公共の場所であることを忘れて屹立した息子を取りだし、固くこわばったサオを握っていた。

「や、やあ…」
お、おちんちんっ…、たってる…、
手すりにしがみついてうつむく希はソレを目のハシに見て怯えたが、
犯されちゃう?…。
ヒクヒク震える花びらからますますいやらしい汁を垂らし、受け入れ体勢を万全にしていた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (50)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:29:39 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old