FC2ブログ

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (112)フカキョンの調書

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (112)フカキョンの調書

淫乱な興奮でもだえるアヤに体を預けたオレは甘美な刺激に荒い息を吐きながら、アヤが凶暴化するのはふたりきりの時だと気づいた。

「…よし、いくぞ」
いやらしく女体をくねらせるアヤにのしかかったオレは何度か突き上げてアヤをあえがせると、ほてった女体を持ち上げた。
「あんっ、いやあんっ…、はうっ、ああっ」
広げた足を腰に絡めたアヤは丸出しのあそこに深々と突き刺さった息子が、女体を貫いて口から出るかのようにのけぞって大きく口を開けて天井を仰いでいた。

もだえるアヤを抱えたままオレはアヤの部屋を出ると自分の部屋戻った。真紀とフカキョンはオレ主演のエロビデオをかじりつくように見入っていた。

「…あれ、なんでえ」
快感で焦点の合わない目をしたアヤは不満そうにオレを見た。
「明日の裁判資料、見ておかないとな」
アヤをベッドに放り出すと
「やんっ、やだあっ」
アヤがすがりついてきて、ふたりから隠すようにオレの股間を両手で押さえた。

「…フカキョン、調書みせてくれ」
息子にしがみつくアヤを無視してフカキョンに声をかけると
「なに?、エッチねえ…、わいせつ物陳列罪で逮捕しちゃうよ」
まだ元気な息子をイヤらしく見ながらすました口調で言った。
「ここで、…おイキなさい」
和洋折衷の衣装を捲り上げて、裸の下半身を見せつけてノーパンのあそこ指さした真紀は、腕を伸ばして例のポーズを取った。
「もう、いいから…」
まじめぶった顔で恥ずかしい場所を見せつける真紀に、オレは苦笑した。

アヤは素肌に大きめのワイシャツを着ると、オレにガウンを渡して
「…早く、隠して」
恥ずかしそうににらんだ。ワイシャツのエリから胸が揺れて乳頭がチラチラしていた。
「はい、調書」
オレがガウンを羽織っているとフカキョンが調書を手渡した。ギャルっぽい丸文字で書かれていると思ったがちゃんとした字で書かれていた。横でニコニコ見ているフカキョンを見直して読み始めた。

…、犯人の丈二は、本官に淫乱な欲望を持っているようで、イヤラシイ目で体中を舐め回すように見つめています。…。言葉巧みに本官を誘惑しようとしますが、本官はきっぱりとはねのけて、尋問を続けました。…。…、ついに変態丈二は、実力行使して本官の肉体に襲いかかり…。本官は懸命に抵抗しましたが、男性の体力には抗しきれず、性欲をあらわにする丈二の毒牙にかかり、欲望の餌食にされました。…。

覚え書き
本件被疑者丈二は、自らの欲望のほしいまま行動する、理性のかけらもない性欲異常者であり、女性の尊厳を踏みにじる強姦魔であります。人格としてしみついた異常な性的嗜好は死んでも治るとは考えられません。厳正なる吟味の上、極刑を望むものであります。

「…」
呆れ顔でフカキョンを見つめると
「…どうっ、ちゃんと書けてるでしょっ」
なんだか自慢気のフカキョンはキャンキャンした声で、カワイク笑った。
「ウソばっかりじゃネエかっ…、ていうかオレが起訴された先生との事件は、何も書いてねえじゃねえかっ」
全く調書の体をなしてないのに声を荒げてカワイイ顔をのぞき込むと
「いやんっ、なんで怒るのよおっ、だって先生のこと話した覚えある?」
顔を伏せたフカキョンは内マタに閉じた足をすりあわせて、モジモジしていた。

「…、ちゃんと仕事、しようよ」
たしかに取調室で先生のことはほとんど話さなかった気がする。フカキョンの言葉に納得しながらしかし呆れて力の抜けたオレは大きくため息をついた。
「まあ、いいじゃないですか、コレで警察の調書が全く役に立たないことが、わかったんですから、裁判は勝ち目がありますよ」
恨みの門番のコスチュームをつけたままの真紀が、ニッコリ笑っていた。
「…、まあ、そうかもしれませんね」
特徴的な衣装を着て笑う真紀を初めてまともに見たオレは、セクシーな艶姿にチョット見とれて生返事をしていた。

「…やだっ、ジョージさん、デレデレしてるうっ、」
アヤが割り込んでワイシャツ一枚の女体を押しつけてきた。アヤがカワイイ顔でにらむのを見ながら、オレは明日の裁判になんとなく不安を感じていた。

歓喜天ホテル (113) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:27:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/923-1fbb9b3b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next