FC2ブログ

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (109)駅弁ファック

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (109)駅弁ファック

「…アヤ、気持ちいいだろ」
快感にまみれた淫乱そうな顔でまだすねた表情を浮かべるアヤに、湿った息を吐きかけてささやくと
「…、き、らい…、だ、もん」
目をそらしてふくれ面をしたアヤだったが、ズンズンと突き上げられて舌を噛みそうになったのか、はっきりしない口調で応えた。

「…、じゃあ、やめていいか?」
腰の突き上げをやめて、あふれた滴でヌレヌレにした股間をまさぐると
「や…、やめ、ちゃ…、やだっ」
首に手を回してしがみついたアヤは、うつむいた頭の髪をオレになすりつけて、自分から腰を振った。チュクチュクと息子があそこに出入りする音が聞こえていた。

「…、そんなにしたいのか」
アヤの腰を押さえて深々と貫いて串刺しにしたオレは、快感に震える女体を壁に押しつけた。
「イジワル…、しない、でえ」
下半身からわき上がる熱い波に女体をモジモジさせたアヤが、続きを要求するように膣をキュッと締め付けていた。
「…、もう、ワガママ言わないって、約束できるか?」
キャミをズリ上げて乳房に手を当てたオレは、ぷるんっ、ぷるんっ、とマッサージしながら腰をめいっぱい突き上げて、もだえる女体を壁に押しつけていた。

「…お願い、アヤ…、カワイク、するからあ…、ちゃんとしてえ」
オレと壁に女体をサンドイッチされてアヤはとうとう泣き出したが、手のひらの乳首は硬くなって弾力を持って押し返していた。
「よし、じゃあ、アヤの部屋にいくか…」
駅弁ファックに抱え上げられたアヤは快感でのけぞったかとおもったら、カラダをねじってドアを開けていた。
「…あっ、ああっ…」
一歩進むたびに根本まで突き上げられるアヤは、目に涙を溜めて官能的なあえぎ声を上げながら、もだえる女体をねじって自分の部屋のキーを開けた。

駅弁ファックの体勢のままベッドに倒れ込むとその勢いでめいっぱい突き刺されたアヤが
「…あぐう、はあっ、ああっ」
こもったあえぎ声を上げた。オレはアヤの太ももを抱えるとのしかかって腰を何度もたたきつけた。ニュジュニュジュと息子が出入りする粘った音が、パンパンと股間がぶつかる音にかき消されていた。
「…はあっ、ああっ、ああんっ、もっとおっ」
肉棒でかき出された蜜を垂れ流してお尻をベトベトにしたアヤは、突き上げにだんだん上にズレながら、なおも激しいツッコミを要求していた。

「…後ろ向け」
ずり上がる女体を追っていたオレは、ベッドから落ちそうになったアヤからいったん離れると、アヤは上半身だけベッドに預けてナマ足を真っ直ぐ伸ばしてお尻を突き上げた。
「どうだっ、おらっ」
柔らかい腰に指を食い込ませて軽く挿入したオレは、カリで内壁の向こうにある尿道を押しつぶすつもりでGスポットを刺激した。
「はっ…、ああっ…、いいっ…、気持ち、いいよおっ」
浅く何度も感じる部分をつっつかれたアヤはベッドに埋めた顔をイヤイヤするように振っていた。
「…おらっ、はあっ」
甘美な喜びに震える女体に気をよくしたオレは先端で押しつぶすように深く突き刺すと
「はあっ、あううっ」
苦しそうに低いこもった声を漏らして震えたアヤはのしかかるオレに押しつぶされていた。そのまま抱きついて乳房を手のひらで握った。
「…ああっ、いいよおっ…、もっとしてえ」
頭をのけぞらせて反った背筋にお尻を突き出していた。

「…ほらっ、どうだっ」
後ろから快感に震える女体にしがみついたオレは、汗にまみれながら腰の運動を続けた。そろそろ発射しそうな予感を裏スジに感じた。
「はあっ、きもち、いいよお、ジョージ、さん…、すきい…」
アヤは頭を振ってもだえていたが発射の予感を感じとったのか
「…お願い、ナカに、出してえ、アヤのナカに…、いっぱい、ちょ、うだい」
甘えた声でおねだりしていた。

「よし、出してやるっ、…おっ、おおっ…、ふんっ、ふんっ」
一段と腰を激しく振ったオレは息子を突き上げる熱いほとばしりに気が抜けたように放出すると、何度か腰を振って残りを注ぎ込んだ。
「…あっ、あついっ…、くるっ、ああっ、いっぱい、くるうっ」
熱い白濁した液で膣を満たされたアヤは汗のにじんだ柔肌をふるわせて、最後の一滴まで搾り取るかのようにキュッキュッと膣を締めつけてふくらんだ肉棒をシゴいていた。

「…はあっ、ふううっ、はああっ」
快感にあえぐ女体にめいっぱい突き立てたままオレは放出の快感を味わっていた。
「ああっ、はあっ、アヤ、ああっ、しあわせ…」
熱い粘った液に膣を焦がされて快感の高みにさまよい、放心したように目を半開きにして口からヨダレを垂らしたアヤに、オレは頬を寄せて甘い吐息を聞きながら抱きついていた。

歓喜天ホテル (110) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:31:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/920-a134caef
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next