FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (9) 攻撃準備完了

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (9) 攻撃準備完了

よし、いい、ぞ、…。
陽一は指先に少しずつ力を込めていく。そして少女の真ん中にある敏感な突起を探し出した。
うら、…。
人差し指と中指でやさしくむき出した。そのとき少女の口からはかすかに
あっ、…。
と声が漏れていた。

えっ、あんっ、…。
由貴は後ろでパンティをズリ下げられて、ナマ尻がむき出しなったことに気付いた。
いや、あ、…。
何者かの手が由貴のおしりを直接無遠慮にもてあそんでいる。
あ、あ、ああ…、由貴、いっちゃうう、…。
後ろから前から直接攻められて由貴は、今まで感じたことのない快楽に全身を襲われていた。

えっ、ああっ、…。
そしておしりをもてあそんでいた手が離れたと想っていたら、熱い心棒が、おしりのワレメにそって中心部に向かって突入してきた。
えっ、あっ、うっ、…。
と同時に敏感なあそこが包皮からむき出しにされてしまった。
「あっ、…」
心棒の熱さと敏感なあそこへのタッチに、つい声が漏れてしまった。

いや、…恥ずかし、…、やあよ、やん、ああ、…。
声が漏れたことが、由貴の恥じらいを最高潮にした。
いやあ、やあ、あ、はあ、…。
由貴はまだセックス経験はないが、オナニーは生活の一部になっている。

由貴、イヤらしい、よお、…。
そのかわいい口から漏れた声が、オナニーの時に漏らしてしまうそれそのものだったからだ。
えん、ああ、あ、いや、…。
由貴は耳まで真っ赤になってうつむいていた。由貴の股間の大事な部分から熱いものが流れた。

陽一は痴漢用の秘密兵器を持っていた。上着のそでにローションのパックを仕込んでおり、いつでも指先にローションが供給できるようになっていた。このローションを女の大事な部分に塗りつけることで、自身から愛液を溢れさせてしまったと女に思わせるのである。いわば愛液の呼び水となるのがこのローションだった。

特に敏感な部分をそのままいじることは、最初は快感より苦痛を与えるため、女の敏感な部分をいじる前に、指先にローションを十分に供給しておくことが重要なのだ。

ぬるぬるの指先で女の敏感な部分をさすってやると、女は自分からも愛液を溢れ出す。もうそうなったら陽一の完全勝利である。後は好きなように痴漢行為を堪能できる。

あっ、…。
タダシはこの状況に一瞬面食らってしまった。意図せずに熱く怒張した息子が由貴の中心部目指して突入してしまったのである。いわゆるスマタ状態だ。
あったけ、…。
スマタの暖かさに感動していた。

でも、これって、…。
この状況が絶好のポジションであることに気付くまで時間はかからなかった。
ヤレル?、…。
まだセックス経験のないタダシだが、エロに関しては学業の100倍は勉強している。女のあそこの構造はインターネットのエロサイトでだいたい知っていた。
やるか、…。
野獣のような精神状態でタダシの行動は大胆になっていく。

うらっ、うらっ、…。
タダシは息子に右手を添えて、由貴の大事な部分の割れ目に沿って動かしてみた。
うひっ、いい、…。
息子の先端から溢れていた粘り気のある液体が、由貴の割れ目に塗りつけられる。
ほいほい、うう、…。
息子をちょっと上向きにして、割れ目に食い込ませながら前後にグラインドさせた。
あっ、あった、やった、…。
その動作を何度が繰り返した結果、最終目的地の入り口を見つけてしまった。

おお、うう、…。
すでに先っぽはぬかるんだ滴を漏らす亀裂に埋没していた。タダシは先端が温かい泉に沈み込む気持ち良さにウットリして、サラサラした髪に顔を埋めた。

女子校生由貴 (10) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:07:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/9-c43489ae
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next