FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (24)若い巡査のほとばしり

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (24)若い巡査のほとばしり

「本官は…、きょうはじめて、夜番でありますっ」
艶めかしい美人に股間を愛撫されて若い欲情を昂ぶらせた田村は混乱して、腰のガンケースを相変わらず押さえたまま、交番に響くような大声を出した。

「そう…、女も、初めて?…」
かわいいわ…、ナメコを、よくしてね、おまわりさん、…。
高卒で警察学校に入学して警官になりたての若い巡査をカワイイと思ったナメコは、淫乱な欲情を熱くしてエッチな声でささやいた。
「あ…、いや、その…」
童貞の田村はナメコの色っぽい甘えた声に鼓膜をくすぐられて、ビンビンの息子の先からカウパーな汁を垂らしていた。
「…、わたしじゃ、いや?…」
いいでしょ…、して、…。
メスの本能のままエッチなささやきを漏らすナメコの、たっぷりした乳房の先端につきだしたピンクのポッチを見つめて、田村はゴクンとナマツバを飲み込んだ。
「ね…、しましょ」
もう、こんなに、おっきくしてるくせに…、はあっ、漏れちゃう、…。
痴漢男に命令されて始めたことだか、浣腸が効いてきて下腹をチクチクと刺激されたナメコは、それから逃げるように性欲に没頭しようとした。

「あの…、その…」
ツバでベトベトにした息子から口を離してしなやかな手で握ったナメコは指先を絡めてしごきながら、昂奮した鼻息を漏らす田村に寄りかかってむき出しの胸を押しつけていた。
「ね…、はあっ…、あっ、ああっ」
若い巡査を切れ長の目で見つめたナメコは股間を締めつけるゴムパンをズリ下げると、アソコに突き刺さったバイブを自分で抜き出した。
「え…、それ…、あっ、だめです、ああっ」
エッチな汁気をまぶして妖しい光を放つバイブを机に置いたナメコを、ビックリしたように見つめた田村は、柔らかい肉体に押し倒されてマウントポジションを取られた。

「いいでしょ…」
はあっ、出ちゃう、早くしないと、…。
下腹を暴れ回る激痛にガマンの限界が近いコトを意識したナメコは、大きく足を広げて若い巡査の下腹に沿うように固くなった息子を握って、先端をネットリした蜜にまみれた亀裂に押しつけた。
「だめです…、はっ、ああっ、あったかい…」
勤務時間中にこんな淫らにコトをするなんて許されないと自分に言い聞かせる田村だったが、下半身はネットリした蜜壺に埋没する自分に幸福を感じていた。
「あ、いいわ、お巡りさんの…、おちんちん、おっきくて…、きもちいいっ」
下腹の苦痛を紛らわせるように全身から汗を吹き出しながらナメコは懸命に腰を上下させた。息子が出し入れされるたびに、グチュッグチュッと湿った音が交番に響いた。

「おまわりさんも…、して、おねがい、私を、よく、して…」
はあっ、もっとお、して…、おねがい、漏れちゃう、…。
自ら腰を上下させて息子の出し入れに執心するナメコの甘いお誘いに、とうとう本能をむき出しにした田村は、猛然と腰を振り始めた。
「あっ、あっ、あっ、いいっ…、もっと、ついて、ああっ、めちゃくちゃに、はあっ、してえっ」
あっ、ひっ、いいっ、あたるっ、奥まで、はあ、当たるわ…、いいっ、もっと、ついてえっ、…。
若い肉体に突き上げられた火照った女体はリズミカルに上下して、たわわな乳房をタプタプと波立たせてピンクの乳首を忙しく上下させた。

「はあっ、ああっ…、もうっ、おおっ、おっ」
下からズンズンと柔らかい女体を突き上げていた田村は、わき上がる熱い昂奮にナメコを床に押しつけると上になって、腰を思う存分振りまくった。
「あっ、ああ、いいっ、もっと、もっとよおっ…」
あつい、おっきい、おちんちん、ああっ、もっと、よくしてえ、…。
冷たい床に火照った女体を押しつけられたナメコは、しかし熱い欲情に全身から汗を垂れ流して若い巡査の欲情を受け止めていた。
「ああっ、きもち、いいですっ…、はあっ、はあっ」
欲情した女体を蹂躙する田村は夢心地で腰をメチャクチャに振っていた。汗でヌルヌルする乳房をつかんで力を込めると、ナメコが切なげにのけぞった。

「あ…、あうっ、うっ、うっ」
狂ったように腰を振る田村は突然熱い昂ぶりを息子に感じて腰を押しつけると、ナメコのナカに熱いほとばしりを放出した。ビクビクと震えた田村はドクドクと白濁した粘液を何度かナメコのナカに注ぎ込んだ。
「あ…、ああっ、あんっ、いやっ、いいっ」
あんっ、だめえ、ああっ…、いいっ、きもち、いいっ…、でも、だめえっ、…。
ナカを熱い粘液で焦がされたナメコは、弓ゾリになってのけぞりながら田村の股間にアソコを押しつけていた。
「あ…、はあ…」
ナカ出しで妊娠の二文字が頭に浮かんだ田村だったが、発射直後の脱力感にどうでも良くなって荒い息に背中を揺らして汗まみれのナメコに抱きついていた。

「あん…、どいて、おねがい…、じゃあね…」
あん、また…、でちゃう、はあ、漏れちゃう、…。
田村のカラダを押しのけたナメコは、快感の波が去っていくのと同時に下腹を攻める激しい苦痛に顔をしかめると、机に置いたバイブとゴムパンをむしり取るように握って交番を出て行った。
「はあ…、よかった…」
ピンヒールの乾いた音を響かせて去っていくセクシーな後ろ姿をぼんやり見つめた田村は、ダランとした息子を大事そうにさすっていた。

「よくやった、来い…」
外で一部始終を眺めていた痴漢男は、履き慣れないヒールに危なっかしく歩を進めるナメコの手を握ると、交番の裏に連れ込んだ。
「おねがい…、もれそうなの…」
ああっ、いたい…、もう、漏れちゃう、助けてえ、…。
コンクリートの壁に押しつけられたナメコは、下腹を暴れ回る苦痛にトイレに行かせてくれるように懇願したが、
「おっ、うっ、うっ、うっ…」
汗にまみれたナマ太ももを抱え上げた痴漢男は、ビンビンにそそり立った息子を田村のザーメンを垂れ流すあそこに突き刺すと、ナメコを上下に突き上げていた。

「あっ、やあっ、だめ、漏れちゃう…、ああ、はっ、ああっ」
壁に押しつけられて股間に熱い肉棒を突き刺されたナメコは、またメスの欲情を熱くして全身から汗を垂れ流して、かすれた声で嬌声を漏らした。
「ああっ、いいぞ、いくぞ…、おっ、おおっ」
ナメコの女体をいたぶり続けて巡査との白黒ショーを眺めていた痴漢男はすぐに限界を迎えて、ナメコを壁に押しつけると熱い昂ぶりをナメコのナカに注ぎ込んだ。
「ああ…、だめえ、まだ、ああっ、いやっ」
絶頂への階段をのぼり始めたばかりの女体は、突然階段を外された気がして不満を漏らしたが、ナカを焦がされる熱さにのけぞっていた。

今日のナメコ (25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:16:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/833-e9c47f60
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next