FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (22)痴漢男の調教

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (22)痴漢男の調教

「痴漢にもだえる淫乱ナメコ…、いやんっ、エッチ…、楽しんでねっ…、ちゅっ」

「あんなに、濡らしてたんだ…、ちゃんとして欲しいだろ…」
湿り気を帯びて淫靡な熱気を放つ股間に手をねじ込んだ痴漢男は、スジに指をすりつけて固いしこりをイジった。
「うっ、ううっ、ううっ…」
拘束されて抵抗できないナメコは、痴漢の邪悪な指先に一番感じる部分を蹂躙されて心ならずも官能の喜びを感じて身もだえしていた。
「おっ、いいみたいだな…、やっぱりドスケベだな」
妄想に取り憑かれてナメコを自分のモノと思い込んだ痴漢男は、感じる部分のぶしつけな刺激に眉をひそめるナメコの妖艶な表情に、加虐心を昂ぶらせた。

「うっ…、ううっ、うふうっ…」
グリグリと指を押しつけられた股間の熱さにのけぞったナメコは、熱帯夜のネットリした空気に包まれて全身から汗を垂れ流していた。
「じゃあ、もっとよくしてやる…」
痴漢男はもだえる肉感的な女体に気をよくして、太ももをムリヤリ開かせてその間にカラダを入れると一気に腰を持ちあげて、マン繰り返しに体勢に持ち込んだ。
「うっ、うひっ、ひひゃっ、うっ、ううっ…」
柔らかい肉体を折り曲げられて恥部をおっぴろげられ、頬に押しつけられた乳房の向こうに丸出しの股間がイヤでも視界に入るナメコは、その向こうに男の陰惨な笑い顔を見て怖じ気に震えたが、マゾな性根を煽られてパックリ割れた汗とエッチな汁でぐちゃぐちゃになったスジの奥から、ネットリしたおツユをあふれさせていた。

「うれしいみたいだな…、濡れ濡れだぞ…」
もだえる屈曲した女体を押さえ込んだ痴漢男は、濡れ濡れの花びらの中心に指を突き刺してグチュグチュとかき回した。ネットリ濡れた花びらが揉みくちゃにされて、あふれた蜜がお尻のワレメとお腹側の両方に垂れていた。
「うっ、ううっ、はうっ、ふひゃら…」
イキをするのも苦しい体勢で、男の邪悪な欲望の慰みモノにされたナメコは随喜の涙を流して、苦しげに湿った鼻息を響かせていた。

「…、ちゃんと、縛ってやるか」
ナメコを押さえ込んだ痴漢男は、荒縄の残りをわきの下と膝に通してまんぐり返しの体勢を固めた。
「なにか、あるかな…」
床に転がったバイブを拾い上げた男は
「あるじゃねえか…」
中途半端に開いた引き出しをノゾキ込んでアナルバイブを取りだした。
「スカトロの変態女が…」
後ろのアナにムリヤリバイブを差し込む妄想にニンマリ笑った痴漢男は、倒錯した性虐行為をあれこれ思い浮かべて、妄想の中でナメコを真性の変態マゾ女に仕立て上げていた。

「やっぱりあるじゃネエか」
冷蔵庫をノゾキ込んだ男はイチジク浣腸を見つけると、アナル調教を妄想して劣情にまみれた陰湿な笑いを浮かべた。
「ぷはっ…、うめえっ」
不倫男用に用意してあった缶ビールを開けた痴漢男は、丸出しの恥ずかしい部分を頂点にして荒縄に縛り上げられた肉のかたまりを眺めながら、うまそうにノドを鳴らしてため息をついた。
「じゃあ、かわいがってやるよ…」
マグマが火口からあふれるごとくネットリしたおツユを亀裂からあふれさせるアソコと、あふれたおツユが絡むアナにバイブとアナルバイブの先端を突きつけた男は、ゆっくりと沈めていった。

「うっ、ううっ、ううっ…」
前と後ろのアナをゆっくりと埋められたナメコはイヤイヤするように頭振ったが、苦しげな表情を浮かべるその唇のハシにはかすかに淫靡な笑いが浮かんでいた。
「あ…、その前に…」
まんぐり返しの頂点の谷間に半分くらいバイブを突き立てた男は、アナルバイブを抜き出すとイチジク浣腸の先端をあてた。
「ふっ、ふひゃっ、ひゃらっ、ひゃめえ…」
アナルバイブで拡張されたアナはイチジク浣腸の細い先端が簡単に入り込んでいた。直腸に沁みる冷たいグリセリン液にブルブル震えたナメコは、本気で嫌がって後ろ手に縛られた手をバタバタさせた。

「まだだ…」
不自然に引き絞られた肉体を波立たせて暴れるナメコに加虐心を昂ぶらせた男は、二本目も注ぎ込むと三本目もアナに差し込んだ。
「ひ、ひっううっ、ひゃらっ、ひひゃあっ…」
不倫男に仕込まれた浣腸調教の苦痛が身に沁みているナメコは、続けざまに直腸を満たすグリセリン液に恐怖にまみれていたが、バイブが刺さった亀裂からは相変わらずネットリした汁を垂れ流していた。
「入ったな…、じゃあ、出掛けるぞ、服、着ろ」
結局半ダース6本分の浣腸をナメコのお尻に注ぎ込んだ男は、バイブを奥まで押し込んでアナルバイブで後ろのアナに栓をすると、荒縄を解いた。

「もう、やだあっ、なんでえ…」
縛めを解かれたナメコは見知らぬ痴漢男の好き放題にされて、わけがわからなくて泣き出した。
「早くしろっ、殺すぞっ」
すっかり妄想に取り憑かれて残忍な劣情に支配された男は、めいっぱいすごんでナメコの泣き顔をノゾキ込んだ。
「ひいっ、許して、殺さないでえっ」
暗闇を背にした男の不気味な表情に恐怖したナメコは、悲鳴に近い声を上げた。
「静かにしろっ、殺すぞバカ女っ…、オレの言うことちゃんと聞けば殺さネエから…、言うこと聞くかっ」
怯えるナメコにますます凶悪な暴君になりきった痴漢男は、憎々しげな表情でナメコをにらみつけながら、威圧的な声で命令した。

今日のナメコ (23) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:14:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/831-f633fbd9
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next