FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (17)カラオケボックス

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (17)カラオケボックス

「…姐さん、未成年に、手を出してるにゃ」
「仕方ないのよ、モテる女はつらいわあ、…」
…。
「…なによ、…、気持ち悪いわね」
…、いいんです、私なんて、…。

「姐さんに、構ってもらえなく、ナレヲ、きっとさびしいにゃあ」
「…なんだ、そうなの、カムカム、エブリバディ、よっ(笑)」
…、そんなナメコさん、…キライだあっ、…。
「…なんだとおっ、(ぼきっ、くしゃっ)」
ひいっ、…、ありがとう、ごさいます、…。

「…少年相手のエッチに、燃えちゃってるナメコ、お楽しみくださいっ、ちゅっ」



「…座りましょ」
カラオケボックスに少年を連れ込んだナメコは、個室に二人きりになって落ちつきのない少年の手を取ると、じんわり火照った女体を押しつけるようにソファに並んで腰掛けた。
「ふふっ…」
ドキマギする少年に楽しそうに笑ったナメコは、パンチラしないように注意しながらゆっくりと足を組んで、顔を伏せてキャミからすらりと伸びたナマ足の脚線美を盗み見る少年の耳元に唇を寄せると
「…このことは、誰にも黙っててね、そしたら、気持ちいいコトしてあげるから」
かすれたセクシーな声でささやいた。

湿った息に紛れた色っぽい声に息子を痛いくらいにふくらませた少年はイヤラシイ期待を込めて
「ぜっ、ぜったい…、黙って、ます」
ナメコのポッコリとぬめった光を放つ唇を見つめて答えた。
「…、ありがと」
ナメコは少年に顔を重ねてキスすると舌を侵入させた。ビックリして目を見開いた少年に抱きついたナメコは、口の中で舌をネチョネチョとさせてイヤラシイ音を響かせた。しなやかな手が少年の股間に当てられて、ファスナーを下げると熱く固い息子をさすった。
「…ううっ、ふああっ」
こわばった息子に艶めかしい指が絡みついてきて、緊張して若い肉体をビクビクと震わせた少年は心臓が破裂しそうに高鳴るのを感じていた。

「失礼します」
ドリンクをもって店員が入ってくるとナメコは少年から離れて曲を選ぶフリをしたが、興奮した少年は手に吸い付くようなナマ太ももの肌の感触を楽しんでいた。若い男の店員が太ももをまさぐるてにチラっと視線を向けると、羞恥心を刺激されたナメコはTバックのパンティに恥ずかしいシミを作っていた。
「もう、エッチなんだから…、店員さんに、見られちゃったよ」
店員が出て行くと息を荒くしてパンティに指をこすりつける少年にエッチな笑いを浮かべた。

「…、さっきみたいに、み、見せてよ」
柔らかく弾力のあるナマ足の手触りに若い欲望をむき出しにした少年は、伏せ気味にした顔でジットリとナメコを見つめながら、淫らな妄想を口に出していた。
「やん、もう、ホントにエッチね…、いいよ」
困ったように笑ったナメコだったが、ゆっくり立ち上がるとテーブルを拭くフリをして手をついてお尻を突き出した。ローズピンクのキャミがずり上がってTバックのひも以外は隠すモノがない、ツルツルした綺麗な曲線を描くナマ尻が少年の視界を占領した。

「はあ、はあ…、さっきと…、ちがう…」
ナマ尻に触れそうなほど近づいて、発情したオンナの色気が発散する生ぬるい空気を吸いこんだ少年は、若いカラダに凶暴な獣欲を充満させて一触即発の危機感を漂わせながら、つぶやいた。
「なにが?…、あ…、アナタが…、脱がせて」
太ももの根本にかかる湿った息に欲情を泡立てられたナメコは背筋を反らせて、キャミがずり上がったナマ尻をかすかに揺らしていた。少年のセリフの意味を理解したナメコは妖しい笑顔を浮かべると自分でキャミをズリ上げてお尻を丸出しにした。

「すぴっ、…、い、いいの?」
くびれまでキャミがまくり上げられて丸出しになったお尻に、鼻を鳴らした少年はバクバクと心臓がうるさく騒いでガマンの限界で、なんとか応えていた。
「恥ずかしいこと、2回も、言わせないで…」
テーブルに手をついたナメコはノーブラの胸をタプタプ波立ながら、湿った吐息混じりにかすれ気味の声を漏らした。
「う…、うう…」
Tバックのひもを両手でつかんだ少年は、ゴクンと大きな音を立てて口にたまったナマツバを飲み込むと、スベスベした肌にゆっくりひもを滑らせた。

今日のナメコ (18) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:25:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/826-df295720
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next