FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (16)客の高校生

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (16)客の高校生

「…姐さん、エロエロのイケイケだにゃあ」
「わたしの色っぽい肉体が…、みんな悪いのね…」
…、そうですね(寂しそうなナレヲ)、…。

「…と言うわけで、エッチ全開っ、ナメコのマック編、お楽しみください(笑)」




「…はあっ、あんな、下品な、ううっ、男っ、はあ、と別れて、ああっ、ボクと、付き合えっ、はあ」
ナメコの女体をまさぐる店長は興奮した息を吐きながら盛んに腰を振った。
「いやっ、ああっ、だめっ、はあっ」
蜜を溢れさせるあそこは忙しく出入りする男の肉棒でぬめった飛沫を飛ばしていた。

「…ああっ、私の、はあっ、モノになれっ」
店長はシャツをまくり上げるとブラをズリ上げて乳房をむき出しにすると、手のひらで握りつぶすように力を込めた。
「あっ、いたいっ、やめてえ」
たっぷりした乳房に食い込む指の痛さに頭をのけぞらせたナメコに、荒い昂奮した鼻息を響かせる店長は顔をサラサラした髪に埋めて、湿った息を吐きかけていた。

「…前から好きだったんだ…、頼むから…、」
店長の興奮した吐息混じりの声に、虫酸が走るような気持ち悪さを感じていたナメコだったが、泣き声混じりで訴える店長が少しかわいそうに思った。
「わかったから、乱暴にしないで」
両手で乳房を握りつぶして腰を突き上げる店長に女体を熱くもだえさせたナメコは、同情してついそう答えていた。

「…そうか、ああっ、私のモノにっ…」
ナメコの同意するセリフにうれしそうに叫んだ店長は、汗で湿った柔らかい腰をつかむとかすかに震える背中にのしかかって、懸命に腰を突き上げた。、
「…うっ、」
突然熱い突き上げを息子に感じた店長は、湿った吐息混じりに情けない声を漏らしてネットリ濡れたナカに、白濁した粘りけを放出した。

「やっ、だめっ、」
あそこに熱いほとばしりを感じたナメコは着乱れた女体をひねって店長を突き飛ばした。不自然にカラダをよじってお尻を突き出したナメコは、店長の息子の形をわずかに保って口を開けた蜜壺から白い粘った液を垂らしていた。

すがりつこうとする店長を振り切って、まくり上げられたシャツを戻してトイレに駆け込んだナメコは、あそこから垂れる白濁した液を拭き取ってキレイにした。パンティはナメコの愛液でグチャグチャに汚れていたので、履き替えようとノーパンのままトイレを出た。

マイクロミニのノーパンのアソコがスースーする心細い思いで内マタになったナメコが、ロッカーから新品のパンティを出そうとすると
「…ナメコさんっ、何やってたんですか、サボらないでください」
女子高生バイトにイヤミを言われて、パンティをはくのをあきらめて年下のバイトに言われるまま店内に出た。ノーパンを意識してドキドキしながらテーブルを拭いていると、何かを感じたナメコが振り向いた。

すぐ後ろに高校生らしい少年が一人で座っていた。あわてて顔を伏せるのがわかった。
…、見られた、…。
ナメコは少年にノーパンのお尻を見られたのを意識して、胸がドキドキしてあそこのスジから蜜が垂れるのがわかった。しかし知らん顔して少年にマイクロミニのお尻を向けたナメコは息苦しさを感じながら、またテーブルを拭き始めた。
…見られてる、男の子に…、濡れた私の、あそこ…、見られてる、…。
マイクロミニの中をのぞき込む少年の熱い視線を意識したナメコは、ノーパンのお尻を少年に突き出し、濡れたあそこをさらして女体の芯を熱くしていた。店長に中途半端にかき立てられた欲情の炎がカラダの奥で燃え上がって、淫乱な欲望が支配した女体は少年をイヤらしく誘惑していた。

「…、失礼します」
振り返ったナメコはあそこにイヤらしい視線を向けていた少年があわてて顔を伏せたのを無視して、テーブルを拭きながらボタンを外してナマ乳の肌をのぞかせた胸を少年の肩に押しつけていた。テーブルの端に置いた少年の手にマイクロミニの股間を押し当てると、ミニスカに入り込んだ手の甲がノーパンの恥丘に触れていた。
「!、…」
手の甲に押し当てられた薄い茂みのザラッとした感触に、ビックリしたような顔を見せた少年に
「…お願い、黙ってて…、黙っててくれるなら、好きにしてイイよ…」
わき上がる欲情でセクシーな表情を見せたナメコが甘えた声でささやいた。

艶めかしいナメコの表情に少年は頭がカアッとなって心臓がバクンバクンと痛いくらい騒いだ。息苦しさで少年はしばらく緊張してじっとしていたが、意を決したように手のひらを返してナメコの股間に侵入させると、ヌレヌレのあそこをイジリながら、豊満な胸に顔をうずめてハアハアと熱い息を吹きかけた。
「…黙っててくれるのね…、ありがとう…」
不器用な愛撫に股間を熱くしたナメコは、少年の頭に口を付けて甘いささやきをした。
「すぐに行くから…、店の外で待ってて」
淫乱な欲望の炎に燃え尽くされそうなほど欲情したナメコは、イヤラシイ笑顔を少年に向けるとバックヤードに戻った。

「…ナメコさん」
人目がないのを確認した店長がナメコに抱きついて体中をまさぐった。
「…、店が終わってから、私の部屋に来て、…知ってるんでしょ」
しつこくまとわりつく店長にナメコは冷たくささやくと
「早上がりさせてもらいます…」
スケベな妄想を浮かべてだらしなく笑う店長を置き去りにし、エロ制服姿の魅惑的な女体を悩ましげに揺らして更衣室に入った。

制服を脱いで下着姿になったナメコは、ノーパンのあそこをキレイに拭き取るとTバックパンティを引き上げて、ノーブラのままネットリした光沢を放つローズピンクのキャミに足をいれて引き上げた。太ももの根本をわずかに隠すミニ丈のカラダにぴったりはりついたキャミは、肉感的なナメコの体の線をはっきり見せていた。豊満な胸をタプタプと揺らすキャミの柔らかい素材は屹立した乳房の形をあからさまにさらしていた。真っ赤なグロスリップを塗ったナメコは店を出た。

少年は店の外で所在なさ気に立っていた。少年の姿を認めたナメコは自然に笑っていた。
「…行こう」
少年の汗のにじんだ手を取ったナメコは近くのカラオケボックスに入った。ナメコのエロセクシーなキャミの後ろ姿に、少年は股間をふくらませてポケットに入れた手で押さえていた。

今日のナメコ (17) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:24:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/825-673c2086
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next