FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (5)オーラルセックス

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (5)オーラルセックス

水滴を垂らして腰にはりついたサマードレスを男は黙って脱がせながら、肉感的なお尻にはりついて透けたパンティも一緒にズリ下げていた。
「…あっ、やっ」
サマードレスと一緒にパンティをヒザまで下げられたナメコは、丸出しにしたお尻のナマ肌にそそがれる男の視線を意識して、広げた手の平で隠していた。男は恥じらうナメコにかまわずに、ふくらはぎをつかむと足を持ち上げてサマードレスとパンティを抜き取って、広げてひもにかけていた。

「…」
ナメコはブラのみつけた裸体で、両手で前と後ろを恥ずかしそうに隠しながら頼りなげに立って、男が自分の服をひもにかけるのを見ていた。パンティを広げて粘り気のある汁のついた部分をのぞき込む男に
「…あっ」
あわててパンティをひったくると、ナメコは恥ずかしそうにパンティを握った両手を股間に押しつけていた。アソコからあふれるヌルっとした汁は太ももまで垂れて、ナメコは恥ずかしい滴りが床に落ちないように力を入れて懸命に足を合わせていた。

「…あなただけだと、恥ずかしいですよね」
男はそういってトランクスを脱ぐと、そそり立つ息子をナメコに見せつけた。
…、やっぱり大きい、…。
男の顔が見られずに恥ずかしそうに顔を伏せたナメコは、熱く昂ぶる息子が男の腰から屹立するのに目が離せなくなって、ドキドキしながらただじっと見ていた。

「…あなたのせいですよ」
男は自分の股間にナメコが熱い視線を注ぐのに劣情を高めながら、かすかに震える女体に近寄ると、ナメコの両手を胸の上までムリヤリ上げると、そそり立つ肉棒をむき出しの股間に押しつけた。熱い固い高ぶりが恥丘の柔らかい肉や恥骨を押してくるのに、
「…ああっ、」
思わず甘い吐息を漏らすナメコだった。

「…責任、取ってください」
男はナメコの震える肩を押し下げて恥じらう顔を股間に押しつけると、淫靡な興奮に震える唇にドクドクと熱い鼓動を打つ肉棒をねじ込んだ。
「…うっ、ふわあっ、ふううっ」
その熱さに唇がヤケドしそうな恐怖を覚えながら、ナメコは懸命に口を広げて、荒々しい侵入を受け入れた。
「おっ、いいぞっ、舌を絡めろ」
男の興奮した口調に女体の芯で燃える淫靡な炎があおられて、ぴったり合わせた内マタをイヤラシイ滴でヌルヌルにしながら、ナメコはめいっぱい広げた唇で血管の浮き出た太い棒をほおばって、窮屈な口の中で何とか舌を動かし、次々で口腔内にわき上がるツバをまぶしていた。

「…おおっ」
息子のネットリした官能的な刺激に獣欲を昂ぶらせた男は、ナメコの頭をつかむと乱暴に前後に動かした。
「…じゅっ、じゅぶっ、じゅっ、じゅぶっ」
容赦なく頭を前後にシェイクされたナメコは、失神しそうになりながら男の腰にすがって何とか意識を保っていた。忙しく出入りする太い肉棒に塗りつけられたツバがあふれて唇のまわりをビチャビチャにしたナメコは、それでも懸命に舌を絡めて猛り狂う肉棒を刺激していた。

「…おっ、出るっ、おおっ、ううっ」
一段と強く腰を突き出した男は、ふくれあがった肉棒を震わせると熱いネットリした液体をナメコの口の中にまき散らしていた。
「…うっ、こふっ、ううっ」
勢いよく噴出した粘液がノドチンコに絡んで思わずむせたナメコに
「全部、飲めっ」
興奮した強い口調で、男はナメコの頭をしっかり押さえてさらに腰を振り続けた。
「…ううっ、ごくっ、こくっ、うっ、こくんっ」
目に涙を溜めたナメコは言われるままに、注ぎ込まれたモノを一滴残らず胃の中に納めていた。

今日のナメコ (6) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:10:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/814-eb1c4da1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next