FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (190) テレパシー

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (190) テレパシー

いつもの場所についた由貴はタダシを待っていた。

これまでならタダシからスカートめくって見せろと言われるかもしれない、とドキドキしながらタダシがくるのを待つ由貴だったが、今日は何となく胸騒ぎがしてココでじっと待っていることが不安になった。
駅に、行こう、…。
駅で待っている方が確実だと思いついた由貴は、いてもたってもいられない気持ちで自転車にまたがった。
「えいっ、うんしょっ…」
大きく足を振り上げてまた天然にパンチラしてしまった由貴だったが、そんなことはかまわずに駅へとペダルを一生懸命こいだ。朝早い春風は由貴のプニュプニュした頬を冷たくなでていった。

駐輪場に着いた由貴は息を弾ませながら自転車を置くと、タダシの自転車を探した。
先に、行っちゃったの?…。
自転車は昨日と同じ場所に止まっていた。
でも、同じ場所、…。
タダシがこんな早い時間に学校に行くとは思えないし、昨日からこの場所に止まっていると考えるのが普通だと思った。
昨日、帰ってないんだ、…。
成績優秀で賢い由貴はすぐに真実に突き当たった。

タダシの父が言ったように誰かの所に遊びに行ったままで、昨日は家に帰ってないのだと思った。自分じゃない誰かとタダシがお泊まりしたという事実は由貴を落ち込ませたが、
でも、男の子の友達かも、…。
エリや洋子の顔が浮かんでくるのをムリヤリ打ち消した由貴は、自分を元気づけて駅のホームに向かった。
改札で待ってる、かも、…。
ミニスカのスソを揺らして階段を上がる由貴は希望的観測で自分を励ましたが、改札の前でタダシが待っているのではないかというはかない希望はあっさり打ち消されて、由貴は重い足取りでホームに向う階段を下りていった。
ホームで待ってくれてる?…。
階段を下りてホームに立った由貴は、一縷の望みにかけてタダシの姿を探したがやはり見つからなかった。ガックリと肩を落とした由貴の前に電車が滑り込んできた。

…、ご主人様は、電車に乗って、由貴に会いに来る、…。
電車の巻き起こす風でミニスカをまくり上げられそうになった由貴は、両手でスカートのスソを押さえながら、その時ひらめいた想いを確信した。コレまでも由貴はタダシの考えていることが分かる気がしたが、このときの想いはテレパシーに近かった。
由貴、待ってろよ、…。
ちょうどこの瞬間、タダシはエリのアパートを出て駅に向かってズンズン歩いていた。
うん、由貴、待ってるから、…。
頭の中でタダシの声がした気がして由貴の暗い表情はパッと明るくなった。ニコニコしてホームに立つ美少女を、電車から降りたオジサンがチラ見して通り過ぎていった。

すっかり元気を取り戻した由貴は、ナマ足をまだ寒い朝の春風にさらしてホームに立っていたが、なんだかウキウキして体もポカポカして寒いとは思わなかった。

何本か電車が来て由貴の前に止まっては通り過ぎていった。由貴は降りた乗客の中にタダシを探したが、見つからなかった。そのたびに由貴はチョット落ち込んだが、
きっと、ご主人様は来る、…。
ひらめきを信じ込んだ由貴は次の電車を待ってドキドキしていた。

また電車が来るのが見えた。
これだ、…。
由貴はコレにタダシが乗っていると確信すると、懸命に車窓の中を見つめた。
いたっ、…。
目の前を通り過ぎた車両にタダシはいた。ドアの窓の向こうにタダシの後ろ姿を認めた由貴はそのドアを追って走り出した。後ろの車両に乗っているのを見逃さないようにホームの後ろ側にいた由貴は、どんどん進んでいく車両を追ってミニスカのスソを乱しながらパタパタ走った。

あ、ご主人様だっ、…。
やっと電車が止まってドアが開くとタダシが降りてくるのが見えた。
「ご主…」
ニコニコしながらタダシに駆け寄ってそこまで言いかけた由貴は、後ろについて降りてきたエリを見つけて
「…タダシ君、おはよう」
あわてて言い直すと大げさに頭を下げた。その勢いでまたミニスカがまくれ上がってパンティが見えそうになっていた。顔を上げた由貴はタダシに寄り添うようなエリを見つめながら、笑顔の消えた顔で挨拶をした。

エリ先生と、一緒だったんだ…、昨日から?…。
挨拶を返したエリに背を向けてタダシの横顔を見つめた由貴は、タダシが横目で自分をチラ見した表情に、後ろめたさのような感情が交じっているのを敏感に感じ取った。
一緒だったんだ、…。
やっとタダシに逢えて浮きたった気分はすっかりしぼんでいた。昨日一夜をエリと一緒に過ごしたタダシに怒りを感じた。しかしそれをタダシに言える由貴ではなく
…、きっと、先生が誘惑したんだ、…。
その怒りをエリに向けていた。

タダシの横に立ってじっと見つめる由貴は凛とした表情を朝日に照らされていた。タダシの裏切りを後ろにいるエリに転嫁して、陽炎のような怒りのオーラを漂わせていた。

女子校生由貴 (191) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:17:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/605-6bf5e7a6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next