FC2ブログ

== 24のひとみ先生 ==

24のひとみ先生 (51) 席替えだよ、ひとみ先生

裏ろま中男 作品リスト
24のひとみ先生 目次

24のひとみ先生 (51) 席替えだよ、ひとみ先生

ひとみ先生がニコニコしながら、教室に入ってきた。

「…皆さん、今日はいいお知らせです、DVDのVol.3が出たんです」
「それが、何か」
満面の笑みでうれしそうなひとみに、メガネ美少女の平田は他人事のように聞いていた。
「…目次を見てもらえればわかりますが、おかげでなんとか毎日更新、続けられました」
「先生、何の話をしてるんですか」
つまらなそうな平田がおつきあいでツッコミすると
「…作者はVol1と2のネタを使い切って、今日は更新できないかと本気で心配してたんですよ、それが、今日発売日だと忘れてたVol.3が届いて、作者はDVDの内容に大喜びです」
「…ようするに、能なし作者の個人的な事情ですね、あんな短小早漏のデブなんか、どうでもいいです」

「…、平田さん…」
デタラメな罵詈雑言を言いふらして悪態をつく平田を、ひとみがかわいそうに見つめていた。
「…なんですか、…きゃあ~、いや~、…」
平田は突然現れた黒子に連れ去られて空き教室に監禁されると、セーラー服の上から亀甲縛りにされて天井から吊され、屈強な黒子たちに体中のアナというアナを責められた。代わる代わる若くてピチピチな肉体を蹂躙されて、あそこをはじめとして全身から体液を止めどなく垂れ流し、セーラー服をビショビショにして、股間をヌレヌレにして数え切れないほどイカされた平田は泣いて謝ったが、結局ゴメンなさいと言えなくなるほど、ありとあらゆるイヤラシイことをされて責められた。

「…みなさんも、気をつけてくださいね、滅多なことは口にしないのが身のためです、作者は尊敬できる立派な人格者ですよ」
「…」
ひとみが神妙な顔つきで生徒たちを見渡した。平田への苛酷な仕打ちに恐怖した生徒たちは、一部のスケベな生徒をのぞいて、作者の悪口だけは言うまいと心に誓っていた。
「…ウソです、と言いたいところですが、私も折檻されるのはイヤなので…、そう言うわけでVol.3一発目のネタの席替えをします」
ひとみは黒板に生徒の名前を書いた席順を示して、席を替わるように指示した。

「…高田さん良かったですね、これで性欲異常者の吉田君から離れられますね」
吉田に弄ばれてマイクロミニの下に何もはいていない高田に、ひとみはニッコリ笑った。
「…」
転校以来毎日、吉田のヒザの上で寡黙に愛撫を受けていた高田はやっと自分の席をもらえたが、席替えすると何もつけてないヌレヌレの股間を丸出しにして、隣になった男子生徒のヒザの上に当たり前のように乗り、男子生徒のイヤラシイ手つきで愛撫される喜びに浸っていた。

「…あの、せんせい、どうしてオレはココなんですか」
教卓の横でクラスメイトと対面して座らされた矢田が、なかば呆れながら聞いていた。
「…あなたは、授業中みだらな行為に耽るので、みんなに監視してもらいます」
「みだらな行為なんか、してません」
ひとみのめちゃくちゃな理由に、あきれた矢田が抗議すると
「…わかりました、じゃあ須田さんと隣同士ならいいんですね」
「ええ~」
瞳の投げやりのセリフに天然美少女の須田萌がうれしそうに笑っていた。

「…でも、そうするとふたりの愛の営みを、毎日皆さんに公開することになってしまいますね」
「そんなこと、みんなの前でするわけないだろ」
矢田が切れ気味にひとみにツッコむと
「…須田さん、矢田君はあなたの幼いカラダに、もう飽きたようですよ」
「ホントなの、矢田君っ」
ひとみの言葉に大きな瞳をウルウルさせて、須田が矢田を見つめていた。
「…えっ、いや、あの」
心細げに肩をふるわせる美少女を目の前にして、矢田はドギマギしていた。
「…じゃあ、私のこと好き?」
涙を溜めた目で見つめる須田に、矢田は股間をふくらませていた。矢田はすっかりふたりの世界に入り込んで、須田を押し倒すとパンティをはぎ取って劣情をぶつけていた。

「…、う~ん、このふたりには、私のウソも形無しですね」
ウソが現実になってしまったひとみは困惑気味に、教室でイヤラシイ行為に耽るふたりを横目に見ていたが、
「席が替わって、新しいパートナーも出来たことですし、皆さん仲良くしてくださいね」
ひとみが生徒たちにニッコリ笑うと、男子はひとみからゴーサインが出たモノと了解して、隣の女子に次々と襲いかかっていた。矢田と須田を呼び水にして2年C組は乱交の場となってしまった。

「…あら、どうしたんですか」
「…」
クラス全員がみだらな行為に耽るなか、日々偏執的な性癖を助長して変態として成長しつつある田無が所在なげにひとみの横に立っていた。
「…ああ、あなた変態のくせにヘタレですから、女子に相手にしてもらえなかったんですね」
「…」
ニコニコと笑うひとみの笑顔を田無が陰湿な目で見つめていた。その目には性的異常者の光が宿っていた。
「…じゃあ、どうぞ」
ひとみは自分からパンティを脱ぐと、腰を突き出してツルツルスベスベの丸いナマ尻を田無にさらした。ひとみの極上なオシリに、田無は目を血走らせて下半身ハダカになるとかぶりついた。
「…ウソです」
「うおっ、…あうう」
急に気が変わったひとみは後ろに足をけり出すと、田無の股間に命中させた。田無は口から泡を吹いて悶絶していた。

「…教師として生徒には平等に接するべきでしょうが、やっぱりあなたのようなヘタレにやられるのはやっぱり…、でもいい顔ですよ」
田無の泣きベソの目がひとみを見上げると、美しい笑顔がニッコリと笑っていた。

(52) 浮気かも?、萌ちゃんにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:06:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/599-7813384b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next