FC2ブログ

== 少女真希 ==

少女真希 (33) おっきいの

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (33) おっきいの

誰もいない体育用具室で真希はドキドキして雄次の次の言葉を待っていた。

「…、ほら」
立ち上がった雄次は興奮してふくれた股間を真希の目の前に突き出した。
「…」
真希はどうすればいいかわかっていたが、自分から手を出すようなはしたない女の子は嫌われるかも、と躊躇していた。

「早くしろよ」
じれた雄次はチョット乱暴に言った。
「…」
どうしても自分からは出来ない真希は雄次の声に泣きそうな恨めしそうな顔で雄次を見上げた。

「…しょうがねえな」
雄次は自分でファスナーを下ろすと、すでに勃起していた息子を真希の目の前に出した。
「…」
昨日も見たそれだったが、雄次の欲望でふくれあがったそれに凶暴さが漂っているようで、真希は軽く恐れを感じて見つめていた。

「…、真希ちゃん、おっきいのでちゅよ」
カラダを熱くするエッチな期待を込めておびえる少女を見おろす雄次は、真希の硬い表情にチョットおどけて言った。
「…、やだ」
雄次のふざけた声に思わずそう言って真希は顔を背けた。しかしあそこは熱い滴をどんどんあふれさせて下半身を熱くしていた。

「…」
真希の態度にややむっとした雄次は、横顔にそれを押しつけていた。押しつけられた頬がへこんで先端が食い込んでいた。真希はケモノの匂いを感じた。
「やだあっ」
逃げようとあとずさる真希の頭をつかんで前を向かせると、雄次は鼻息を荒くして赤い唇に先端を食い込ませた。

「歯を立てるなよ」
熱く昂ぶったそれをムリヤリ唇の間に押し込もうとする雄次に真希は口を開けた。
「ふあうっ…」
カワイイ口にそれがねじ込まれて思わず真希はこもった声を漏らした。両手を雄次の太ももに当ててカラダを支えていたが、男性的な筋肉の固さを手のひらに感じて胸がドキドキしてあそこが淫乱な血で熱くなるのを意識していた。

「…はう、んんっ」
熱く怒張したそれを半分ほど口に含んだ真希は、苦しそうにあえいでいた。息が苦しくてうめき声が出たがもうあそこはビショ濡れになっていた。

「…」
雄次がゆっくりと腰を前後に振り始めると
「…ふうっ、んんっ、ふはあ」
めいっぱい開けた口のハシからわずかにあえぎ声が漏れてくる。息子が出入りするのにあわせて、唾液があふれて真希の口の周りをネットリ濡らしていた。

「…ふんっ、ふっ」
腰の動きが激しくなって雄次の昂奮した荒い息が真希の頭の上で響いていた。
「…はうっ、ふうっ、んっ、ふっ」
最初はしょっぱかったそれに真希はかすかに苦さを感じていた。真希は苦しそうな顔に淫乱な表情を浮かべて雄次のされるがままになっていた。

「…はあ、立って」
雄次は真希の唾液で妖しく光るそれを取り出すと真希を立たせ、跳び箱に手をつかせておしりを突き出すようにさせた。
「…うん、ああ」
やっとまともに息が出来るようになった真希は、荒い息を吐いて跳び箱に寄りかかって雄次のやりたいようにされながら、次への淫らな期待に胸をドキドキさせていた。

「…」
真希の突き出したおしりのミニスカをめくりあげるとパンティを下ろした。おしりワレメの間にぬかるんだあそこが顔を出した。
「…、うっ」
雄次はあそこに先端を当てると、腰肉に指を食い込ませてイッキに奥まで突き立てた。

「ああっ、…」
熱くたぎったそれをあそこの奥まで感じて、それがカラダを貫いて口から出そうな錯覚を覚えた真希は頭を反らして口をめいっぱい開けた。股間を貫かれる熱い刺激に甘いあえぎ声を自然に漏れてくる真希だった。

「…はあ」
雄次はもだえる女体に覆い被さるとセーラー服の上から乳房を揉んだ。息子がぬかるんだあそこに包まれる気持ちよさをしばらく堪能していた。
「あっ、あ、はあ、ああっ」
勃起した乳首を刺激されて胸が熱くなる気がした。あそこの中で息子が熱い鼓動を打つのを感じたような気がした。内壁の粘膜は熱い滴をあふれさせていた。

「はあ、はあ」
雄次はゆっくりと腰を動かしはじめた。出入りする息子がくちゅくちゅとかすかに湿っぽい音を立てていた。
「…ああ、いい、ああ」
真希は熱くたぎったあそこを出入りする息子に淫乱な血を騒がせていた。確実に頂点に向かって登りはじめていた。

「…誰かいるのか」
突然体育館にデカイ声が響いた。体育教師の大山だった。

(34) 危機一髪につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:51:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/527-dc524666
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next