FC2ブログ

== 少女真希 ==

少女真希 (21) 快感に目覚める

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (21) 快感に目覚める

男子トイレの個室で真希は太一の息子に舌をはわせていた。

…、やだ、こわい、ああっ、おっきくなってくるうっ、…。
真希は震えながら太一の息子をぺろぺろと舐め続けた。次第にそれが大きくなっていくことが分かった。太一は美少女に息子を舐められる興奮で上気した顔を真希に向けると、
「ああ、…口に入れろ」
ご主人様きどりで命令した。

「…ううっ」
膨張した太一の息子は小さな真希の唇にはやっとくわえられる大きさだった。
「ひいっ、うぷっ、ふうう、うう…」
いやあっ、大きすぎる…、うわっ、痛いっ、ううっ、…。
なんとかそれをくわえる口の端がめりめりと音を立てている気がして真希は恐怖した。しかし先端のカリが口の中に収まると、あとは楽に挿入されていた。

「歯を立てるなよ、舌で舐めるんだ」
口いっぱいにほおばった息子にナントカ舌を動かそうとするが、真希にはどうしようもなかった。真希の様子を見て太一は息子を前後にゆっくり動かした。
いや、助けて、いっ、ああっ、…。
出入りする肉棒に引きずられて真希の唇がゆがんでいた。ふくれあがった息子をまとわりつく唾液が深紅の唇にしごかれて、めいっぱい広げた唇はグロスリップをしたようにテカテカ光っていた。

「…」
太一は美少女の顔が息子を出し入れでゆがむのに、倒錯した偏執的な喜びを感じていた。太一は息子がムズムズするのを感じて、真希の口から抜き去った。
「はーっ」
長い息が真希の唇から漏れた。

「立て」
太一が短く命令する。
ひっ、コワイ、でも、言うこと聞かないと、あの写真、…。
その言葉にびくっと体を震わせた真希はゆっくりと立ち上がった。淫らな写真を取られているので太一の言うとおりにするしかなかった。

真希をトイレの壁に押しつけるように立たせると、
「おまえはこうされると気持ちいいんだ」
スカートをまくり上げてお尻を丸出しにした。
「足を肩幅に開いて、尻を突き出せ」
太一が命令すると真希は素直に従った。太一の視線からもお尻のワレメの奥に大事な部分が見えた。

太一はゆっくりと膨張した息子を挿入した。今までの荒々しい刺激とは違ったゆっくりした挿入に
「あ、ああっ」
や…、ああっ、やだ…、なんで、気持ちいいの?…。
真希は愉楽の息を漏らしていた。

「気持ちいいんだろ」
太一は後ろからささやいた。真希は股間の中心部からわき起こる快感にその言葉を否定できなかった。太一はゆっくりと腰を前後させた。
「あっあっ?」
やっ、きもちいい…、だめ、ああ、ばかになりそう、…。
太一のジェントルな愛撫に真希はエッチな甘えた声を漏らした。

太一は右手を前に回すとミニスカをまくってワレメに指を忍ばせた。ゆっくりと指を進ませると突起に突き当たった。
「あっ」
あっ、だめっ、そこっ、いやっ、あんっ、ああっ、…。
敏感な部分を刺激された真希は、声を出して意志に反してカラダが感じていることを示していた。

太一はゆっくりと腰の前後運動を続けながら、突起を指の腹でこすって刺激し始めた。
「あっ、あっ、あっ」
いやっ、だめえ、かんじちゃ、だめえっ、…、あんっ、ああっ、いやっ、ああっ、…。
壁に頭を当ててうなだれる真希から、感じたときの甘い吐息が漏れる。
「誰か来たらどうするんだ、声を出すな」
真希の官能の吐息にニンマリした太一だったが、威圧的なドスの利いた低い声で命令した。

「…、や、いや、だめっ」
あっ、あんっ、ここ、男子トイレ、あうっ、ああっ、だった、やんっ、んっ、んんっ、…。
真希はそのセリフでピンクのモヤに染まった意識が晴れて男子トイレにいることを思いだした。卑劣な痴漢の変態に犯されて感じてしまっている自分が恥ずかしくていたまれなかった。

こんな状況でエッチな声を上げている自分を誰かに見られたら、と想像するのも恐ろしい。しかし続けられる股間の刺激で快感の波に意識が飲み込まれそうになる。口を固く閉じて声が出そうになるのをガマンしていた。

「…」
太一は真希が静かになったのをみて、腰の回転をスピードアップした。
「…うっ、ううっ、うああ」
あっ、やっ、だめっ、そんなに動かないでっ、あっ、きもちいいっ、やっ、だめっ、…。
変態痴漢男に犯されるあわれな真希は、二所責めで加えられる刺激に頭を壁にこすりつけて必死に耐えていた。

太一は左手をセーラー服の下に忍ばせると、やせた体に不釣り合いにふくらんだ胸を刺激しはじめた。二所責めをやっと耐えていた真希は胸の性感帯も刺激されて、
「ああ、ああ、いい」
あっ、だめっ、変になるっ、ばかになるっ、助けてっ、ああ、いいっ、きもちいいっ、…。
つい声を漏らした。三カ所から押し寄せる熱い波に真希の冷静な意識は消えて、すっかり快楽の中に溺れていた。その幼い顔には淫靡な笑みさえ浮かんでいた。

「そんなに気持ちいいのか」
太一は官能の喜びを浮かべた真希の顔をのぞき込んで冷ややかな声を浴びせた。真希は三所責めされる官能の刺激で快楽の渦中に突き落とされていた。

「…はあ、ああ、気持ち、ああ、いい、はあ、です」
いいっ、ああっ、きもちいいよおっ、んっ、あふっ、ふうっ、うあっ、ああっ、…。
幼い女体を官能の喜びで満たした真希は、あえぎ声に紛れて切なげな声で応えた。
「…そうか」
素直な真希に気をよくした太一は腰を前後させるのを早め、敏感な突起の皮をめくりあげて直接刺激を加えながら、手のひらいっぱいに乳房を包み込むと荒々しく揉み砕いた。

(22) 奴隷のおねだりにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:36:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/515-6c205824
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next