FC2ブログ

== 女子大生菜々子 ==

女子大生菜々子 (46) 千葉の乱心

裏ろま中男 作品リスト
女子大生菜々子 目次

女子大生菜々子 (46) 千葉の乱心

妄想に支配されたように千葉は菜々子の背中を顔で覆うと、震える舌を柔肌に這わせた。

「…!」
われに返って自らの行為に恐怖したが、どうにも止まらなかった。
…、ああ、…。
小心者の千葉はブルブルふるえながら、舌の先に感じる背中のつるつるした感触の魅力に囚われて、自らの変態行為を止めることが出来なかった。

…、はあ、…。
背中から立ち上る香りを鼻腔いっぱいに感じてウットリした。その吐息が菜々子の背中をかすかに刺激していた。股間はブリーフにテントをはっていた。

「…」
千葉は菜々子の様子をうかがったが、色っぽい寝息に合わせて背中が上下するだけで、目を覚ます気配は感じられない。
「はああ、ああ」
至近距離で菜々子のフェロモンをいっぱいに吸いこんだ千葉は、冷静さをなくして獣欲に支配されていた。
「あはあ」
ぺしょ、背中を舐めてみた。菜々子に変わった様子はない。

「ああ」
舌を背中からおしりに向かって進ませる。息子の先端はカウパーな汁で濡れていた。
「わああ」
背中のカーブが上り坂になって、その先のおしりの期待に千葉はドキドキした。
「はあ、ああ、はああ、ああ」
息がくるしくて口の中が乾燥する。舌がつけた唾液の線が、菜々子の背中からおしりに向かって、ナメクジが通った後のような痕跡を残していた。

「ふおっ…、おう」
おしりのワレメの初っ端に到達した舌先が、ぷるぷる震えた。
「はう、うっ、うう」
舌先をおしりのワレメに侵入させると、盛り上がる双臀とは別れを告げて谷間を下ってさらにその奥に舌を這わせていった。
「うおっ、おう、はあう、ああ」
舌先にこれまでと違う感触があった。そこはアナを中心に菊の文様にしわが寄っていた。

「うう、っつ、あああ」
股間は限界までふくらんでいた。
「…、うっ」
さらに舌を先に進めようとすると弾力のある尻タブが千葉の顔を圧迫した。しかし興奮で我を忘れた千葉はそれをかき分けて、なおも中心部に進もうとした。
「おおっ、」
お尻の穴の下に柔らかい肉をわずかにはみ出させたスジに到達した。千葉は豊満な太ももを両手で抱えると、顔をあそこに埋めていた。

あっ、…。
菜々子はお尻のアナのぬめっとした刺激で、背中がぞくぞくした。
ああ、…。
それに背骨の線がひんやりする。
えっ、…。
ぬめりは下に移動して、おしりのワレメに入り込んで尻タブを広げるとあそこのスジに移動していた。
ああっ、あんっ、…。
それは股間のスジをこじ開けようとジタバタする。

菜々子は太ももをつかまれた感触にビクッとなって、
「だれっ、…」
ほとんど無意識に叫んでいた。しっかりした声が部屋に響いた。

「…、ひっ」
千葉は必死にあそこのスジに舌を差し込んでいたが、その声に飛びあがった。
「ええ、あああ」
床に座り込むと、正座して頭をすりつけながら、
「すいません、すいません、…」
消えそうな声で謝っていた。

「…、ううん」
自らの声で夢から覚めた菜々子はぼんやりした頭で、床にぶるぶる震えるモノをベッドに伏せたまま眺めていた。それは白いブリーフと黒い靴下をはいていた。
男?、…!
部屋に誰かいる、寝ぼけてぼんやりした頭にそのことが浮かぶと、一瞬にして眠気が消し飛んだ。
「!!」
菜々子は恐怖に身をこわばらせていた。

「…、?」
恐怖で身動きできずに男を眺めていた菜々子だったが、スイマセン、とつぶやいているのが聞こえた。どうやら白ブリーフと黒靴下は土下座しているようだ。
「…」
男は体全体で震えていた。危険はなさそうだった。全裸の体にシーツを巻くと、
「あなた、誰…」
菜々子は聞いた。

「…、すいません、…」
菜々子の声がしたようだが、千葉は怖くて顔を上げられなかった。繰り返し、
「…すいません」
と言い続けていた。
これが公になったら会社もクビになって、それこそ首をくくることになるかもしれない、…。
そう思うとますます体が震えていた。

「顔を上げて」
菜々子は、床にはいつくばって動かない男に向かって、チョット語気を強めていった。
「ひいっ、」
千葉はその声の強い調子に、飛び上がると正座のまま背筋を伸ばした。
「…」
冴えないおじさんだった。まぶたをぎゅっとつぶってぶるぶる震えていた。頭はずいぶん薄いが、まだ40代だろう。
へなちょこおやじ、…。
という単語が菜々子の頭に浮かんだ。

やや安心した菜々子は
「あなた、誰」
ともう一度と聞いた。
「ああ、…スイマセン」
千葉は恐ろしくて、目を開けられなかった。自分がしてしまった犯罪が恐ろしくてたまらなかった。菜々子の声は聞こえていたが、とても応える余裕はなかった。

「…」
らちが明かないので、菜々子は巻いたシーツを胸の上でとめるとベッドからおりて、落ちているカバンをあけて名刺入れを取り出すと
「千葉二郎」
名刺に書かれた名前を読み上げた。

(47) 女神降臨につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:28:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/474-21cde9a5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next