FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (53)ノーパン女子大生は璃紗の大ファン

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (53)ノーパン女子大生は璃紗の大ファン

「ひっ…、のっ、呪われる…」
まだ璃紗を幽霊と信じ込むうっかりノーパン女子大生は、「呪ったりしない」というおどろおどろしいセリフに過剰反応し、柔らかい白いお股から飛び出した黒光りする亀部分に歯を立てた。

「ひいっ」
はうっ…、くっ…、はああ…、…これ、いいかも…。
純白キャミがほどんどはだけた裸同然の女体の後ろに隠れて、白いお股からコンニチワさせた褐色の亀部分をフェラさせる気持ちよさにニヤけていた細マッチョリーマン震堂は、甘噛みされて思わず仰け反った。しかしその新鮮な刺激にマゾヒスティックな悦びを得てまたニヤけた。
「は…、あれ?…、幽霊さん、いま男みたいな、声が?…」
亀さんを甘噛みしたという自覚のないうっかりノーパン女子大生は、ふいに広告看板裏の暗闇から聞こえた男の声を不思議に思って寄り目に見上げた。

「…、(おい、助けてくれ)」
璃紗をおちんちんがついたふたなりという特異体質に仕立て上げた震堂は、暗闇に隠れて存在しないことにしていた自分を、ノーパン女子大生が気づきそうになったのに焦ってまた璃紗に頼った。
「(わかりました…)、私、ふたなりだから、時々男みたいな声、出ちゃうの…、脅かしちゃって、ごめんなさい…」
震堂の考えていることをたちどころに理解する頭脳明晰で淫乱女に調教済み水泳選手は、亀さんを口に含んだまま不思議そうな上目遣いで見上げる彼女に、幽霊っぽい声を作って適当に話を合わせた。

「ふたなりって、そうなんですね…、はじめてのことばかりで、ビックリです」
ふたなりが男の声も出すというのは新奇な情報だった。新事実発覚に嬉しそうにうなずき、呪われる恐怖さえ忘れたうっかりなノーパン女子大生は、18禁同人誌にも書かれていない事実を自分が知っているという優越感が混じった感嘆の声を、再び漏らして満足そうだった。
「(おい、それそろ、ナマハメ、頼む)」
ノーパン女子大生が浮かれる様子から本番セックスに移行する気配はなかった。璃紗の背後から抱きついて手頃な乳房を手慰みに揉んで弄ぶ震堂が、次の段階を催促した。

「(…、はい)、…、あ、…、でしょ…、はじめてついでに…、私のバージンおちんちんのお願い、かなえて…」
固く突き出た乳首を二本の指でぞんざいに弄ばれる璃紗は、それと濡れ濡れの襞肉をビクビク痙攣する肉棒に刺激される快感でエッチな声が出てしまった。はしたない声の恥ずかしさを取り繕おうとしたのかやや上ずった声を幽霊に寄せ、うっかりノーパン女子大生に本番セックスを要求した。

「…、そうですね、わかりました…、その前に、お名前、聞いていいですか…、初めてのお相手の名前、知りたいです…」
完全に騙されているのだが、ふたなりの赤裸々な生態を知った気になってごきげんなうっかりさんは、可哀想な幽霊を成仏させるには初めての経験を捧げるしか無いと覚悟した。ただいくら興味津々のふたなり相手でも知らない人、しかも幽霊と初体験するのは自分がどうしても哀れに思えた。

「あ…、そうね…、私は璃紗…、遠藤璃紗よ…」
璃紗はもっともな申し出にうなずくと、偽名でもよかったのについうっかり本名を教えてしまった。
「えっ、遠藤さんですかっ、そうだっ、遠藤璃紗さんだっ、私、高校の頃からファンだったんですっ」
璃紗はノーパン女子大生を知らなかったが、彼女は知っていた。名の通った水泳大会でいくつかの記録を残した璃紗は、本人が自覚してないだけで実は有名人だった。顔を突っ込んでいた白いお股から突然伸び上がった彼女は、フンフンと鼻息を荒くして璃紗の顔を覗き込んだ。控えめなおっぱいを揉んでいた震堂は慌ててしゃがんで隠れた。

「やっぱり璃紗さんだっ、嬉しいっ、初めてのお相手が璃紗さんなら、本望ですうっ」
彼女は水泳選手遠藤璃紗の大ファンで、璃紗がふたなりだったという秘密を知った上で初めてを捧げる奇貨に出会った幸運をしみじみ噛み締めた。嬉しそうな純真な笑顔をほころばせる彼女は、純白キャミが着乱れた裸同然の女体にスリスリしがみついて懐いた。璃紗にしがみついてノーパンのおしりを突き出した股間に丸見えのアソコを、憧れの璃紗と初体験できるという期待でクチュクチュに濡らしていた。

女学生璃紗 (54)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:54:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4708-65504f6d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next