FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (50)Tバック女子大生の災難

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (50)Tバック女子大生の災難

「ううっ、ションベン、ションベンっ」
次の電車が到着してドアが開くと、寿司折りをぶら下げた酔っ払いの典型のようなオッサンがホームに降りてきた。

「くうう…」
オッサンは薄暗いホーム端の広告看板の前に立つと放尿を始めた。
「(声、出すな)」
純白キャミが乱れて裸同然の璃紗を看板裏でバックから突き上げて犯していた震堂は、お尻を突き出して抽送を受けていた璃紗を抱えあげ、口を押えた。
「う…、うう…」
モロ出しのオッパイごと抱え上げられた女体は、股間を愛棒に貫かれたまま足が浮き上がる。オシッコの跳ねが足元に飛んでくる。浮き上がった女体の押えられた口から苦しそうな息が漏れる。

「はああ…、へ?、おっ、おばけえっ」
下腹を攻める尿意から開放されてホッとした酔っぱらいオヤジは、暗がりから聞こえてくるくぐもった吐息を聞き、広告看板後ろの暗がりで宙に浮いてぶらぶらするハイヒールの白いナマ足を見て悲鳴を上げると、お土産の寿司折りを投げ出して逃げていった。暗がりで宙に浮く生足を幽霊と勘違いしたようだ。
「ひいっ、変態っ」
酔っ払いが逃げ出した先の階段あたりで若い女の悲鳴が上がる。恐怖に縮こまっていても社会の窓からモロ出しして恐怖に歪むオッサンの顔に、若い女性は決り文句を叫んだ。

「…、なんなの、こわかったあ…」
モロ出しのまま必死の形相で階段をバタバタ駆け上がった酔っぱらいを横目に見送った女性は、広告看板の前まで来るとしゃがんで何かを探しはじめた。
「…、このへんかな?」
梨沙を愛棒で貫いたまま抱え上げる震堂は、彼女を見下ろして様子を窺う。その声には聞き覚えがあった。1両前の電車から降りてきて、走り出す電車の旋風でTバックのお尻をサービスしてくれた女子大生だった。

「(あなたのパンティ、ちょうだい、って言え、おどろおどろしくな)」
マヌケなTバック女子大生にイタズラ心を出した震堂は、宙ぶらりんの璃紗の耳元で囁いて命令した。
「(え?…)、パンティ…、パンティ頂戴…、アナタが、今、履いているの、を…」
最初は意味不明だったが、璃紗は震堂のたくらみを理解すると幽霊のような声でつぶやいた。

「は?…、なに?…、なにか?…、ひいいっ」
濡れた股間を貫かれて持ち上げられる苦しさに切羽詰まった璃紗の声は思いの外、真に迫っていた。暗がりから聞こえてきた声に明らかに怯えるTバック女子大生は、広告看板裏の暗がりでぶらぶらする白いナマ足ハイヒールを見て、酔っぱらいのオッサンのように悲鳴を上げた。
「ゆ…、幽霊?…、あ…、足が、ある?…」
その場で腰を抜かして尻餅をついたTバック女子大生はM字開脚し、股間に食い込んだTバックパンティのわずかな生地に出来たシワをクッキリ見せていた。

「あ、あなた…、パ、パンティ…、履いてないの?…」
膝から上は暗くてよく見えないので濡れた根本を愛棒が貫いているのは見えないが、Tバック女子大生は震えながらコクコクうなずき、
「わ、わたし、ので…、いいの?…」
おどろおどろしい声の主がノーパンのまま列車事故に遭って亡くなった可愛そうな地縛霊だと勘違いして同情し、尻餅をついたままパンティを脱ぎだした。

「ちょうだい…、エッチなパンティ、欲しい」
Tバック女子大生の見事な騙されっぷりに楽しくなったのか、璃紗は調子に乗ってふざけた。裸同然の梨沙を抱える震堂も、笑いをこらえるのに必死だったが、笑いをこらえる璃紗のキュンキュンする膣に愛棒を締め付けられて暴発しないようにもこらえていた。
「は、はいっ、これっ…、エッチなパンティ、履いて、満足してえっ、それで成仏してくださいっ」
お漏らししたオシッコで若干湿ったパンティをあたふたして脱ぐと、畳んでから大げさに頭を下げて両手で差し出した。Tバック着用ではなくなったただのノーパン女子大生は、地面に正座してブルブル震えながら高くかかげた両手をすり合わせて拝んでいた。それを見下ろす璃紗と震堂はこみ上げる笑いをこらえてぷるぷる震えていた。

女学生璃紗 (51)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:51:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4705-16774f44
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next