FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (49)激しいバック挿入

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (49)激しいバック挿入

「お、おらあっ、ふんっ、ぐっ、くうっ」
い、いいっ…、バックも、いいぞおっ…。
薄暗いホームの広告看板裏で、璃紗をバックから責めあげる。駅弁ファックの射精快感がまだ冷めやらぬ細マッチョは、きれいな丸みを見せるお尻を抱えて、バックから突き上げる生挿入快感に唸りを上げる。

「は、あっ、ああっ、いいっ、もっとおっ…」
く、くるう…、い、いいのおっ…、
璃紗は後ろから激しく責められるマゾヒスティックな悦びに悶えた。駅弁ファックは璃紗の体重を支えながらの挿入で単調だったが、バックからの責めは璃紗の体重から開放された細マッチョの自由度が上がって挿入の勢いが一段とあがった。
いいっ、もっとおっ…、奥まで、してえっ…
子宮ナカ出しされた被虐快感にうずく女体は、激しい突き上げに忙しく前後に揺さぶられ、純白キャミが張り付いた汗まみれの女体が妖しく踊る。

「お、ほっ…、くっ…、このっ、淫乱があっ」
い、いいぞっ…、締まるうっ…、たまらんっ…。
駅弁ファックで思っきりナカ出し放出したが、女日照りで溜めた性欲はまだ大量の在庫を抱えていた。水泳で鍛えられた女体を忙しく出入りする愛棒は、ザーメンと愛液が混じった粘液をしきりにかき出して、璃紗のオシッコで湿ったモジャモジャの股間がお尻の柔らかい肉を叩く。細マッチョが腰を突き上げるたびに、ぬちゅちゅぶぱんっぱんっと湿った卑猥な音が響く。

「ひいっ、いっ、いくうっ…、またあっ、いっちゃうっ…」
あ、あたる、そこ、いいのおっ…、ああっ、また、私…、いくうっ、いっちゃうのおっ…。
とどまることのない抽送を懸命に受け止めて快楽を貪る女体は、看板裏に当てた手をプルプル震わせて突っ張り、太い肉茎が出入りするアソコをビショビショの洪水状態にしてお尻を突き出していた。

「んっ、こ、このおっ、そんなに、いいかあっ…」
くうっ、絡んで、くる…、はああっ、吸い取られる…。
愛棒を引き出すたびに、アソコのやらかい肉が引き出されて幹に絡みつく。下の口でフェラされる錯覚を覚える細マッチョは、すぐに放出して種付けしたい生殖本能あらがって、璃紗をもっとよがらせて悶えさせたい加虐衝動に狂って、荒い吐息にまみれて激しく腰を振り続けた。

「あっ、あっ、い、いっちゃ、ううっ…」
きた、ああっ、またっ、いく、ああっ、いいっ…。
エクスタシーに達した女体は、星空を見上げるように反り上がった。連続して襲われる快感に耐えきれないように、体液を垂れ流したアヘ顔が苦しそうに歪む。よだれを垂らした唇がプルプル震え、激しく責められる被虐快感の悲鳴を上げた。

女学生璃紗 (50)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:48:47 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4704-639982c0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next