FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (48)絶品なお掃除フェラ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (48)絶品なお掃除フェラ

「おっ…、くはう…」
い、いい…、出…、出た…。
エクスタシーの頂点で悶え狂う汗まみれの女体をきつく抱きしめ、女日照りの日々に溜め込んだ大量のザーメンを膣奥の子宮に注ぎ込んだ震堂は、射精快感にうっとりした間抜け面を晒していた。

「あ、ああん…」
え…、あ、落ちる…、落ちちゃう…。
放出後に弛緩した細マッチョの腕から力が抜ける。尻肌に密着した手の平の支えを失った璃紗は、汗まみれの女体を擦り付けるようにしてずるずると地面に落ちていった。
「あ…、ああ…」
や…、ああっ、出ちゃう…。
デカマラという栓が抜けた下の口から白濁液が漏れる。子宮からあふれた精液が膣粘膜を伝って下がっていく感じに、自然にいやらしい声が漏れる。

「あ、ごめんなさい…」
…、あ、かわいく、なって…、やだ、私の…。
ホームの広告看板裏で尻餅をついた璃紗は、目の前にある粘液まみれの半立ちチンポと、根本のモジャモジャがオシッコに濡れているのを目にした。感じすぎて失禁してしまったそれが、急に恥ずかしくなった。
キレイに、しないと…。
口を広げてモジャモジャを口に含むと、滴る液体をこそげ取る。同時にだらんとした幹に舌をはわせて体液の粘り気を舐め取る。

「んっ…、こ、これは…」
は、おおっ?…、くうう…、
モジャモジャが唇で引っ張られる痛かゆい感じに玉袋の裏がゾクゾクした。震堂は経験したことのない後戯の快感にのけぞった。
コイツ、本物の、淫乱…、だ…。
同時にツバでネチョネチョの舌先でサオがネットリ舐め上げられる。だらんとした愛棒がまた元気になってくる。

「はあ…、ああん…」
やだ、嬉しい…、また…、して、くれるの…。
下向きだった肉茎が徐々に鎌首をもたげる。チンゲにへばりついたオシッコを唇でこそげ取っていた璃紗は、頬に食い込む硬直したサオになんだか嬉しくなった。
はああ、もっと、私を…、よくして…。
チンゲから口を離すと、血管が浮いたサオを横から舐めはじめた。玉袋のシワから先端に向かって、舌をはわせる。

「くっ…、う、まい…」
おっ…、コイツ…、オレのチンポが、そんなにうまいのか…。
根本からカリ根に到着した先端が、そこに溜まった半濁液を丁寧に舐め取る。電流が流れたような快感に背筋がビリっとした。

「あっ、あうんっ…」
へ?…、あんっ…。
愛棒がしびれる気持ちいいフェラに生殖本能がまた湧き上がる。ケダモノじみた欲望に支配された震堂は、地面に座り込んだ女体を抱え上げた。

「あ…、ひっ…、あっ…、またっ、ああっ…」
え?…、ひいっ…、お尻いっ…、あっ、ああっ…、
広告看板の裏に手をつかせると、お尻に付いた土を払った。パンっと音を立てたお尻に、ソフトSMされた気分の璃紗は、すぐにバックから突入してきた固い肉茎に悲鳴を上げた。
あっ、あたるうっ…、いいっ、もっとおっ…。
愛液とザーメンの潤滑油で十分濡れた膣粘膜は乱暴は突入をあっさり受け入れる。膣の最深部を突き上げられる快感で悶える女体は、だらしないアヘ顔に苦しそう笑みを浮かべ、純白ミニキャミが張り付いた女体を淫らにのけぞらせた。

女学生璃紗 (49)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:57:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4703-354c3e32
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next