FC2ブログ

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (17)変態リクエスト

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (17)変態リクエスト

「…、それから、足を広げてください」
要求以上にサービスをしてくれる美羽に崇雄はのぼせた。美羽のアソコは渡り廊下や階段で至近距離から窒息するまで見たが、面と向かって観察要求するのは思った以上にドキドキする。

「え?…、恥ずかしい、です…」
純白ミニスカが太ももの根本までまくれあがっているので、足を広げたら確実に股間が丸出しになる。しかもノーパンだ。さすがにそれはできないようで恥ずかしそうだ。
「でも、言われたとおりにしますって、言っちゃったし…、はい、これでいいですか?」
しかし案外あっさり受け入れて御開帳した。薄い縮れ毛の茂みからスジがくっきり見える。恥ずかしそうな笑顔の美羽は、それでもまくれ上がったミニスカを戻さなかった。

「んっ…、ち、近くで、見ても、いいですか?」
(マジ、か…、可愛い顔して、露出狂?…)
学業優秀で美人揃いと誉れ高い秀香蘭の3年生が、破廉恥ポーズを見せつける現実が夢のようだ。目の前に見る女性器はリアルだ。若い劣情がますます高ぶる。
「はい…、美羽はいま崇雄くんのモデルですから、好きなようにしてください…」
興奮して目を血走らせる新入部員の異様な雰囲気に気付いているはずなのに、美羽は穏やかな表情のまま素直に受け入れた。

「ん…、は、はああっ」
(すっ、すっげっ、丸見え…、濡れ濡れ…)
お許しが出たので、広がった太ももの間に顔を突っ込んで覗き込む。何も隠すものがない女性器を凝視するありえない状況にムラムラして息が荒くなる。
「あ、あん、息が…、くっ、くすぐったい、です」
興奮した鼻息が股間の媚肉をくすぐる。肘置きを強く握って心持ち体を反らして天井を見上げる美羽は笑い混じりのエッチな声を漏らし、柔らかそうな太ももの肌をプルプル揺らしていた。

「ぽ、ポーズを記録したいん、で…、しゃ、写真、いいですよね」
恥じらいに震える若い女体にのぼせて興奮の極致にあるエロ1年生は、返事を待たずにスマホを取り出した。
「ん、あ、ああ…、い、いいですけど…、ネットに上げるのは、だめです…、崇雄くんだけで、楽しんで、くださいね…」
またも美羽は恥ずかしい要求を受け入れた。エッチな吐息にまみれた恥ずかしそうな声は、写真の使用目的を理解している。崇雄のエロ要求に従って恥ずかしいポーズを続ける美羽は、広げた太ももが閉じられない恥ずかしさに頬を染めていた。

「もっ、もちろん、誰にも、見せませんっ」
(や、やった、今晩のオカズ、ゲットだっ…)
若い劣情に狂った1年生は、美人ぞろいの秀香蘭でもトップクラスの美少女が見せるいやらしいいポーズを撮りまくった。濡れた性器は接写モードにして何度もシャッターを押した。本番生挿入が目的だったはずが、今はナマの女性器をスマホのメモリに納めることに熱中した。

(18)裸婦デッサンにつづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:28 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4688-cc1e0edf
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next