FC2ブログ

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (15)こんどこそ本番?

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (15)こんどこそ本番?

「ふぇあっ、んっ、ふふぇっ、ふぁあんっ」
崇雄の頭を抱えて裸の股間にグイグイ押し付けて悶えていた美羽は、唐突に甲高いロリ声悲鳴を上げると床に倒れて大の字にぐったりした。

「あっ、はあっ、はあっはあっ…」
鼻と口に密着したマン圧で窒息寸前だった崇雄は、桃色昇天する前に開放されてフラフラと立ち上る。鼻を中心に顔がヌルヌルした汁で濡れている。ハアハア息を荒げて酸素補給する。息を荒げたまま見下ろすと、ミニスカがまくれ上がった両足を広げて濡れた股間を丸出しにした、純白セーラーの女体が横たわっていた。

「部長?…、大丈夫、ですか…」
横にしゃがんで顔を覗き込んだが目を覚ます様子はない。すぐ近くで見ると目を閉じた美羽は筆舌に尽くしがたい美しさだ。視線の端に広げたみずみずしい太ももと裸の股間がある。若い劣情がまたぞろ湧き上がってくる。
(…、これは、人工呼吸しなくちゃ、だよな…)
目を閉じた美しい丸顔にのぼせた崇雄は、かすかにスキマを見せるプックリ唇を凝視した。またも心臓マッサージが必要だと自分に言い聞かせると、純白セーラーの胸をつっぱらせる膨らみにおずおずと手を伸ばした。

(ふああ、いいっ、気持ち、いいっ…)
渡り廊下の再現だった。ミニスカがまくれ上がった股間にまたがると、剥き出しの愛棒を裸の股間に押し付ける。純白セーラーをズリあげるとブラが外れたEカップ巨乳の固くなった先端がピコンと立ち上がる。
(はあっ、この感触…)
中途半端にズリ上げたセーラー服に圧迫されてひしゃげたオッパイを両手で揉む。幸せだ。指先に吸い付くような湿ったツルツルした感触に、顔が自然と緩んでくる。勝手に踊りだす腰が、愛棒を濡れたスジに擦り付ける。極楽気分でますます腰の動きが早まる。

(人工呼吸だ…)
崇雄は誰かに見られる心配のない美術部という閉鎖空間での変態行為にのぼせた。扇情的なスキマを見せる唇に引き寄せられて吸い付こうとする。
「あ…、あれ?…」
ツヤツヤしたプックリ唇にフンフンと興奮した鼻息を鳴らしてひょっとこ口を突き出すと、不意に彼女が目を覚ました。
「あうっ」
不安げな視線が揺れるのに慌ててのけぞった崇雄は、そのままうしろにそっくり返って尻餅をついた。

「?…、誰ですか?…」
ガニ股にそっくり返った崇雄は股間のモロ出し愛棒にも気が回らず、呆然とした表情で見つめる。美羽はつかの間不思議そうな表情を見せてから、
「あ、入部届でしたね」
納得したように手に持つ入部届を差し出した。気持ちよくなるとロリ声が出てしまうワンレン黒髪部長は、ついさっきまでいやらしい喘ぎ声を上げて悶えた痴態を全く憶えてないふりをする。
「それ、しまってくださいね」
M字開脚していた自分の姿に動揺すること無くスカートを股の間に押し込んで隠し、崇雄の愛棒を仕舞うようにニッコリ笑った。

「あ、はい…」
帰宅部の崇雄は部活動する気はなかったが、勧められるまま椅子に座ると、なしくずしに入部届に名前を書いた。肩越しに覗き込んでくる美羽の黒髪が頬をなでてくるのにゾクゾクして、また愛棒がムクムクと鎌首をもたげてくる。

(16)エッチなポーズ要求につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:03:17 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4686-61442a4a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next