FC2ブログ

== 秀香蘭高校美術部 ==

秀香蘭高校美術部 (5)顔面騎乗位でクンニ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校美術部 目次

秀香蘭高校美術部 (5)顔面騎乗位でクンニ

「あ、あの…」
ノーパン黒髪美少女とシックスナインの体勢で折り重なった崇雄は、無意識にしっとりした尻肌の気持ちいい感触をまさぐりながら、学校での非常識な破廉恥行為に気が引けて声をかけた。

「あ…、はあ、はい…」
ズボンを隆起させる固いモッコリに頬を押される彼女は、苦しそうな吐息混じりに応えた。
「あの、はあ…、起きて…、うふあ…、くれますか…」
ありえないラッキースケベで裸の股間に顔を突っ込んだ崇雄は、咎められない程度のソフトタッチで鼻や口を擦り付けて女性器を愛撫していたが、彼女に移動するように促した。
「ああ…、はい、そう、ああん、ですね…」
女の子の大事な部分を口や舌で刺激される彼女は一応返事をしたが、Eカップ巨乳が快感に波打つ上半身を起こす様子がなかった。
「あの、だ、大丈夫、ですか?」
仰向けの崇雄は脱力して柔らかい女体の前面にのしかかられている。いつまでもこうして気持ちいい女体を感じていたい欲求があるが、誰かに見られる心配のほうが強く、ウエストに手を回して起き上がらせようとする。

「あ、あ、ああん…」
純白ミニスカが食い込んだウエストに入り込んだ手が、腹部のナマ肌をたどって上がっていく。柔らかいしっとり肌の感触にますます股間が熱くなる。性的衝動がこもった触り方によがる彼女は、切羽包まった艶めかしい吐息を漏らす。ゆっくりと侵入する手は指先がブラカップの下乳部分に当たった。
「お、おお…」
指先に触れた弾ける感触に思わず声が漏れる。崇雄の体で潰れたFカップ巨乳は、いやらしい指先を拒絶するようにしっかりした弾力で押し返す。
「ん、あん、ん…」
下乳弄りする両手に押し上げられて、上半身がゆっくり起き上がる。顔面騎乗位に移行する女体は、ネトっとした汁で湿った女性器に食い込んでくる鼻先の刺激に切なげな吐息を漏らした。

「お…、ふあっ、くうう…」
起き上がる上半身に連動して女性器が下がってくる。濡れたスジに食い込んだ鼻先はアソコの入り口に移動し、口が性器の前端部分に当たる。モジャ毛から開放された口を開けると、硬く突起した小さな部分が舌先に当たった。
「あっ…、ん、んんっ」
一番感じる部分を偶然クンニされて、彼女は大きくのけぞると苦しそうな喘ぎ声をあげた。ピュッと溢れた汁が鼻をベトベトに濡らす。

「う…、くうう…、ぺろぺしょ…」
のけぞって上半身を反らした純白セーラー女体は顔面騎乗位に移行した。女の子座りで顔を太ももで挟み、濡れたアソコを鼻と口に押し付けた。起き上がった上半身を支えて、下乳を手の平で包み込んだ崇雄は、本能に任せて濡れたスジを舐め回した。

「あ、あ、ああっ」
本気のクンニで与えられる性的快感に翻弄される女体は、学校内であることを忘れたように切羽詰まった嬌声を上げ、汗が滲んだ腰を妖しく踊らせた。

(6)渡り廊下でイカすにつづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:02:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4676-676f1b24
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next