FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(61)指マンに濡れる静佳

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(61)指マンに濡れる静佳

「壁になって、隠して」
プールの隅でバック挿入される水泳部顧問結衣は、一緒にいた新人部員静佳に女体で目隠しする役目を与えた。

「お、おお…」
(くうう…、やばい、イキそう…、コイツ…、また睨んでやがる…)
秀香蘭イチのセクシーボディを誇る結衣へのナマ挿入はいつ暴発してもおかしくない。下半身が蕩けそうな快感に意識が飛びそうになる。スリムな女体を盾にして他のクラスメイトの視線を遮る役目を果たす静佳が、緩んだ表情でウットリするミナヲを潤んだ目でまた睨みつけた。
(マコは…、怒ってないよな…)
マコは静佳の横でいつもの無表情だ。静佳のマネをして盾になっているつもりかもしれないが、メガネなしメガネっ娘はつまらなさそうにミナヲたち3人を眺めている。
(触ってやれ…)
静佳の使用済みパンティから発散する若いフェロモンに酔って、変態パンティ仮面に変身したときの興奮が蘇る。暴発しないように慎重に腰を振ってバック挿入を繰り返すミナヲは、すぐ横に立つスリムボディに手を伸ばして股間をまさぐった。

「やっ…」
朝の下駄箱に続いてプールでも痴漢行為を受けた学級委員は、予想外だったのかカワイイ悲鳴を上げた。
「静佳、静かに」
自ら腰を振って後ろからズコズコされる快感を楽しむ結衣が、小さいが威圧的な声で牽制する。秀香蘭水泳部の競泳水着は胸の下まで下げられ、水面下にかろうじて沈んだ豊乳がタプタプ波を立てていた。
「…、すいません」
顧問に絶対服従する新人部員は悔しそうな涙目でミナヲをチラ見したが、股間を弄られるのを我慢して口をつぐんだ。

(…、濡れてやがる、コイツ、ムッツリだ…)
いつもツンケンしていた静佳が無抵抗に服従する様子に、サディステックな感情が昂ぶる。教室で漁った使用済みパンティもネットリしたおツユで濡れていたが、水泳部競泳水着で締め付けられた女体もアソコのスジがネットリ濡れている。
(イカせてやる…)
スリムボディの反応に気を良くした変態パンティ仮面は、ヌルヌルした切れ目に指を挿し込んだ。

「ああっ…、(すいません)」
本格的な指マンにビクッと震えた静佳が小さく悲鳴を漏らす。いやらしい響きが混じってる。ゆっくりした挿入に不満気味な結衣がチラ見すると、申し訳なさそうに顔を伏せた。
(うひひ…、いい気味…)
入学以来高圧的な静佳に見下されてきたが、結衣を味方につけたことで立場が逆転した。いやらしいことをされても抵抗できない静佳の悔しそうな半泣き顔に倒錯興奮が熱くなる。

(うはは、楽しっ…、もっと濡らしやる…、淫乱学級委員…)
水中指挿入でクチュクチュされる静佳は、小刻みに震えて嗚咽しているようだ。指にまとわりつくヌルヌルに上機嫌のミナヲは、暴発しないように注意してバック挿入を続けながら、スリム学級委員をもっと泣かせてやろうと萌えていた。

秀香蘭高校放送部(62)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:09:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4658-d28e4c1f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next