FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(52)昇天

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(52)昇天

「いっ…、いくうっ…」
白目を剥いたアヘ顔をのけぞらせると女体が反って跳ねる。二本指が挿入された亀裂のスキマからブシュッと音を立て、ネットリした汁が飛び散る。

「はっ、ははっ、はっ、はあっ」
(やっ、やって、やった…、とどめだっ…)
肉体美を誇る体育教師を血祭りにあげて、潮吹きを見た興奮で荒く息が弾む。絶頂快感で痙攣する女体を見下ろて覆いかぶさると、ここぞとばかりナマ挿入した。

「あ、だ、だめ、ま、また、い、いっちゃううっ」
絶頂直後の女体は格別に鋭敏になっていた。ビンビンの愛棒で膣粘膜が引き裂けそうな被虐快感を最大限の快感に感じ、苦しそうに悶える。水泳部顧問は頭の中で連続して花火が破裂するような快感に襲われ、中小のエクスタシーに襲われ続けた。
「んっ、くっ…、ううっ、くおおっ」
(ま、まだだっ、また、イカせるまで、くうっ、ガマン、だっ…)
絶頂直後の膣は愛液まみれでキュンキュン締め付けてくる。ミナヲはここが攻めどころと抽送を繰り返す。ネットリした飛沫を飛ばす愛棒にタコの足が何本も絡みついて無数の吸盤が張り付く。そんな錯覚を覚えるほどの挿入快感に襲われる。タコ足マンコのネットリした締め付けに音を上げそうになるが、頑張って腰を振った。

「や、あ、ひいっ、あっ、ああっ…、い、いく、イッちゃううっ…」
脳天がしびれる快感に耐えながら激しい抽送を繰り返す。切れ切れの喘ぎ声に悶えまくる結衣がぎゅっと抱きついてきた。次の瞬間膣がキツく収縮して子宮が降りてきた。肉棒を咥えこんだ膣口がギュッと締まり、すぐに弛緩してビュチュッと大量の愛液を放出した。

「うっ…、く、うう…」
(き、きつっ…、くううっ、出るううっ…)
子宮口の分厚い唇がカリを頬張り、タコ吸盤膣粘膜がサオに貼り付いて締め付ける。膣口の括約筋が痙攣して根本を圧迫して、尿道をこみ上げる熱い奔流を止めた。すぐに膣口括約筋が緩み、裏スジがビクビク震え、子宮口の唇に咥えられたカリからドロッとした白濁液が噴出した。

秀香蘭高校放送部(53)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:27:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4649-3a20b67e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next