FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(42)SM調教される英梨

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(42)SM調教される英梨

「はうう…、先生来るぞ、いそげ」
(…、あ、やべっ、遅れる…)
お口の奉仕がうまくなったマコに精飲までのフルコースをさせて幸せな時間のピリオドを打ったミナヲは、お掃除フェラもそこそこに股間にすがるマコを突き放すと脱ぎ捨てたズボンを急いで履いた。

「ん…」
使用済みパンティをパクってポケットに入れるミナヲを無表情に見るマコは、ウエットティッシュでヌルヌル股間の処理をしていた。
「ほらっ、いそげっ」
(いつまでも、股、触ってんじゃねえっ…)
オマタのお掃除をするマコの手を取って個室を出た。引っ張られた勢いで純白プリーツスカートがめくれ上がったので、マコはお尻を押さえた。
(やばっ、来たっ…)
手洗いもそこそこにトイレを出ると向こうから英梨が来るのが見えた。教室の後ろから入るのと英梨が前から入るのは、ほぼ同時だった。

(んっ、なんだ?…)
席につくのと同時にメールの着信音がした。学級委員の静佳をはじめとする女子たちの冷たい視線を一斉に受け、いたたまれなくて顔を伏せた。
「ケータイは電源OFFね」
教卓に立つ英梨の声がした。
「…、すいません…」
クラスメイトの冷たい視線とは対象的な英梨のカワイイ笑顔だった。タダシと一緒だった通学バスでは表情が暗かっただけに、救われた気がして気分は急上昇だ。
(なに、これ?…、『いいもん』って、これのこと?…)
ホクホク笑顔のミナヲは隠れてマナーモードにするとメールを見た。タダシからだった。本文には英数字が羅列されたURLとIDとパスワードがあるだけで、なんの説明もない。別れ際にタダシが思わせぶりな笑顔で言ったセリフが頭に浮かんだ。
(?…、あれっ…、ああ、入力するのか…)
リンクにアクセスすると画面が真っ黒になった。エラーかと思ったが、スクロールしたらログインIDとパスワードの入力ボックスが出てきた。

「えっ…」
(…、調教日記?…、SM調教?…、エリって、英梨先生のこと、だよな…)
ログインに成功して表示された画面につい声が漏れた。また学級委員の静佳に睨まれたが、そんなことはどうでもよかった。「淫乱教師エリのエロ動画」というタイトルの下に、「エリの調教日記 (日付)」という動画リンクが延々と続いていた。
(タダシくんだ…、英梨、先生?…、裸?、ボンテージ?…)
最初のリンクにアクセスすると、タダシが一瞬映ってからほぼ裸の英梨が洋式便器に座って脂汗を垂らしていた。SMチックな光沢のある黒ラバー製拘束着が成熟した肉体に食い込み、乳首が飛び出した乳房がいびつなシェイプをみせていた。

(…、タダシくんが、ご主人様?…、性奴隷と、ご主人様…)
拘束されて大股開きする股間は性器が丸見えで、愛液で濡れたスジからはみ出た花ビラが妖しくテカっている。昨日まで憧れだった美人教師のあられもない姿に、愛棒は即巨大化した。「ご主人様、許してください」という声がかすかに聞こえる。「我慢出来ないのか」という怒声がして、悲鳴のような泣き声ともにビチャッビチャッと水が弾ける音がした。

(…、スカトロ調教?…)
タダシが「このクソタレっ」と罵倒する声、英梨の「お許しください」という喘ぎ声混じりの泣き声。カメラはラバー拘束着で締め付けられた裸体を舐めてから、便器の水面に浮かぶ固形物を映した。すぐにウンコだとわかった。

(…、英梨先生は、イジメられるのが好きな、マゾ女…)
スベスベしたナマ尻の感触を味わった通学バスで、英梨が痴漢に濡れる淫乱女なのだと確信したが、この動画はもう疑う余地のない決定的証拠だった。SMチックな変態衣装を着て、奴隷調教されるのが好きな淫乱教師だという証拠だ。ミナヲは教卓でカワイイ笑顔を見せる英梨と、動画の中で淫乱な表情でのけぞる英梨を交互に見比べる。愛棒はギンギンに勃起し、先端がカウパーでネチョネチョに濡れていた。

秀香蘭高校放送部(43)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:52:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4639-8864e025
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next