FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(28)バックからナカ出し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(28)バックからナカ出し

「う…、この、尻、あげろっ…」
(イッた?…、まだ、イッてないぞっ…)
生本番の快感に襲われた女体は黒髪を振り乱してのけ反った。が、すぐにグッタリして布団に倒れ込んだ。まだ射精してないミナヲは、布団に突っ伏した女体のお尻を抱え上げるとすぐに抽送を再開した。

「や…、ああっ、お願い、はあ、休ませて…」
布団にうつ伏せになってお尻だけ突き上げたポーズを取らされるマリコは、変わらぬどころかますます勢いを増して勃起チンポを突き刺してくる元気な「夫」に悲鳴を上げる。
「まだだっ…」
(もう一回、ヤルまでっ…)
グッタリと布団に顔を埋めて弱音を吐くマリコを無視して、抱えたお尻に腰をぶつけ続けた。食べ頃に熟した桃尻の弾力が腰の上下をサポートし、余計に勢いが止まらなかった。

「あ、壊れちゃううっ、ああっ、死んじゃううっ…」
脱童貞したばかりの若い性欲に翻弄される中年にさしかかった熟女体は、お尻を突き上げるポーズをとるのが精一杯だった。固く反り上がる肉棒がかき出したザーメン混じりの愛液でお尻のワレメは、ヌルヌルにビショ濡れだった。
「んっ、まだまだだっ」
(うっ、もうちょっとだから、このっ、しゃんとしろっ…)
激しい抽送を繰り返して荒い吐息にまみれるミナヲは、生殖本能で子種をナマ注入することしか頭になかった。時折思い出したように股ヂカラを込めて締め付けてくる快感を追い求めるように、抽送を繰り替えるエロガキは、汗を吹き出す全身をこわばらせながら抽送を続けた。

「あ、ああっ、だめ…、い、イッちゃ、ううっ…」
布団に顔を埋めたままのマリコはまた絶頂に達した。背中を向けているのでアヘ顔を見られなかったが、三白眼の白目を剥いて天井を仰ぐ未亡人は唇のハシから泡混じりのヨダレを垂らしていた。
「んっ、くっ…」
(き、キタあっ…)
絶頂を迎えた熟れ頃女体は昇天する断末魔の悲鳴とともに膣をキツく締め付けた。最大で9メートルを超えると言われるミズダコの吸盤足で締め付けられた気がしたミナヲは、思い切り腰を押し付けると子宮口の分厚い唇をカリで突き破った。

「ううっ、おっ、くううっ…」
(くっ、締まるっ…、う、くうっ…、で、出たあ…)
絶頂快感に意識をなくした女体は、置き土産に膣口と子宮口の肉厚唇でサオとカリを膣痙攣に近い締め付けを与えた。それでも桃尻にしがみついて無理やり突き上げをしたミナヲは、あっけなく裏スジが痺れる感覚に襲われて子宮でザーメンを吹き出した。二度目の子宮内射精を経験して完全に脱童貞したミナヲは、ドクドクと脈動する愛棒から受ける絶頂快感に恍惚とし、汗まみれの顔に満足げなだらしない笑いを浮かべていた。

秀香蘭高校放送部(29)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:54:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4625-123bff10
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next