FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(26)魅惑の熟女体

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(26)魅惑の熟女体

「あっ、ああっ…」
正常位に組み敷かれたマリコは、いきなり膣の深いところまで挿入されて悲鳴のようなあえぎ声を上げてのけ反ったが、もっと深い挿入を促すように太ももを緩めて足を広げた。

「んっ…」
(あ、当たる?…)
ビチュッと音がして根本まで押し付けられた外性器のヌルヌルビラビラが広がり、膣は勢いづいて突入してくる肉茎を深く受け入れた。腰を強く押し出したミナヲは鈴口が膣奥にぶつかるのを感じたが、すぐにはそれが外子宮口の分厚い唇に食い込んだ感触だとはわからなかった。
「ひああっ…」
2回目の挿入で子宮口をこじ開けられた熟女体は、腰を浮かせてのけぞり白目を剥いた。喘ぎ声を上げた唇から唾液を含んだ汁気が飛び散り、ギュッと閉じた目尻から大粒の涙がこぼれた。
「ふっ、んっ、うはっ…」
(もう一回っ…、くううっ、吸い付くうっ…)
子宮口の唇に初キッスした愛棒を一旦カリまで引き抜くと、もう一度深くまで挿入した。カリやサオにまとわりつく膣粘膜が、タコの吸盤のように吸い付いて強制射精を誘う。

「あ、んっ、美那雄さん、はあっ、すごっ、いいっ…」
膣最奥まで突き上げる激しい挿入にのけ反って、布団に広がった黒髪を妖しく揺らすマリコだった。平らに潰れた乳房が波立って、突き出した乳首が上下に浮き沈みする。
「うっ、くっ…」
(す、げえっ…、気持ちいいっ…)
妖しく悶える熟女体のフェロモンに昂ぶるミナヲは全身に汗を滲ませて激しく腰を振った。血管が浮きでたサオが出入りするたびにビジュビジュと愛液が絞り出される音がして、頭の芯まで痺れる快感に襲われる。
「あっ、はっ、美那雄、ああっ、さあんっ…」
布団の柔らかい厚みに沈み込むのを繰り返す女体は、膣奥の子宮入り口を突き破られる被虐色情に悶え、苦しそうに眉間にシワをよせるアヘ顔を左右に揺らす。

「んっ、お、くうっ…」
(くう…、やべ、出そう…、くそっ…)
妖しいフェロモンを漂わす女体にしがみついて、本能のままに腰を振るミナヲだった。肛門に続く鼠径部に軽い痺れが何度も走って油断したら暴発しそうだったが、熟女体が発散する妖しい誘惑にますます激しくグラインドした。
「ああ、美那雄、さんっ、はあっ、してっ、あっ、んっ、ナカで、はああっ、してえっ…」
激しい挿入に熟肉が波立つ艶腰は、そのリズムに合わせて左右に振られた。童貞のミナヲよりも性経験豊富なマリコは意識的に膣口に力を入れてサオを締め付け、突入してくる鈴口からカリ根に膣粘膜を吸着させる。比べる対象がないのでミナヲにはわからなかったが、マリコは正真正銘の名器だった。

「う、く、このっ、おっ…」
(やべ…、ううっ、本当に…、くっ、イクっ…)
早漏と思われたくない童貞のつまらないプライドだったが、なんとか長続きさせようとする気持ちはあえなく潰えた。気持ちとは裏腹にがむしゃらに愛棒を突き立てる腰の動きに、蕩けるような女体の快感を味わって我慢できなくなり、愛棒は限界を迎えた。尿道に熱いこみ上げを感じたミナヲは、濡れ濡れ外性器に股間を強く押し付けてビチョっと大きな音をたてると、射精快感にアゴを突き出してのけ反った。

秀香蘭高校放送部(27)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:08:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4623-9257b9a0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next