FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(25)新婚初夜気分で脱童貞

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(25)新婚初夜気分で脱童貞

「ああん、美那雄さん、待ってえ…」
押し入れから布団を出すマリコに、本番脱童貞を妄想して鼻息荒く欲情するミナヲが背後から抱きついた。カウパー汁でネチョネチョの先端を桃尻素肌に押し付けられた裸族ママは、嬉しそうに甘えた声を漏らした。
「ん、うん…」
(いよいよだ…)
マコの口やマリコのスマタで4回以上発射した愛棒は、惚れ惚れするほど絶倫だった。衰える様子を全く見せずビンビンに反り上がり、熟れた桃尻の柔らかく薄い表皮に食い込んでいた。

「美那雄さん、よろしくお願いします…」
布団を敷き終えたマリコは艶かしい食べ頃裸体をムッチリ折り曲げて正座すると、三つ指ついて頭を下げた。
「あ…、は、はい、よろしくお願いします」
丸まった女体の肩から垂れる黒髪の艶めかしさに見とれて一瞬口ごもったミナヲは、慌ててマリコの前に正座すると頭を下げた。
「…、うふふ、新婚の時…、みたいですね」
顔を上げたマリコはあたふたするミナヲに楽しそうに笑うと、上目遣いに甘えた視線を向けてしなだれかかり、火照った女体を預けてきた。

「あ、ああ…、はい…」
(新婚、初夜?…、たしかに…、とうとうオレも…)
秀香蘭入学前に切望したエロエロ酒池肉林実現に浮かれていたミナヲだったが、これから童貞を捨てるのかと思うと柄にもなくおセンチな気持ちになった。しかしケダモノの本能に昂ぶる若い肉体は寄り掛かる女体の感触を楽しんで撫で回していた。
「…、美那雄さん、きて…」
いやらしく触りまくる手からするりと抜けたマリコは、布団に潜り込んで端っこを持ち上げると甘えた声で誘ってきた。
「は、はい…」
(…、エロい…)
大人の艶顔に見つめられて一瞬気後れしたミナヲだったが、吸い寄せられるように愛棒を突き出した腰から布団に侵入し、温かく湿った女体に抱きついた。
「はああ…、美那雄さん…」
強いグリップで肩を掴まれた女体は、自ら手を差し出して熱くたぎる肉茎をヌルヌルの股間に誘ってきた。

「んっ…」
(え…、挿った?…)
優しい指先で誘われた愛棒はあっさり膣口に突入した。
「はあ…」
(ああ…、これが、セックス…)
温かくヌルついた愛液で潤った膣粘膜に愛棒を包み込まれる快感に恍惚としたミナヲは、脱童貞の感慨に浸って小さく嘆息した。
「美那雄さん…、して…」
赤みを帯びた頬にかすかに汗を滲ませた艶めかしい笑顔が抽送を促してくる。布団に扁平に変形して垂れた食べ頃美乳の先端が突き出して、ミナヲの薄い胸板をくすぐって刺激していた。

「んっ…、おっ…」
(い、いくぞっ…、あっ、あったかい…)
吸い込まれそうな妖しいエロ顔を見つめてゴクンと生唾を飲み込んだミナヲは、横向きだった女体を押し倒してのしかかると広がった股の間に股間を押し付けた。温かく柔らかい肉布団にしがみついたミナヲは腰に力を入れていきり立つ愛棒を深く突き立てる。愛液でぬかるむ膣粘膜ヒダに愛棒をネットリ締め付けられる快感に唸った。

秀香蘭高校放送部(26)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:14:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4622-70683626
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next