FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(21)お掃除フェラから蕩々スマタ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(21)お掃除フェラから蕩々スマタ

「うひっ…、ふあう…」
(はへ?、あうっ…、で、出たあっ…)
念願の酒池肉林実現への感慨に耽っていたミナヲだったが、油断したためかマママリコの超絶手コキの気持ちよさにあっさり果てた。

「うふふ、出ちゃいましたね、美那雄さん、きれいにしますね」
鈴口から溢れる白濁液を手で受け、もう一方でビクビク震えるサオをさすって残りを絞り出していた艶めかしい女体は、前に回るとザーメンを腐りかけ食べ頃メロンに塗りつけてからお掃除フェラを開始した。
「お、おお…」
(くっ、いいっ…、マコのうまさは、ママ譲りだったか…)
泡まみれの半立チンポをプルプル唇に咥えたマリコは、たっぷりのツバでヌルついた舌を絡めながら吸引した。激しい頭部の前後運動でまとめた黒髪がほどけて肩に張り付いた。お掃除とは思えない超絶フェラに唸ったミナヲの愛棒は、たちまち元気を取り戻してビンビンに反り上がった。
「ふあっ、もう?…、うふふ、美那雄さん…、します?…」
口の中で急速硬化した肉茎の大きさに思わず吐き出してしまったマリコは、ウットリした寄り目でそれを見つめると妖しい笑顔でおねだりした。

「うはっ、もちろんっ、ここ、乗って」
(わははっ、これからが本番っ、てか…)
実際のソープをまだ体験してないミナヲだがAVで仕入れた知識でボディ洗いを連想し、愛棒がビンビンに反り上がる股間に目配せしてマリコを跨がらせた。
「ああっ、美那雄さんのオチンチンが、あたってますうっ」
広げた股間のヌルヌル亀裂に食い込んだ硬い肉棒に思わずのけぞってイヤラシイ嬌声を上げたたマリコは、カラダ中でミナヲに抱きついてきた。
「はははっ、今度はミナヲが洗ってあげます」
(はあ、ええ感じやどおっ…、柔らか女体、たまらん、気持ちいいっ…)
柔らか熟れ熟れ女体に密着されたミナヲはバカ笑いで悦んだ。広がったスジに食い込んだ愛棒を確かめるように後ろから手を差し込んで濡れ濡れ女性器をまさぐるミナヲは、アナルに指入れするのと同時にお尻を抱えて上下させ、スマタを開始した。

「あ、んっ、ああっ、美那雄さんっ、あ、はっ、ああっ…」
アナル指挿入されて食べ頃桃尻を抱えられて上下に翻弄されたマリコは、すぐに自分でお尻を振り始めた。血管の浮いた硬い幹がツユでヒタヒタに濡れた花ビラを行き来し、食べ頃熟れ女体は妖しい声を上げて悶えた。
「うはっ、ふおうっ、はふっ、ふあっ、うほほっ」
(トロトロ熟女体…、気持ちいいっ…、はあっ、マンコスマタ、いいっ…)
抱きついてくる女体をボディソープを塗りたくった手で撫で回し、愛棒を包み込むように絡みついてくる媚肉の気持ちよさに浮かれてミナヲはバカ笑いしていた。
「あ、んっ、美那雄さん、ああっ、い、いいっ、いっ、イクう…」
自ら腰を振ってトロトロ熟女体を艶かしく揺らし、カチカチ愛棒に濡れた花びらを擦られる快感を貪るマリコは、イヤラシい喘ぎ声を挙げながらだらしなく開いた唇のハシからヨダレを垂らしてよがった。

「んっ、ま、マリコ、いいっ、イッテ、いいぞおっ」
(くうっ、で、出そう…、さすが、エロママ…、全身が風俗最終兵器っ…)
手コキで出したばかりなのに早くも鼠径部がしびれて発射の気配を感じた。腐りかけの一番うまい時期のトロトロ巨乳を揉みまくりながら射精絶頂の予感にのけぞるミナヲは、ハアハア呻きながら腰を前後に振って、ヌルヌルした女性器に愛棒をこすりつけていた。

秀香蘭高校放送部(22)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 15:08:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4618-5da921b8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next