FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(19)熟女の蕩ける女体

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(19)熟女の蕩ける女体

「はあ…、ああん…、美那雄さん…、焦らないでえ…」
ファスナーを下まで下げられて雨で濡れた背中を晒したマリコママは、お尻のワレメに分身を押し付けて腰を振るミナヲに合わせて、艶尻を妖しく揺らしながら甘えた声を漏らした。

「あ、あははっ、脱がしますね…、お、これが、あらら…」
(エロママめえ、早く脱がして欲しいってか…、うははっ、肉が、エロっ…、)
熟れた柔肉の手触りにウットリするエロガキは、濡れて張り付くワンピースを透き通るような白い肌から剥がしてズリ下げる興奮に浮き立った。ビンクブラの肩ひもが食い込む肉々しさに身悶えし、豊乳に引っかかってなかなか下げられないもどかしさに嬉しそうなバカ笑いを浮かべていた。
「あああ…、お、お願い、はやく、ああ…、美那雄さん…」
Eカップは確実にありそうなピンクブラの縁から溢れそうな乳肌に、ワンピが引っかかって圧迫する。変形して歪む豊乳の前に手の平を広げて手を出しあぐねるマリコは辛そうにのけぞり、桃尻をクネクネ揺らしていた。

「おはっ?、うははっ…、ふはわっ」
(んっ、おっと…、お、くううっ、気持ち、いいっ…)
なんとか巨乳連山を通り過ぎるとワンピは一気に下まで剥がれた。その勢いでつんのめったミナヲはピンクレースパンティの膨らみに顔を埋めていた。柔らかい弾力に顔面を圧迫される気持ちよさに、ますますバカ笑いが止まらなかった。
「あっ、あ、あ…、美那雄、さん、イジワル、ああ、しないでえ…」
下着姿にひん剥かれたマリコは、ピンクパンティのレース生地を通してお尻のワレメに吹き込まれるバカ笑いの吐息に悶えた。苦しそうに悶える熟成女体はブラカップから溢れそうな乳肌をタプタプ波立て、くびれから腰に繋がる艶めかしい曲線に卑猥な陰影をゆらゆら揺らしていた。

「はふっ、ごめんっ、おらっ」
(エロ熟女めえっ、感じまくりだっ、こうしやるっ…)
熟成女体の感度の良さにご機嫌になって浮き立つエロガキは、完全にエロモードになっていた。完熟桃尻から顔を離すとピンクパンティのゴムを掴んでくるぶしまで一気に下げた。
「きゃっ、あんっ、あはんっ、美那雄さあんっ、いやあん、恥ずかしいっ」
突然ノーパンに剥かれた女体は嬉し恥ずかしな嬌声を上げて腰を引いた。桃尻の吸い付くような素肌がミナヲの顔面に押し付けられ、ワレメの奥のプックリ肉のスジが鼻に食い込んだ。ヌルヌル媚肉でミナヲの鼻を挟み、ソコを押し付けるように艶尻を揺らしていた。

「んがっ、ふぐ、はうっ、うははっ」
(こ、これって、トロトロ、マンコ?…、濡れマン祭りだあっ、わっしょいっ、わっしょいっ…)
鼻先がネットリした液体に浸る感触に、広がった女性器が顔に押し付けられている状況を理解したミナヲは、蕩けそうな桃尻を抱えて股間に突っ込んだ顔を左右に振った。成熟女体の今にもホロホロ解けてしまいそうな柔らかさにご機嫌で浮かれるミナヲだった。

秀香蘭高校放送部(20)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4616-f5afbb0d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next