FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(15)天国のオーラルサービス

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(15)天国のオーラルサービス

「いたいっ」
背中におぶったミナヲに、ピンク色の乳首が発射するんじゃないかと思うくらい乳房を強く握られたマコは、背中を反らしてお尻を突き出すポーズでのけぞった。

「はっ、ひぎいっ」
(うっ、がああっ、まっ、またあっ…)
勢いよく跳ね上がったお尻にまた尾てい骨攻撃を受けた。股間から脳天を直撃した痛みに悲鳴を上げたミナヲは、握りつぶした乳房を手放してスベスベした背中から飛び退いた。両手で股間を押さえたミナヲは廊下に尻餅をついて悶絶した。
「…、だいじょうぶ?」
赤い痕が付いた乳房を下から大事そうに支えたマコはそれでも痛そうな表情さえ見せず、みっともなくひっくり返ったミナヲにすました視線を向けていた。
「う…、うん…」
(ぐうう…、じ、じぬ、かも…、でも…)
ミナヲは男にしかわからない痛みに悶えた。裸族同級生から冷ややかな視線を受けたヘタレは、股間から全身に沁みる鈍痛に冷や汗を垂らしながら、なけなしの見栄を張って痛くないフリをした。

「…、舐めてあげる」
冷たい汗を垂らす生気のない顔色をシレッとした目で眺めていたマコは、そこにまたがると元気をなくした肉棒をペロペロ舐めだした。
「は?…、うっ」
(ち、治療か?…、まる、見え…、うっ…、いっ、くっ…)
子猫のように背中を丸めて半立チンポを舐めるマコの一本スジが、目の前にあった。スキマから小陰唇やクリの突起が見える。痛撃を受けた愛棒を舐めて愛撫される快感衝撃に、思わず腰が浮き上がってのけぞった。

「んっ」
勢いよく飛び込んできた先端をマコは歯を当てないように咥えた。そのまま進撃を続けた肉棒はノドチンコを押しのけてディープ・スロートに挿入されたが、マコはむせることなく受け入れた。
「あふっ」
(ノドマンコ?…、はああっ、きもちいい…)
意図せずイラマチオなフェラを強制してしまったミナヲは、半剥けカリをヌメったノド粘膜に締め付けられる気持ちよさに、海綿体折損まがいの痛みを忘れた。
(ふはあっ…、い、いくっ、いいぞおっ…)
勃起チンポを口からノドまで使って愛撫される快感が全身に沁みた。無意識に腰を上下にグラインドさせる変態は、ヌルヌルした肉穴に挿入する快楽体験に浮かれた。変態じみた吐息にまみれ、目の前にある股間の真ん中で濡れてテカる一本スジに口を突き出した。

「んっ、ふ、んっ、ふあっ」
ディープ・スロートでノドマンコ陵辱を受けるマコは、一本スジに入り込んでピンク色のビラビラや包皮から剥き出た突起を舐め回され、ツバまみれのベチョベチョにされた。表情の乏しいマコでも感じる部分への刺激で溢れ出る欲情は押さえ切れないようで、きれいなお尻の曲面が震え、せつなそうな吐息が何度も漏れた。
「んっ、はっ、ああっ」
勃起チンポを押しつぶされる激痛地獄からノドマンコやり放題な快感天国に再び急上昇したミナヲは、ご機嫌で一本スジ粘膜を舐めまわした。汗で湿った張りのいい腰肉にしがみつき、濡れた股間に顔を押し付けてクンニに熱中した。

「おっ、んっ、いっ…、ふいいっ」
(うはあっ、すげっ、いいっ…、しょ、処女の、クセに…、うますぎるっ…)
シックスナイン体勢でノドマンコ奉仕を続けるマコは、射精を促すようにツバの溜まった口腔でサオを吸引する。半剥けカリがノドのヌメった粘膜圧迫でしごかれる。時々軽く甘噛する歯が根本に当たり、ミナヲがビクッと震える。愛棒全体に捧げられる極上のオーラルサービスに、ヘタレ童貞は上機嫌な夢心地だった。

秀香蘭高校放送部(16)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 20:11:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4612-d16440fa
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next