FC2ブログ

== 女子大生菜々子 ==

女子大生菜々子 (33) お仕置き

裏ろま中男 作品リスト
女子大生菜々子 目次

女子大生菜々子 (33) お仕置き

「シテあげるから、脱いで」
かすかにあけた口からなまめかしく舌をのぞかせて唇を舐めた菜々子は、妖艶な笑みを浮かべながらささやいた。

「…!(喜笑)」
色っぽいお誘いに鼻息を荒くした加藤はバタバタとズボンを脱ぐと、パンツも脱いで靴下のみの下半身はだかというマヌケな姿になった。

「そこに寝て…、私も、よくしてね」
タイトスカートを窮屈そうにずり上げると肉付きのいいお尻をさらした。パンティに手をかけると上半身をかがめて外連味なく足から抜き取った。パンティのあそこに当たる部分がぬめった滴で恥ずかしいシミを作って濡れていた。

感じてる、…。
菜々子は体の奥で欲望の炎が熱く燃え上がるのを感じて、
抑えなきゃ、…。
淫靡な欲望に溺れそうな自分に言い聞かせていた。

「…!(喜)」
加藤はこの美人とシックスナインできると有頂天で、喜色満面で横になった。菜々子は加藤の脱いだズボンからベルトを抜くと、ズボンとハンカチを加藤の両側に置いてそこに膝をつき、加藤の顔の上にあそこを近づけた。

「あっ」
加藤はいきなりあそこに口を当てると、あふれ出るツバを飛ばしながらピンク色の花びらを舐め回した。
…感じちゃ…ダメ、…。
目の前の魅惑的な女体を狙い定めて襲いかかろうとビクビクと律動するる息子を持ち上げると、ぴゅちゅ、ぺっしゅ、ぶしゅっ、ぴちょっ、口に含んで湿った音を立てて愛撫しはじめた。

「うっ、おっ、おっ、…」
ケモノのようなうなり声を上げた加藤はあそこから口を離すと、柔らかいおしりに指を食い込ませて息子に与えられるネットリした温かい刺激に耐えていた。

ぶしゅっ、べしゅっ、びゅっ、ぼちゅっ、ばじゅっ、菜々子は歯を当てないように口に含んで息子をしごいた。
「おおっ、おあうっ、うおっ」
加藤は体をくねらせて、息子の刺激に耐えていたがすぐにでもイキそうな勢いだった。

「ちょっといい」
息子から口を離すと加藤に向き直った。
「はあ、…、ああ、…」
加藤はもう少しでイキそうだったのに、甘美な愛撫を中断されて不機嫌そうな目を向けた。

「すぐにイッちゃ、つまんないでしょ、…、それにこうするのがスキなの…」
イイ想い、させて、あげるわ…、もだえ狂いなさい、…。
菜々子は加藤の体にブラウスから溢れそうな胸を押しつけて、抱きつくようにして加藤を後ろ手にベルトで縛った。
「へへっ、おねーさん、Sなの」
あっさり自由を奪われた加藤は、この後すぐに自分を襲う過酷な仕打ちを思うはずもなくバカ面でにやけている。

「ゴムするね」
ふふっ、悪いおちんちんは、おしおきしないとね、…。
菜々子はまた加藤にお尻を向けると、ビンビンの息子にコンドームではなくホントの輪ゴムを何重にもきつく巻いた。
「いてっ、いてっ、おねーさん、このゴムきつすぎだよ」
情けない声が背中から聞こえるが菜々子は
「いいのよ、こうしないとナカ出ししちゃうでしょ」
一生、できなくなる、かも、ね、…。
振り返った。その端正な横顔が冷たい視線を向けて笑うのに加藤は背中に冷たいモノを感じてぞっとなった。

「楽しみましょ」
ねっとりした笑顔をむけて加藤の腰にまたがると、菜々子はあそこに息子を導いた。固いままの息子はあそこに吸い込まれるように入り込んでいた。
「いてっ、やめろっ、あうっ」
加藤は悲鳴を上げるが、菜々子はかまわず腰を上下させていた。

「はっ、はっ、あんっ、いい、…」
ああっ、きもち、いいっ、かんじちゃう…、はあっ、バイブより、本物が、ぜんぜん、いい…。
にゅちょっ、じゅぶっ、じゅっ、ぶじゅっ、…とあそこに出入りする息子がイヤラシイ音を立ていた。

「いてえ、やめてっ、おねーさん、助けて」
後ろ手に縛られた加藤は体をゆすって逃れようとするが、
ナカで…、ああ、あばれてる…、ああっ、いいっ、…。
あそこのナカで息子を暴れ回らせるだけだった。下半身にわき上がる快感にもだえながら、発射したときのことを思うと加藤は青くなった。

「ああっ、いいっ、あうう、いい、ああっ、いい」
ああっ、熱い、いいっ、もう、おかしく、なり、そう、…。
ゴムで縛ったせいか昨日より大きくなったカリが内壁をかき回す刺激にガマンできずに、菜々子は甘えたあえぎ声を漏らしていた。

でも、ああっ…、オイタした、おしおき…、を、はあっ、しないと、…。
昨日セーラー服姿の自分をさんざんかき回した息子だと思うと愛着を感じなくはなかったが、今の菜々子はこのスケベな高校生を懲らしめることに集中しようとしていた。

「ああ、助けて、チンコが破裂する…」
トロけそうな熱い蜜壺に息子を締めつけられた加藤は発射する予感を感じて恐怖した。
出口をふさがれたまま、噴き出したら…
大事な息子が再起不能になる想像に身震いした。

(34) せいぎのおねえさんにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:09:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/461-d4114797
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next