FC2ブログ

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(29)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(29)スマタから口内射精

「せんせい、まだ脱いでないの」
山本くんのお屋敷に来てわからないことばかりの私が桜田先生から教えてもらおうと迫っていたとき、山本くんが部屋に入ってきました。

「え…、あ、うん…」
山本くんはお風呂上がりのようなガウンを着ていました。金持ちのオジサンがブランデーを片手にソファにそっくり返っているときのような格好です。それから股間が膨らんでいました。私はそれを見ながら裸になってない言い訳をしようとしましたが言いよどんでいました。
「ほら」
山本くんはいつもの無表情で私の森ガールのようなポンチョを脱がせると立たせ、サーキュラースカートも脱がせました。
「あ、自分で脱ぐから」
桜田先生に貸してもらったパンティに手をかけられた私は、慌てて背を向けるとベビードールのボダンを外しました。オッパイがブルンと揺れて乳首が痛かったです。露出狂メイド服の桜田先生はすました顔で横を向いて私を助ける気はなさそうでした。

「えっ、あ、まだ」
ベビードールを脱ぐ途中で後ろにいた山本くんがパンティを下げました。放尿授業で濡れたアソコに張り付いていたベージュパンティが剥がれて股間がヒンヤリしました。二人の前で私は丸裸にされました。
「あ、んっ」
それから山本くんが後ろから抱きついて固くなったオチンチンを股間に差し込みました。私はバランスを崩しそうになって大きなテーブルに手をつき、お尻を突き出すポーズを取っていました。
「んっ、ふんっふんっ」
ガウンの下は全裸だったようです。後ろからスマタでオチンチンを行き来させる山本くんは背中にしがみつき、腰を振って荒い鼻息を響かせています。
「あ、だ、め…、桜田、先生が、いるから…」
裸に近いメイド服の桜田先生をさっきまで上目線で見ていた私は、オチンチンを股間に擦り付けられる恥ずかしい姿に羞恥を覚えて震えました。でもオチンチンはヌルヌルのスジを滑って包皮が剥けたポッチや入り口のヒダをコスってきます。私は淫らな気持ちで女体を熱くしていました。

「お嬢様、お気になさらずにお続けください」
そっぽを向いた桜田先生は、玄関で迎えてくれたときのメイドに戻ってうやうやしく頭を下げました。
「気にしなくていいって」
執事の小岩川さんに対する態度のように、教師らしくない振る舞いをする桜田先生を見もしない山本くんは、私のお尻に指を食い込ませて腰を振っていました。

「や、ああっ、ら、めえ」
今はメイドかもしれませんが学校の人気者が見ている前で、慰み者にされるのが恥ずかしかったのは本当です。でも化学の授業でみんなの前でオシッコしたときの恍惚感もなぜだか蘇ってきて、お腹の奥に隠れていたエッチな私が昂ぶっていたのも本当でした。
「ああ、はあ…」
一枚板の立派なテーブルに手をついて、山本くんのスマタを受け止めるようにお尻を突き出す私は、アソコをヌルヌルにして前後にピストン運動するオチンチンに潤滑油を与えて滑りを良くしていました。太ももの内側にオチンチンが行き来する時の雫が飛び散るのに感じて悶えました。
「あ、んっ、は、ああっ」
背中の素肌に抱きついた山本くんはオッパイに手を伸ばして揉みました。固くなった乳首ごと揉みくちゃにしてきます。一瞬桜田先生と目が合いました。かすかに動いた唇が「大きなオッパイ、うらやましい」と言ってたように見えました。私は恥ずかしいのにスゴイ興奮して、アソコからヌルヌルの汁をますます吹き出していました。

「ん、いくよっ」
ハアハア、フンフンと息を荒げていた山本くんが発射宣言しました。
「あ、は、い」
余計なことを考えて挿入してもらうおねだりを忘れていたことを思い出しましたが、もう遅かったです。山本くんの股間の前にしゃがまされて、いろんな粘液でヌルヌルのオチンチンを口にねじ込まれました。

「んっ…」
「ふあっ」
山本くんが腰を突き出して唸ったのと同時に、口の中にザーメンが飛び込んできました。苦いのと美味しいのが一緒くたでした。私はそれを舌の上で受けて飲み込むと、ビクビク震えるオチンチンを吸いました。
「は、はああ…」
頭の上で山本くんの嬉しそうな声がします。私は桜田先生に見られていることなど忘れてお掃除フェラに精を出し、縮んでいくオチンチンをペロペロ舐めていました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(30)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:10:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4556-e5e5c667
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next