FC2ブログ

== 女子大生菜々子 ==

女子大生菜々子 (22) 狂った野獣

裏ろま中男 作品リスト
女子大生菜々子 目次

女子大生菜々子 (22) 狂った野獣

これから、楽しい時間でちゅよ、イイ子にしてるんでちゅよ、…。
狂った獣欲に支配されたコンビニ店員は、セーラー服少女を後ろから貫いたまま事務室に連れ込むと上衣をずり上げた。
ブラは、まだつけないんでちゅね、…。
むき出しの乳房が上衣に引きずられてプルンと現れた。やはりノーブラだった。

「ひっ…」
痛い…、でも、からだが、熱い、…。
乱暴にズリ上げられた上衣に硬くなった乳首が擦れて、菜々子はこもった悲鳴を上げた。本人がまだ意識しない隠れたマゾの素質はその痛みも快感に変えて女体を火照らせていた。

セーラー服のカワイイおじょうちゃん…、おじちゃんが、きもちよく、してあげまちゅね、…。
上半身を剥かれて両手を前に投げ出した菜々子に後ろから抱きついた太田は、ふるえるナマ尻を抱えると胸からつり下がった柔らかいゴムマリを手のひらで支えるようにして包み込んだ。

おっぱい、きもちいいでちゅか、…。
グニグニとランダムに動かす指の間からあふれ出しそうな柔らかい感触が心地いい。
「ふっ、ふん、ふっ、ふん、…」
「ああっ、はあっ、だっ、はあっ、ああっ…」
同時に下半身は激しく前後運動をして、切なげな吐息を漏らしてもだえさせる菜々子の体を前後にゆさぶり続けた。

「ああ、あっ、や、えっ…」
やあっ、だめえっ、どうして、ああっ、いいっ、…。
ズビュズビュと湿った音を立てるあそこからわき上がる熱い快感の波に翻弄された菜々子は、カラダの奥からわきあがる淫欲に支配されて自分の置かれた状況が理解できてなかった。

「…ううっ、いいぞっ、くうっ、ううっ」
おじょうちゃん、いい、でちゅか…、いいで、ちゅか、…。
コンビニで犯されるという異常な事態に身を任せて、我を無くして野獣のような欲望をさらけ出すコンビニ店員のされるがままになっていた。

いやっ、へんになるっ、おかしくなるっ、…。
熱い肉棒のひと突きごとに理性が崩壊して、菜々子は自分がなんちゃって女子高生の姿でいることを忘れていた。
「あうっ、おっ、あひっ、あうっ、ひいっ」
控えめだが厚みのある唇の奥から成熟した女の嗚咽が漏れていた。

「お客…、さん…、」
狂ったように腰を振り続けた太田ははあはあと荒い息にまみれていた。いったん腰の回転を止めて大きく息を吸ってから、菜々子のスカートのポケットから商品のパンティを取り出すと、
「お…、客さん…、万引きは…、困りますよ…」
昂奮と畏れの混じった震える手で菜々子の目の前に差しだした。

「ああっ、はあっ…」
甘美な突きあげを中断されてぼんやりと菜々子はそれを見た。もちろん菜々子はそれに全く見覚えがなかった。パンティのある棚にさえ近づいてない。太田はその新品パンティを机に置くと、
「他も…、はっ、…調べないと」
菜々子のカラダから離れて息子を引き抜いた。
「あひっ…」
アソコの周りの柔らかい肉がビンビンの肉棒の絡んで引っ張られていた。

太田は欲望に狂った目で悩ましげに荒い息を漏らす菜々子を見おろしてから、事務机に押し倒すように上向きに寝かせた。
「はあ…、調べさせて…、もらうよ」
おいしゃさん、ごっこ…、ちまちゅよ、…。
かつてブルセラショップ通いしてセーラー服を集めた時期もあった太田は、その構造には精通していた。赤いリボンをほどくと脇の下に手を入れてチャックをおろして上衣を取り去った。

菜々子は紺ヒダのミニスカとピンクのロングソックスのみの姿で机の上で横たわっていた。太田は靴を脱がせると、ヒザまで隠すロングソックスの向こうに見えるふとももを抱えるようにして開かせて、M字開脚させてヌレヌレのあそこを丸見えにしていた

太田は机に上がって菜々子の首の上にまたがると、無理矢理口を開かせて
「ココも…、へっ、…調べるよ」
ペロペロキャンディでちゅよ、ナメナメするんでちゅよ、…。
濡れた色っぽい唇に息子をツッコンだ。

「ふう、…、歯を立てるなよ」
ああっ、もう、だめえ、おかしくなっちゃった、…。
菜々子はぼんやりと口を開けて、言われるままに自らの愛液でぬるっと光沢を放つ息子を受け入れていた。快楽にもだえる菜々子に抵抗する気はなかった。

「…はっ、ふんっ、あふっ…」
腰を前後運動させて美少女の唇を出入りする、汁気で妖しい光を放つ息子の様子を満足げに見おろしながら、
「舌をからませろ」
昂奮して荒い息に紛れてツバキを飛ばして命令した。

「うっ、ふっ、じゅびゅっ、ちゅっ、ちゅるっ、じゅぶっ、…」
菜々子はその意味が分からずに舌をバタバタさせただけだが、太田にはそれで十分だった。

上手でちゅよ、イイ子ちゃんでちゅね、…。
フェラに満足した太田は菜々子の唾液をまとった息子を抜き出すと、菜々子の下半身に移動して、あそこをのぞき込んだ。

(23) 食い荒らされる美少女につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/450-90ad7d5b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next