FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (96)弁当とボロニアソーセージ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (96)弁当とボロニアソーセージ

「あの…、よかったら、食べませんか?」
モデルのように長い手足をモジモジさせて純情少女風な色気を振りまく2年生は、両手で下げた弁当に向ける視線に気づくと机の上に広げた。

「お、うまそうっ、ですねっ…、食っていいんですかっ」
(ほおおっ、手作り弁当?、いいのっ、はああっ、ボカア、ホントに幸せだなあっ…)
弁当を蛍からもらっていたことをすっかり忘れたバカ幸太は、カウパーのヨダレを垂らしてビンビンに反り上がったデカチンに性欲剥き出しにしながら、色彩鮮やかに盛り付けられた弁当を見て食欲も高めていた。

「うん、どうぞ…、キャプテンから『幸太くんにスタミナ付けてあげて』って、言われてますから…」
うつむきがちに股間から反り上げる特大如意棒をチラチラ盗み見る響子は、キャプテンの頼子にセックスの順番を告げられたときに弁当を持っていくように言われたことをちゃんと守っていた。

「うははっ、うめえっ…、よかったら先輩、しゃぶってみます?」
(くああっ、うまいっ、うますぎるっ…、うひひっ、お返しにコイツを味わって、もらわないとな…)
欠食少年のように意地汚く弁当に食らいついて食欲を満たす幸太は同時に性欲を満たそうとして、遠慮がちな視線が注がれる股間の特大ボロニアソーセージにお口のご奉仕をする許可を与えた。

「あ、はい…、失礼します」
スケベ笑いしてイスに座って大股を広げる幸太の前にしゃがんでニーハイストッキングの太ももをムッチリさせた純白セーラーの女体は、カウパー汁が垂れる先端にゆっくり唇を寄せると目を閉じてキスした。

「うっ…、も、もっと、いいですよ」
(はうっ、この微妙な、タッチ、たまらんっ…、ああっ、もっとだあっ…)
開いた鈴口にプックリした唇の温かい弾力を感じてのぼせた絶倫マネージャーは弁当をかき込みながら、本格的なフェラを期待してイスに浅く座って股間を突き出した。

「はい、ふぁふほっ、んちゅっ、ちゅうっ、ちゅるっ、じゅぶっ、じゅっ…」
シワの縮んだ玉袋を優しく支えて軽くマッサージしていた響子は幸太のおねだりにうなずくと、プックリ唇を広げてデカいカリに何度かキスしてから、アゴが外れそうなほど口を開けて咥えた。吸引しながら舌を絡ませる淫らな音色が秘密の小部屋に響いた。

「あふっ、うほほっ、はうっ、た、たまらんっ、うくうっ、うまいぞおっ」
(メシはうまいし、フェラもうまいっ…、どうしてここは出来る娘(こ)ばっかなんだあっ…)
純白セーラーのスリム美少女の弁当に舌鼓を打ちながら、怒張したイチモツから伝わってくる衝撃的な快感に上機嫌な絶倫マネージャーは、バカみたいにはしゃいでいた。

「悦んでもらえて、うれしいです…、よかったら、ここも…、味わってください…」
ビクビク震える巨根に発射が近いと思った響子は立ち上がって机のヘリにお尻を当てると、恥ずかしそう顔を伏せて純白ミニスカをたくし上げた。まくられたスカートの下から現れた股間はなぜか何も付けてなかったので、黒黒した恥毛が丸見えだった。

「へっ?…、あ、もちろん、いただきまーすっ、すーっ、ふんふんっ」
(え?、ノーパン?…、うははっ、やる気満々じゃんっ…)
透明感のあるスリムな女体に似合わない濃い茂みだった。部活のハイレグ水着からはみ出さないためか、きれいなデルタ形に処理されている。自ら恥ずかしい部分を晒す控えめ2年生にご機嫌で、幸太は弁当を咀嚼しながらそこの匂いを嗅いだ。

「ああ…、恥ずかしい、です…、はあん、腐ってませんから…、新鮮、はああ、ですよ…」
アソコのニオイを嗅がれて恥じらう響子は恥ずかしいセリフを口走ってセルフで欲情していた。さりげなく股の力を緩めて濡れた亀裂の前端を見せ、そこのわずかなスキマは愛液がヒタヒタに満たしていた。

「うははっ…、ワカメ、いっただきまーすっ」
(モジモジ2年生めっ、もっと恥ずかしくしてやるっ…)
スリムな女体の股間から立ち上る若いフェロモンにウットリすると、恥毛ごと股間を口に含んでベロベロ舐め回した。

「あっ、はあっ、や、ああっ、恥ずかしい、ああんっ、ですっ…」
目論見通り響子は恥じらい、純白ミニスカをまくり上げた小さなお尻を机の天板に擦り付けるようにプリプリ振っていた。しかしお尻まで見通せる股間の空間に、一本スジがいやらしい蜜が垂らしまくりで、太もも根本のくびれからネットリ垂れて絶対領域のシットリ肌をネチョネチョに濡らしていた。

水泳部マネージャー (97)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

作者注
欠食少年は「欠食ジドウ(元は漢字)」でしたが、禁止ワードに引っかかったために「少年」に変えました。「欠食ジドウ」なんて単語はまったく卑猥じゃない(この小説でも過去にこの単語が登録できました)と思いますが、最近のFC2は特に低年齢ポルノに関係しそうな単語に非常に神経質になっています。ジドウの他にもショウガクセイ(→ 「S学生」に変換)、ヨウジなど。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:21:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4494-6a720b2f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next