FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (20)よがるヤリマン女子大生

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (20)よがるヤリマン女子大生

「用意するから、ちょっと待ってて」
隣の部屋の女性から朝食に招かれたツトムは、促されるままキッチンのイスに座った。

(エロいな…、やらしてくれるのかな…)
キッチンに立つスケスケ下着の彼女はパンティ以外は裸同然で、彼女のなんとなく上目線な感じに若干の反感を感じながらツトムはオスの高ぶりで股間を熱くしていた。
「(彼女はヨシ美って言うんですけど、ヤリマンで有名なんです、やっちゃいましょう)」
ツトムがキッチンに立つキャミに透ける官能的なラインを眺めていると、肩のあたりで漂うシメ子が妖しく笑ってそそのかしてきた。
「(今日はじめてあった人に、それはダメだろ)」
朝の生理現象で息子は元気いっぱいだが、ツトムにこれから近所付き合いする人にいきなりそれはまずいと思った。
「(大丈夫ですよ、耳の後ろにほくろがあるでしょ、そこを優しく触ってあげてください)」
尻込みするツトムにお気楽なシメ子は、ウエーブがかかった茶髪ショートボブから飛び出した耳の裏側にあるホクロがヨシ美の弱点だと教えてくれた。
「(…、ホントか…、じゃあ、ちょっとだけ…)」
セクシー女子大生の攻略法を教えてもらったツトムは、シメ子の超常能力の威力を何度も目の当たりにしていたので、躊躇する気持ちを払拭して乗り気になってしまった。シメ子が憑依してない女性を襲う緊張感に沸き立つスケベ大王は、ヨシ美の後ろにこっそり立った。

「なあに?、えっ、ああんっ」
(すげっ、効果てきめんだよっ…)
ツトムが襲い掛かってくるのは予想通りだったので、後ろから抱きしめられたヤリマンヨシ美は余裕の笑みで振り返ったが、耳の後ろの性感帯をタッチされると艶めかしい喘ぎ声を上げて腰砕けに悶えた。
「(いいですよ、最初は優しく軽く爪で掻くようにしてください)」
かつての同級生がする予想通りの反応に得意げなシメ子は、ハアハアと息を荒げて耳裏の刺激を続けるツトムにレクチャーを続けた。
「(こうか…)」
足元を怪しくして裸同然の背中を押し付けてくるセクシー女子大生のお尻に食い込んだ息子をムズムズさせるツトムは、言われるままに爪を立ててホクロを刺激した。
「あっ、や、あっ、だ、だめえっ、そこおっ、弱いのおっ」
シメ子のアドバイスは的確だった。ホクロをカリカリと刺激されたヨシ美はツトムにカラダを預け、スケスケキャミから突き出した乳首をプルプル揺らしてよがりまくった。

「(クリトリスも触ってあげてください、それで彼女は思い通りですよ)」
耳元でレクチャーするシメ子の声は、野次馬根性なエッチな響きを含んでいた。
「(…、うん)」
シメ子がエロ女な口調になるのに若干引いたが、目の前で悶える女体へのスケベな欲望のほうが勝っていた。スケスケキャミの短いスソにあらわになったパンティに手を入れると股の間に指を伸ばした。
「ひっ…」
茂みの奥のスジは濡れ濡れだった。肉の合せ目から飛び出した突起に触れると、ガクンとのけぞったヨシ美は潮を吹いてツトムの指先をヌルヌルにしていた。
(すげえ、感じてる…)
昨日脱童貞したばかりのツトムは、経験豊富なヤリマン女子大生をこんな風によがらせ、指先がヌルヌルになったことでオスの優越感にのぼせた。
「(優しくさすって、あげて…)」
調子に乗ってホクロとクリの愛撫を続けるツトムはまた指示を受けた。メロメロなアヘ顔でよがるヨシ美に当てられた、シメ子の声も妖しく上ずっていた。

「ああっ、すごっ、あっ、死ぬっ、ああっ、死んじゃうっ、死ぬうっ」
言われたとおりにクリトリスを優しく愛撫すると、振り返ってすがりついてきたヨシ美が火照った女体をすり付けてきた。トロンとした目のだらしない顔で見上げるヨシ美は唇のハシからヨダレを垂らし、下の口からもダラダラとネットリしたヨダレを垂らしてパンティをビショ濡れにしていた。

彼女は幽霊 (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 13:48:33 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4452-1f806dfd
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next