FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (49)極辛フェラとオシッコ素股

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (49)極辛フェラとオシッコ素股

「チャウくん、こっちきて、お姉さん、おトイレ行ってきますね」
手コキする孝雄が気持ちよさそうにのけぞるのを見てニンマリした真夏は、尻穴セフル調教に耽って朦朧とする伊織に声をかけて部屋を出た。

「おい、真夏…、くっ、ううっ…」
大事な一人息子を手コキで握られて人質に取られた孝雄は、言いなりになってトイレに連れ込まれるといきなり強烈なフェラで吸引された。
「うっ、き、効くうっ…、お、おふっ、ほおおっ…」
極辛麻婆豆腐が残った舌がカリに絡みついて粘膜にピリピリ沁みた。最近フェラを体験したばかりの童貞は、勃起チンポが感電したみたいにビリビリする新次元のエスニックな味付けのブロージョブに悶え、腰を突き出してのけぞるだけだった。
「ふむっ、ふぁあっ、ふぇふぁあっ」
肩出しキャミの肩紐を垂らしてDカップオッパイをひりだした真夏は、サオで太い輪ゴムのように広がった唇から垂れたヨダレをオッパイの谷間に垂らし、潤んだ半開きの目で嬉しそうにフェラを続けていた。
「くっ…、真夏、ヤラせろ…」
極辛フェラに発射を予感した孝雄はおツユで濡れたオッパイを見て興奮すると、真夏を立たせてバックからしがみついて抱きしめた。
「んっ、いいよ…、あっ、チャウくんが、したいなら…」
無抵抗でドアに寄りかかった真夏は後ろに回した手でお尻からパンティをずり下げ、自分でヨダレまみれにした勃起チンコを愛液が糸を引く亀裂に誘っていた。

「くっ…、真夏…」
辛味成分が沁みこんでピリピリするカリを濡れた股間に差し込んだ孝雄は、ヨダレが垂れたオッパイを鷲掴みして腰を振りだした。
「あ、あんっ、チャウくんの、オチンチン、挿れてえ…」
ロリ風味残念女子大生の女体にのぼせる孝雄は、膣の入り口をカリでこする快感を貪っていた。まだ膣に挿入したことがない童貞は入り口のヒダに分身を擦る快感に満足し、本番挿入を望む真夏を無視していた。
「はっ、はあっ,はあっ、はあっ」
中華料理店のトイレで素股に没頭する童貞は荒い吐息が外に聞こえるかもしれないと心配する余裕もなく、腰を振ってヌルヌルの媚肉に分身をこすりつける気持ちよさに溺れていた。
「あ、ああっ、チャウくうん、あんっ、挿れて、いいよ…」
入り口を行き来するだけの勃起チンポに焦れてきた淫乱女子大生は、開きだした膣口に押し込もうとして前から手を入れて指先でカリを押し上げた。

「お、はっ、真夏、はっ、はあっ、触ってやる…」
真夏が自分から生挿入を望んでいると思わず、感じる部分を自分で触ろうとしていると勘違いした孝雄は、恥毛がまばらな丘に手を伸ばして真夏の手を押しのけると、スジの前側に指を入れてグリグリした。
「かはっ…、や…、そこ…、あ、ああっ…」
クリが一番感じる真夏は乱暴な愛撫に一気に頂点に突き上げられ、ロリの名残がある女体を緊張させてのけぞった。同時に尿道が緩んで股間は大量の黄金水が溢れた。
「おっ、ぐっ…、うくっ…、うううっ…」
緊張した女体に引っ張られるように股間を押し付けた孝雄は、前側に顔を出した分身を引き抜く時に太ももで強く圧迫された。しっとりした太もものナマ肌にカリ根を広げられ、生暖かいオシッコシャワーを分身全体に浴びる異次元の快感にあっさり射精していた。
「く、ううっ…、あったけえ…」
女子大生のションベンまみれになったイチモツが、緊張して狭い股間にガッチリ挟まれてドクドク脈動した。根本のモジャモジャまでオシッコで濡れた孝雄は、小さい頃に寝小便したときの股間が生暖かくなった経験を思い出し、またひとつ倒錯した変態快楽の悦びを知ってしまっていた。

「やっ、やだあっ、お漏らし、恥ずかしいっ、またしちゃったあっ…、もうやだあっ…」
孝雄の部屋に続いてまたオシッコ潮吹きをしてしまった真夏は、我に返ると恥ずかしさで耳の先まで真っ赤になっていた。恥ずかしいを連発してビショビショに濡れた股間にパンティを引き上げると、またもや脱兎のごとくトイレから逃げてしまった。

義姉さんと孝雄 (50)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:46:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4442-495ac0d1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next