FC2ブログ

== 女子大生菜々子 ==

女子大生菜々子 (15) 木村のナカ出し

裏ろま中男 作品リスト
女子大生菜々子 目次

女子大生菜々子 (15) 木村のナカ出し

「ふんっ、ふっ、はあ、ふんっ」
木村は菜々子を壁に押しつけながら、右足の太ももをさらに持ち上げて股間を密着させると深々と息子を菜々子のアソコに埋め込んだ。
「いいんだろ、この変態女…」
スケベな興奮で盛り上がった気持ちをたたきつけるように下から何度も突き上げた。

「いや、もう、やめて…、やだ、ああっ」
蜜壺を邪悪にふくれあがった肉棒で満たされた菜々子は熱い興奮の波に襲われながら、木村の狂気の混じった表情を涙で潤んだ目でぼんやり見ていたが突き上げられるたびに、
「あっ、いやっ、あっ、やっ、あっ、ああっ、あっ、…」
清純なセーラー服を乱して淫乱にもだえるしなやかな女体をゆらして、甘い快楽の声を漏らしていた。

「さっきの…、はっ、男、後ろで…、はっ、痴漢、してた、ふんっ、…ヤツだ。」
木村は激しい動きで荒い息を吐きながらささやいた。

菜々子を翻弄した輪姦劇の幕は突然下ろされた。木村が汗を浮かべた顔を苦しげにしかめると、突き上げる動作が一瞬ゆるんだ瞬間、おっぱいを押しつぶすように覆い被さってきた。
「うっ」
木村はこもったような声で唸って、大量の熱いザーメンを菜々子のナカに放出した。
「おうっ、おっ」
尿道を熱いほとばしりを通り抜ける気持ちよさを木村は目を閉じて味わいながら、何度か突き上げて放出のサイクルを続けた。

「いやっ、…やだあっ」
またもナカ出しされた菜々子は小さく悲鳴を上げていたが、アソコの粘膜に熱いほとばしりがねっとりと絡みつくのを感じて、体の奥から熱い何かがわき上がってきた。

「ふ、う、うっ、ううっ…」
木村は放出が終わってしぼんでいく息子をまだ菜々子の中でかき回して、あそこの中で先ほど加藤が放出した残りとブレンドしていた。
「…」
木村はあそこから元気のなくなった息子を引き抜くと、菜々子をひざまずかせた。

「あっ、」
膝を地面に突いた衝撃で大量のザーメンが蜜壺からあふれて、太ももをつたってひざから地面に落ちた。
「しゃぶれ」
木村は菜々子のコトなどお構いなしに命令して元気のなくなった息子を菜々子のかわいい口に咥えさせた。
「舌でキレイにしろっ」
美少女に息子を突きつける昂奮で息を荒げた木村は語気を強めて命令した。

「うっ、ふうっ」
しゅぴゅ、ぴちゅ、ちょぺ、…
菜々子は言いなりなるしかなかった。舌をからめて今まで自分のナカに収まっていたものをやさしく舐めていた。
「…、ふはっ」
すると今までかわいかったものがまた大きくなってきた。
「舌べろを絡めろ」
木村はうわずった声で命じて菜々子の口にその熱く怒張したものをのどまで押し込んできた。

「う、うっ」
ノドチンコに絡むそれにむせた菜々子のノドからまた声が漏れた。
「歯を立てるなよ、ほらっ、うれしいだろ…」
そんな菜々子にかまわずに木村は菜々子の頭を押さえると、また元気を取り戻した息子が誇らしいかのように笑って腰を前後に動かしていた。

「ふっ、ふんっ」
菜々子の口を太く熱を帯びた肉棒が出入りしていた。肉棒は菜々子のツバをまぶされて、てらてらと光っていた。
「舌を絡めろ、もっと気持ちよくしろっ」
ご主人様気取りの木村は横柄に命令してしばらく腰の前後運動を続けた。

「ふわっ、ひゃっ、ひゃらっ、ふぶっ、うっ、うくっ、くっ…」
目前の筋肉が固くしまった腰が震えたと思ったら、熱い液体が肉棒の先からほとばしり出てきた。涼子はその苦さに目尻に涙を浮かべていた。
「こぼすな、よ、全部飲む、んだ。」
菜々子の目に涙が溜まっているのを見てサディステックな征服感に浸りながら、荒い息で菜々子の頭を両手で押さえたまま木村は命令した。

「ごきゅ、…、ごきゅ、…、くんっ、…、くっ、…」
菜々子のノドが何度か鳴ったあと、菜々子の口に放出された熱いほとばしりはすべて胃の中に収まった。頼りなげに淫乱な表情を漂わせた菜々子の顔からメガネがずり落ちて、大きな目が直接見えていた。

美少女も形無しだな、…。
色っぽい唇のハシから唾液だかザーメンだかわからない液体があふれているのが見えた。美少女の乱れた姿にまた興奮する木村だったが、二度も大量に放出した息子に元気はなかった。

すっかり身支度を調えた木村は菜々子の持っていたスポーツバッグの中を漁っていたが、身分証らしきモノが見つからないので、
「君、名前は?」
と聞いたが立て続けに若い欲望に蹂躙された菜々子に答える気力はなかったし、答える気もなかった。
まあ、いいか、…。
木村も無理に聞き出すつもりはなかった。

「記念にもらっていくよ」
すっきりした顔で木村は菜々子の愛液にまみれたパンティを取り上げた。
「これが同意の上での、…証拠だね」
パンティを広げて、アソコに当たる部分にへばりつく粘った液体が作った恥ずかしいシミを見せつけた。菜々子に反応する余裕はなかった。

「またどこかで会おうね」
さわやかにさっていく木村の言葉を、菜々子はピンクのもやがかかったうつろな意識で聞いていた。

(16) コンビニでにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:34:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/443-19ba04bf
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next