FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (35)サディスティック孝雄

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (35)サディスティック孝雄

「…、イオリ、静かにして」
(やっ、やった…、アナル、犯したっ…、あっ、また来た…)
背を向けて壁によりかる伊織のスベスベした背中にしがみついた孝雄は、イチモツを徐々に挿入して尻穴を拡張する変態倒錯に酔っていたが、誰かが小用に来たので辛そうによがる伊織の口を塞いだ。

「ん…、(ふ、うう…)」
口を押さえられて呼吸するのさえ苦しくなる。勃起チンポで肛門を広げられて根本までねじ込まれる、痛みを伴った倒錯欲情で酸欠気味に悶える成熟した女体は、脂汗で妖しくテカる淫靡な陰影を見せていた。
「(イオリ、声出しちゃダメだぞ…、恥ずかしい声、聞かれちゃうから…)」
夫婦ごっこして悪い奥さん扱いした伊織の尻穴を掘ってお仕置きする変態仮夫は、いやらしい声を我慢する伊織の横顔にマゾヒスティックな倒錯色情を感じていた。イチモツで直腸粘膜をコスる快感を楽しみながら、いじめてやりたくて前に回した手でヒタヒタのスジをなぞって白いポッチを弄った。
「んっ…(ふー、くうっ、んんっ…)」
伊織はアナル陵辱されるのと同時に性器の一番感じる突起を愛撫されて悶えた。四肢を緊張させて全身を襲う未体験の快感に耐えていた。括約筋が頃合いの締め付けをしてくるのを楽しんでゆっくりと抽送を繰り返す孝雄は、溢れ出る蜜をポッチにまぶしてさらに擦った。

「(イオリ、お尻にチンチン挿れられるのが、そんなに嬉しい?…)」
(初めて、アナル犯されても、感じるんだな…、女って、すごいな…)
尻穴をイチモツの太さに拡張された女体が妖しくくねる卑猥な光景にサディスティックに興奮する変態は、言葉責めでA型っぽい生真面目な伊織の羞恥心を煽っていた。
「あっ、はあっはあっ、あ、アナタ…、ああ、お願い…、ん、もう許して…」
小便器が自動洗浄する水流の音と手を洗ってから遠ざかっていく足音を確認した孝雄が塞いだ手を離すと、お尻を突き出したポーズのまま伊織は泣き声混じりに訴えた。つらそうな声だったが、妙に卑猥に聞こえてますます孝雄は興奮した。
「やだなあ、オレはイオリにいい奥さんになって欲しくてやってんだよ、別にいじめてるわけじゃないだから…」
(うひひ、いい気分…、オレってサドなのかも…)
孝雄は生真面目な優等生タイプの伊織を侮辱しながらアナル蹂躙し、心も体も征服した気になってご機嫌だった。
「うぐっ…、ん…、アナタ、伊織は、あっ、いい奥さんに、ああっ、なります…、あんっ、だから、ああっ、もう許して…」
調子に乗った孝雄が思いっきり腰を突き上げ、直腸を突き抜けた勃起チンポが大腸粘膜を陵辱した。恥ずかしい排泄器官を性器扱いされて陵辱される屈辱に涙をこぼす伊織だったが、ヒクヒク震える大陰唇のスキマからいやらしい蜜があふれて太ももまで濡らしていた。
「そうか、じゃあ、ご褒美にもっとかわいがってやるね」
(くうっ…、き、気持ちっ、いいっ…、カワイイぞ、伊織…)
潜在意識に優等生の伊織に劣等感を隠していた孝雄は、鬱憤を晴らすように尻穴を犯した。まだ膣でのセックスは未体験の前穴童貞は、ウットリして大腸の蕩けるような襞粘膜で締め付けられる快感を貪った。相撲のがぶり寄りのように何度も下から突き上げ、脂汗を垂らして苦しそうに悶える女体を個室の壁に押し付けていた。

「あ、んっ、あ、アナタ、あっ、伊織は、ああっ、いい子になりますから、もう、ああっ、許してえっ」
男子トイレの個室の壁に汗で濡れた女体を押し付けられて後ろから押しつぶされそうな伊織だった。アナルを奥深く突き上げられるたびに泣き声まじりの喘ぎ声をあげた。愛液でヒタヒタにぬかるんだポッチへの乱暴な愛撫に、卑猥なスキマを見せる女性器からネットリした随喜の涙を垂らし続けた。

義姉さんと孝雄 (36)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:33:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4428-4ae81c1c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next