FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (30)極楽で発射

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (30)極楽で発射

「あ…、はっ…、く…、はああ…」
(ご、極楽か…、ああっ、こ、ここは、て、天国か…)
孝雄の股の間に入り込んだチンポマニアの美人女医は両手で握ったイチモツをゆっくりシゴき、純白ニーハイナースはほぼ全裸の女体で孝雄に絡みついていた。孝雄は二人のタイプの違う医療従事者の濃厚なエロサービスの気持ちよさにのぼせて夢心地だった。

「チャウさん、気持ちいいでしょ、先生の手でイカない患者さんはいないんですよ」
ウットリする孝雄の上半身にまとわりついていやらしい手つきで撫で回すロリナースマリは、修行僧のような真剣な面持ちで手淫する美人女医を見下ろして楽しそうに笑っていた。
「は、はあ、イキそう、ん…、です…」
(い、いいのか…、も、もう、いいのか…)
最前美人女医から厳しい口調で我慢しなさいと言われたため、射精してしまっていいのか迷って我慢していた孝雄は、幼さを残すロリナースの女体を無意識に撫で回して濡れたスジを弄くっていた。
「いいわよ、イッて…」
孝雄の広げた脚の間に入り込んでゴージャスなエロふわボディを縮こまらせていた美人女医は、カウパー汁を滲ませてピクピク痙攣する鈴口を寄り目て見つめてゴーサインを出した。
「あ、は、はあっ、じゃあ、くうっ…」
(ううっ…、い、いいんだな…、くっ、いくっ、くうっ…)
女王様然とした女医のお許しが出て、孝雄は気が遠くなりそうな快感に素直に身を委ねた。
(ん…、い、いくっ…)
裏スジがしびれる電撃のような射精快感にのけぞった孝雄は、マリの若い女体にしがみついて無意識にアソコを弄っていた指を挿入してかき回した。
「あっ、チャウさん、ああっ、すごい、いいっ」
ドクドク痙攣したイチモツの先端から吹き出した白濁液は、至近距離で見つめていた美人女医の顔に飛び散り、それを見下ろしていたロリナースは指マン快感に女体をこわばらせて上ずって興奮した喘ぎ声を上げた。
「あっ、あ…、すてき…、いい…」
迫力美人な顔をザーメンまみれにされた射精マニア女医は、エロふわボディを孝雄の脚の間に預けてアヘ顔を晒していた。和式スタイルにしゃがんでいたノーパンの股間からネットリした潮を吹き、すぐ下の床は小さな池を作って淫靡な光沢を放っていた。


「…、茶臼岳さんの陰茎は何の異常もないので、いつでもどこでも変態行為に勤しんでもらって大丈夫です」
とびきりの射精感に脱力した孝雄の股間をのぞき込んだマリが、カウパーや愛液やザーメンでネチョネチョの半立チンポを綺麗にしている横で、白衣を着直した美人女医がガータベルトが絡んだ太ももをゆったり組んでカルテを書きながら、元通りの辛辣な口調で診断結果を告げた。
「いちおう再検査するので、来週もう一度来てください」
それから胸の谷間を強調するように乗り出した美人女医は白衣の合わせ目から溢れそうに張り詰めた乳肌を揺らし、暗に来週同じプレイをすると言ってお気に入りのチンポが収まった股間に淫靡で冷たい視線を絡ませていた。

「じゃあ、これ持って受付に行ってください、…、私はどんなときもOKですから、いつでも連絡してください、今度は最後までしましょ」
孝雄の背中をそっと押して診察室を出るように促して受付に提出するカルテを渡したマリは、ドアの前でナースコートがはだけた胸を押し付けて純白ニーハイの太ももを孝雄の下半身に絡めながら、エッチな笑みを浮かべてプライベートアドレスを渡してきた。

義姉さんと孝雄 (31)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:52:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4423-4b7151de
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next