FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (29)チンポマニアは射精マニア

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (29)チンポマニアは射精マニア

「は?、はあ…、恐縮、です」
(こんな美人が、イカせてくれるの?…、オレって、とんでもなく幸せ者?!…)
目の前に迫る美人の妖艶な迫力に圧倒される孝雄は、腰を包み込むように圧迫するマシュマロのような女体の弾力にキンキンに勃起した分身を食い込ませていた。

「んっ…、あっ、あん…」
孝雄の分身を濡れた性器のスジで咥え込んだ淫乱女医は孝雄の口に吸い付いてきた。シットリ濡れて欲情した女体は孝雄のカラダを包み込み、出来立てのメレンゲのように孝雄の体に密着して蕩けていた。
「あ、はわあっ、ふはっ、ああっ」
(んっ…、気持ち、良すぎる…、はあっ、出る…、あう、まだ、くうっ、ダメだ…)
美人女医のエロふわボディとキスして抱き合っているだけで孝雄は発射しそうだった。このまま果ててしまいたい正直な気持ちともっと楽しみたいという葛藤が出した結論は、極上の女体をもっと楽しみたいというオスの野望だった。
「ああんっ、ボク、まだオッパイが、ああっ、恋しいのね」
診察台の上で強引に体位を入れ替えた孝雄は、黒ブラを乱暴にずりあげて吸い付いた。広げさせた太ももの根本に分身を擦りつけてスマタした。ニュチュルッチュニュと勃起チンポが愛液まみれの性器にこすれ合うヌメった擦過音が診察室に静かに響いていた。
「はあっ、せんせっ、オッパイ、美味しいですっ」
(はあっ、大きさは、はっ、伊織に負けるけど…、柔らかさは、はっ、たぶん世界一だっ…)
形勢逆転して成熟した女体に跨がった孝雄は汗で湿った柔肌を組み敷いてオッパイ嬲りに熱中していた。飛び出た乳首を口の中でしゃぶりつくし、フワフワして指が溶け込みそうな乳肌を揉みまくった。

「あんっ、どいて、私が、イカせて、あ・げ・る…」
オッパイを弄ばれて卑猥に悶えていた淫乱女医はカラダを起こすと孝雄を押しのけた。突然の拒絶に面食らった孝雄が診察台に腰掛けていると、その前にしゃがんだ女医がイチモツを巨乳で挟んできた。
「う…、い、いい、です…」
(バイズリ?!…、す、すげっ、こ、こんな気持、くうっ、いいんだ…)
生菓子のようなフワフワシットリした巨乳に分身を挟まれてシゴかれた孝雄は夢心地だった。汗の滲んだ乳肌がチンポに張り付いてカリや裏スジを心地よくコスってくれた。
「チャウさん、私も仲間に、入れて」
それまで横で控えていたマリも我慢できなくなったのか孝雄の上半身にすがりついてきた。ノーブラになった純白ニーハイナースは成長途上な乳房を押し付け、首筋からアゴにキスしていた。
「まだ、だめよ、我慢しなさい」
孝雄の股の間に入り込んで巨乳に挟んだ男根を女体全体を上下させてネッチョっと締め付ける美人女医は、マリにじゃれつかれてニヤける孝雄を冷たい上目遣いで見つめた。
「うふっ、先生は、射精する瞬間を見るのが、大好きですもんね」
孝雄の頭を抱きしめてオッパイで挟んだマリは上からのぞき込んで孝雄の顔にキスし、チンポマニア女医の特殊な性的嗜好を暴露した。

「…、そうね…、そろそろ、イカせるわよ、覚悟しなさい」
職場の上下関係を無視したマリのセリフに一瞬ムッとしたように見えた美人女医はパイズリをやめた。もう終わりないのかと孝雄は幸せな気分が一気にしぼんだが、美人女医はすぐにカウパー汁やツバでネチョネチョのイチモツを両手で握り、鼻が触れそうなほど顔を近づけて寄り目で見つめると、血管が浮き出たサオをゆっくりしごきだした。

義姉さんと孝雄 (30)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:03:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4422-9bbf98df
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next