FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (9)リアルな口内射精

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (9)リアルな口内射精

「はあ、ああっ、はあっ」
性格が残念な点を除けば普通の美少女である真夏を、孝雄は大学の裏手に連れ込んで性処理させていた。

「はあっ、ちゅううっ、はっ、ちゅううっ、はあっ、ちゅっちゅっ」
伊織の身代わりにする罪悪感は若さゆえに堪え切れない肉欲がかき消し、華奢な指先でいきり立つ愛棒を愛撫される快感に溺れた。エロに支配された孝雄は無防備に体を預ける真夏の肩出しキャミのヒモを滑らせて二の腕に垂らし、標準サイズのオッパイを剥き出しにしてしゃぶりついた。
「あ、はあんっ、ああっ、チャウくうんっ、真夏、感じちゃうぅ」
乱暴に吸引された乳房はこじんまりした乳輪から乳首を勃起させ、ケダモノと化した孝雄のいやらしい舌先に弄ばれた。胸の感じる部分の愛撫に悶える真夏だったが、社会の窓に引きこまれた手で手淫を続けた。

「うっ…、のっ、飲めっ」
満員電車で伊織のセクシーな女体と密着してから、若い肉体の中で開放の時を待っていた欲望はほどなく破裂した。
「く…、はう…、くふうう…」
玉袋が収縮して裏スジがしびれる快感に泣き笑いのみっともない顔でのけぞった孝雄は夢の中で伊織にしたように、乱暴にしゃがませた真夏の唇に肉棒を押し込んで発射した。プルンとした唇の弾力で咥えられた肉棒をドクドク脈動させて精液を注ぎこむ孝雄は、リアルな口内射精快感にウットリしていた。
「んっ…、う、うう、ん…、くん、こくんっ…」
男の身勝手な欲望に弄ばれたことを知らない真夏は、カリの先端から噴き出すドロッとした白濁液を舌で受けとめ、ほろ苦い大人の味を噛みしめるように舌の上で転がすと思い切って飲み込んだ。食道をザーメンが通過する時にかすかに浮き出た喉仏が上下していた。
「は、はあ…、ははあ…」
若い肉体を苛立たせた欲望の昂ぶりを放出して一息付いた孝雄は、股間の前で抱えた平均より大きな頭を両手で抱えたまま呆けていた。
「ふわ、はあんっ…、ぺろ、ぺろ…」
頭を固定されて孝雄の分身を口に挿れたままの真夏はしぼんでいくソレを愛おしくて感じ、お掃除フェラをして丁寧に舌を絡めていた。

「は…、はああ…」
お掃除フェラが終わる頃、孝雄は脱力して草むらに腰を下ろした。
「これで私達、恋人同士だね、うふふ…」
肩紐を下げられてひり出されたオッパイをそのままにした真夏がすり寄ってきた。ナマ乳を押し付けて抱きつく真夏は尻餅をついて脱力した孝雄になついて甘えていた。
「え…、あ、ああ…」
(…、やっちまった…)
毒気が抜けて腑抜けた孝雄は欲望に駆られるまま犯してしまった過ちを早くも後悔し、曖昧に返事をしていた。

「ちょっと早いけど、ご飯食べに行こうよ、真夏、お腹減っちゃったぁ」
はにかんだ笑みを浮かべて二の腕に垂れたヒモを戻して乳房を直した真夏はすっかり恋人気分で、絶望感で脱力する孝雄を学食に引っ張っていった。

義姉さんと孝雄 (10)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:09:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4402-7a7e617c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next