FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (24)意識のない全裸女子大生

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (24)意識のない全裸女子大生

(気絶したか…、寝不足で寝てるのか?…、感じやすいのか?…)
中出しされた奈穂はオレに抱きついたまま意識を無くしていた。一発放出して気持ちが落ち着いたオレは、熟れきった母親の吸い付くような柔らかい肌とは一味違う新鮮なスベスベ肌の心地いい感触を楽しみながら、膣内に生挿入した分身が縮んでいく快感の余韻を味わっていた。

「奈穂、キレイにしてやる」
(やっぱ…、ナマはまずいよな…)
暴走した性欲が収まると中出し妊娠が心配になってきた。グッタリした奈穂を後ろから抱えて、広げさせた股の中心にシャワーを当てると、媚肉の切れ目に指を挿れてザーメンを搔き出した。
「えっ…、あ、ああっ、ぱ、パパ、い、ああっ」
(おっ、目が覚めた!?…、すげえ…、感じてるな…)
気絶するほど感じた女体はまだ感覚が鋭敏だった。膣に入り込んで縦割れスジを上下する指先に敏感に反応して喘ぎ声を漏らし、後ろから抱きつくオレに背中の固い部分を押し付けて淫らに悶えた。
「だ、あ、また、いっ…」
(妊娠しちゃうから…、洗い流さないとな…)
濡れた恥毛が張り付いた股間にシャワーを浴びさせられる奈穂は、膣内で蠢く指先にいちいち反応して悶えた。指で広げた膣口に押し当てたシャワーの強い水流は膣内に侵入して温かいお湯で満たし、下腹が徐々に膨らんでいくのがわかった。
「いいっ…、いっちゃ、うっ、あっ、ああっ」
(おっ、すげっ…、大水量潮吹きシャワーってか…、おお、流れてる…)
奈穂が甲高い嬌声を上げて全身を緊張させると、縦割れスジから勢い良く噴き出したお湯に押し出されてザーメンがドロリと溢れ、床を流れる水流に白濁が混じって排水口に流れていくのが見えた。
「あ、あっ、あっ、いっ…、いくっううっ」
(気持ちいいだろ…、ちゃんとイカしてやるよ…)
ザーメンを掻き出したあとも愛液のヌルヌルは止まらなかった。悶える女体を後ろから押さえつけたオレは、乳首が固く突き出た美巨乳を揉みながら指マンを続けて奈穂をもう一度昇天させた。

(さて、どうするか…)
二度目のエクスタシーでまた意識をなくした奈穂はオレの腕の中でグッタリしていた。超名門大学の現役女子大生のカラダをもう少し弄んでやりたい気持ちもあったが、沙奈恵さんが帰ってくる心配もあった。
(奈穂ちゃん…、ちゃんとお布団で、おねんねしようね…)
奈穂を部屋に連れて行く事にした。意識のない奈穂のカラダの水滴を適当に拭いたオレは、そのままの姿で二階に運んだ。
(はあ、ついた…、ここか?…)
奈保を抱えてなんとか階段を上がるととりあえず目に付いたドアを開けた。机の上に並んだ専門書を見て奈穂の部屋だと思った。オレはベッドの上に奈保を寝かせた。

(裸は、やっぱまずいよな…、何か着ないと…、ここかな…、おおっ、エッチなのが多いな…)
ベッドの上で脱力した奈保は大人の女に成長した艶めかしさを一糸まとわぬ姿で赤裸々にさらしていた。ベッドの上でしどけなく横たわる湿り気を帯びた女体にまたムラムラしてきてスケベ妄想が浮かんできた。オレは変態プレイの準備にとりあえずチェストの引き出しを開けると、色とりどりの下着が咲き誇るお花畑を物色し始めた。

隣のハーレム (25)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:11:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4392-47c2f846
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next