FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (21)奈穂との遭遇

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (21)奈穂との遭遇

オレをアナタと呼ぶ沙奈恵さんと内縁関係になったオレは、娘二人が出掛けたあとの桜山家に入り浸ってセックス三昧の桃源郷を満喫していた。

一回り以上年上のアラフォー沙奈恵さんはセックス以外も甲斐甲斐しくお世話してくれた。娘達に気づかれないようにこっそりオレの洗濯物を洗ってくれたし、朝昼の食事は沙奈恵さんに食わせてもらっていた。ご飯はセックスしたあとやセックスしながら食べることが多い。

「あ、いらっしゃい、アナタ、ごめんなさい、おナス、買い忘れちゃって、ちょっと待ってて」
寝坊してちょうどお昼時に桜山家に行くと、買い物に出かける沙奈恵さんと玄関で鉢合わせした。沙奈恵さんは軽く頬にキスすると買い物に出掛けてしまった
(あらら…、行っちゃうの…)
沙奈恵さんと肉体関係を持つようになって朝のオナニーはしてないので、玄関に残った沙奈恵さんの香りに欲情したオレは、臨戦態勢の息子を持て余していていた。

「ただいま…、3日徹夜は、やっぱ効くわ…」
股間をモッコリさせたオレが玄関に座ったのと同時に長女の奈穂が帰ってきた。いつもなら大学にいる時間なのに、突然登場した一流大女子学生に度肝を抜かれたオレはビックリして固まっていた。
「あれっ、パパ?…、ってそんなわけないよね…、睡眠不足で幻覚、見ちゃってるよ…」
玄関で固まるオレを見て奈穂もビックリした。しかし寝不足で憔悴している奈穂は現実の視覚情報を脳内幻想だと否定し、硬直したオレの横を素通りして玄関を上がった。

「はあ…、お風呂入って、寝よ」
千鳥足気味な怪しい足取りで廊下を歩く奈穂はひとり言しながら、ジャケットを脱いで肩出しキャミの若い女体を魅せつけるように浴室に入っていった。
(…、逃げるなら今だ…、でも、あのカラダ…、惜しい…)
睡眠不足の奈穂はオレを幻覚扱いして完全無視していた。このときが逃げ出す絶好のチャンスだったが、たまにカーテンを閉め忘れて見せてくれる若くて成長した女体が手の届くところにあるのに、置き去りにするのはもったいないと思うスケベ心が勝ってしまった。
(ちょっとだけ…)
窓越しに見慣れた女体だがどうしても近くで見たくなって、オレは脱衣所をこっそり覗いた。

(おおっ、現役女子大生の裸体…、沙奈恵さん譲りの、エロいカラダ…)
壁の向こうにはパンティ一枚きりの裸体が立っていた。沙奈恵さんの完熟した食べ頃な女体ほどの妖艶さはないが、成長して生殖機能を備えた立派な大人の女体だった。若くて瑞々しい女体に欲情したオレの股間は目一杯膨らんでいた。
「あれ?、やっぱりパパなの?…、一緒に入ろうよ」
寝ぼけまなこの奈穂がオレを見て一緒のお風呂に誘ってきた。あまりに突然で予想外の展開にまた思考停止したオレだったが、いつもと雰囲気が違う奈穂は妙にセクシーだった。

「パパとお風呂、久しぶりだよね、キレイに洗ってね」
(これって、やっぱ、ヤバイ?…、あ、メガネ、してないんだ…)
寝不足のせいか妙にハイテンションな奈穂は腰の抜けたオレを引っ張りこんだ。沙奈恵さんと一味違う艶かしさを振りまく現役女子大生に無抵抗に服を脱がされていたオレは、窓越しの着替えで見慣れたいつもの奈穂との違いが、メガネが無いせいだとなんとなく感じていた。

隣のハーレム (22)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:37:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4389-21616077
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next