FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (19)クサイ仲

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (19)クサイ仲

「ちょっと我慢して…」
(淫乱年増のくせに、このくらいで大騒ぎすんなよ…)
オレはサツマイモを尻穴から出したり入れたりした。広がった括約筋をサラダオイルでヌルヌルのサツマイモで刺激される女体がいやらしい喘ぎ声を上げてヨガっていた。

「ん、あ、ごめんなさい。、でも、あ、あっ、あんっ、お尻がっ…」
(ん、くっ、締まる…、くっ、嫌がってても…、くうう…、お汁が滲んでるぞ…、ふっ、はうっ、本物のドスケベだな…)
イモの出し入れに合わせて膣壁が締まって締め付けてくる。拡張された肛門で削ぎ取られたサラダオイルがネットリ垂れるアソコは、肉棒で目一杯広げられて赤みがかったピンク色の唇が卑猥なヨダレをにじませていた。
「くうっ…、我慢、して、くっ…」
(ほおお…、直腸、固い…、おはあっ、くううっ…、こりゃ、いいっ…)
サツマイモを出し入れしながら腰を振ると、薄い粘膜越しに接したイモとイチモツがこすれ合う。生本番しながらコンドームをかぶせたイモを息子に擦りつけているような、味わったことのない快感がオレをしびれさせる。

「あ、ああ、は、はい…、沙奈恵、がんばり、ます…」
オレの股間にまたがって扇情的な背筋を見せる沙奈恵さんは苦しそうな声を漏らしていた。イッた直後で肌感覚が鋭敏なままの女体が排泄器官の快感に悶えて膣を締め、オレのサツマイモに中ナマ出しを誘っていた。
「くっ、お、おほおっ、へ?、ぐっ、臭えっ」
変態プレイの快感にのぼせたオレは調子に乗って腰をガンガン上下させた。快感を貪ってイモの出し入れを続けていたら勢い余って抜けた。お尻の中心に芋の太さを物語るように暗くて深いアナが開いた瞬間、ガスが放出された。サツマイモを咥え込んでいた後ろのアナから卵が腐ったような臭いが漂った。
「え、や、やだあっ、恥ずかしいっ」
ふた穴セックスの最中に放屁して悪しざまに罵られた沙奈恵さんは、股間にまたがるはしたないポーズのまま泣き出しそうな声で恥じらっていた。
「あ、ごめん、うそっ、沙奈恵さんは、臭くないからっ」
(やべ、ついっ、言っちまった…、でも、やっぱ…、臭えよ…)
オレは一回り以上も年上の女性に泣かれて焦った。でも熟れた女体から漂ういい匂いで悪臭は余計に強調されていた。

「ああ、ごめんなさあいっ、臭い女で、ホントにごめんなさあいっ」
(…、ほんとに泣いてるよ…)
沙奈恵さんが床に顔を伏せてお尻を浮かせたので広がった媚肉から分身が抜けだして、自称ペットボトルより大きい肉茎が力んだまま下腹に張り付いた。沙奈恵さんはオレの足の間で丸くなって嗚咽に震えていた。
「ほんとごめん、沙奈恵さん、機嫌直して…、そうだ…」
(めんどくせえ…、そうだ…)
射精する気満々の息子を放り出して泣く沙奈恵さんに若干ムカついたが、ナイスアイデアを思いついて彼女の顔の前にケツを突き出してオナラした。

「え…、臭い…、やんっ、やだあっ、アナタったらっ」
(してやった…、なんか、興奮する…)
目の前で臭いガスを放出された沙奈恵さんは目をまんまるにしてビックリしていたが、すぐに楽しそうに笑い出した。女性の顔の前でオナラするなんて初めてでなんだか妙に興奮した。
「沙奈恵…、これでオレたち”臭い仲”、だな…」
(沙奈恵さん、やけにかわいいな…、ムラムラする…)
妙に浮かれた沙奈恵さんを抱き起こしたオレは、わざとカッコつけて泣き笑いの顔を覗き込んだ。

「うふふっ…、そうね、アナタ…」
(う…、やっぱ、エロいわ、この淫乱熟女は…)
嬉しそうな笑い声を漏らす沙奈恵さんはオレの胸にしがみついてウットリしていたが、臨戦態勢にある息子を握ってゆっくり手コキしていた。

隣のハーレム (20)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:45:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4387-db67d0d6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next