FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (18)シリ穴調教再開

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (18)シリ穴調教再開

「あうっ、おはあっ」
(倒れるっ?…、く、ううっ、締まる…、えっ、オッパイ?、ふおおっ…)
のけぞって後ろに倒れそうな沙奈恵さんを支えようとして腰に手を伸ばした。快感で硬直した女体がシーソーのように揺れると、起き上がった勢いのまま二つのオッパイが覆い被さってきてオレは押し倒されていた。

「あ、んっ、い、いいっ、アナタ…、いっぱいですうっ」
(おほっ、いいぞ…好きモノ淫乱未亡人の、大開脚うっ…)
オレの背中を床に押し付けた沙奈恵さんは咥え込んだ息子を締めながら起き上がった。太ももを腰に絡ませてまたがった官能的な女体が妖しく揺れ、膣を軋ませるイチモツの味を楽しんでいた。ウエーブのかかった髪が淫らなに揺れるアヘ顔が前後し、ヒダヒダの刺激が絶妙の膣膜がリズミカルに息子を締め付けてくる。
「あ、ああ、いいぞ、く…、もっと、はあ、腰振れ…」
(オレのチンポ、はあっ…、くっ、いっ、いいっ、頑張ってる…)
前後する腰の動きで淫靡なシワを刻んで柔らかく波打つ下腹に、イチモツの先端が突き出しそうに盛り上がる。子宮に入り込んだカリの根本を入り口が輪ゴムのように締め付ける快感にオレは倒錯した快感を味わっていた。

「ああっ、アナタ、ああ…、沙奈恵は、ああっ…、また、イッちゃいます…、あ、ああっ…」
(うはあ、淫乱年増め、イクのか、イキそうなのか、イクのかあっ…、くっ、しっ、締まるうっ…)
オレの胸に手をついて汗まみれに腰を振っていた沙奈恵さんが倒れこむように抱きついてきた。汗で湿ったオッパイの弾力を押し付けてハアハアと昂ぶった吐息でオレの頬を湿らせる欲情未亡人は、芋が挿入された直腸の固さを感じる粘膜で締め付けると、ビチュッと潮を吹いて根本のモジャモジャをネットリ濡らした。
「は、ああ…、沙奈恵さん、イッちゃった?…、良かった?…」
(自分だけ、気持ちよくなるとは…、さすが淫乱未亡人…、次はオレが楽しむ番だぞ…)
騎乗位で絶頂に達して抱きついている沙奈恵さんをかわいいと感じて乱れた髪を撫でつけていたが、オレは正反対の残酷な気持ちで卑猥なプレイを思い浮かべていた。

「ああ…、アナタ、ごめんなさい…、私だけ、イッちゃって…」
興奮した吐息がまだ収まらない沙奈恵さんは、淫靡なアヘ顔を隠そうともせずに申し訳無さそうな半ベソ顔でオレを見ていた。
「いいよ…、このまま、後ろ向いて…」
(エロ年増め…、アヘアヘな目が、いやらしいぞ…、騎乗位でバックから責めてやる…)
オレは淫乱未亡人の潤んだ目にどSな気持ちを隠した笑顔を向け、挿入したまま背中を向けるように促した。
「あ、はい…、ああん、はあっ…、これでいい?…」
(お、おほおっ…、花びら回転ってか…、くうう、回りながら、締め付けてくる…、おっ、芋入り尻アナが…)
従順な淫乱年増はペットボトルよりデカいイチモツを咥え込んだまま腰にシットリとまとわりつく太ももを上げ、器用に脚を入れ替えて背中を向けた。イチモツを咥え込んでヨダレを垂らす下の唇の上に、先端が飛び出たサツマイモで小さく口を開けたアナルがまる見えだった。

「え、ひいいっ、あ、ああっ…、お尻の粘膜っ、引き出されるうっ、ズル剥けちゃうう…」
(うひひ、出てくる、出てくる…、いやらしいぞ、エロ年増め…)
突き出した先端を慎重に引っ張ってコーン形状の先っちょを引き出す。サラダオイルでヌルヌルしたサツマイモで肛門の括約筋を刺激された女体が切なげに震え、汗が滲んだ綺麗な背筋がビクビク痙攣していた。

隣のハーレム (19)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:29:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4386-6dd28b0c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next