FC2ブログ

== 隣のハーレム ==

隣のハーレム (15)オシッコキス

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のハーレム 目次

隣のハーレム (15)オシッコキス

「ちょっと休みましょうか」
いい年したオバサンの立ちション観察に満足したオレは、アナル開発はまだ時間がかると思って中断することにした。

「は、はあ、はあ…、やあ、恥ずかしい…」
(可愛いぞ、エロ年増…)
アナルから極太チンポが抜けて一息ついた沙奈恵さんは、オレの前でオシッコしてしまったことがひどく恥ずかしかったみたいで、その場にしゃがみこんだ。
「オシッコ…、舐めさせて…」
足下でうずくまる女体が見せる官能的で卑猥なシェイプに加虐心が刺激される。オレは豊満なお尻を抱え上げて半立ちの姿勢にさせると、尻タブを広げてオシッコで濡れたアソコをペロペロ舐めてやった。
「えっ?…、ひいっ、いやあっ、汚いですうっ」
(苦い?、しょっぱい?…、少なくとも糖尿病じゃないな…)
初めて味わうオシッコだったけど汚いとは思わなかった。肉の切れ目から出たヌルヌルが混じったオシッコを、オレは性器から太ももの内側まで舐めてあげた。
「沙奈恵さんのオシッコなら、汚くないですよ」
(おいしいとはおもわないけどな…、女の人のオシッコ舐めるなんて、オレって変態、だな…)
オシッコの湿り気をあらかた舐めとると、恥ずかしそうに顔を伏せていた沙奈恵さんを抱き起こしてジッと見つめてやった。

「…、アナタ…、うれしい、です…」
(淫乱年増め…、いやらしい顔しやがって…、イジメて光線、出しまくりだな…)
カッコつけて見つめてやると、沙奈恵さんはオシッコを舐めた変態男にはにかんでウットリしていた。
「キスさせて」
(オシッコキス、だな…)
恥じらいながら微笑みを浮かべる淫乱未亡人の、かすかにスキマを見せる唇がやけにいやらしく見えた。まだオシッコで濡れた口をオレは押し付けた。
「はあっ、あんっ、ふちゅう、にゅるっ、んっ、ちゅっ、ちゅうう、んんっ…」
(はあっ、ふああ…、きもち…、ええ…)
ぷるんとした唇の弾力をハムハムして味わいながら舌を挿れると、沙奈恵さんも応えて舌を絡めてくる。
(沙奈恵さん、キス…、うまいよなあ…)
気持ちよすぎて頭の芯がジンジンして意識がぼんやりしてくる。艶めかしく蠢く舌がいやらしい音を立てて、オシッコの混じったツバを絡め取り、ノドが小さく鳴っていた。

「ああん、ちゅっ、ちゅうう、はあっ、にゅぺろっ、はあ、あああ」
(イジってやれ…、オシッコするかな…、キスしながらオシッコする、変態未亡人か…、うひひっ…)
沙奈恵さんのうますぎるキスを楽しむオレは、オマタに手を入れてオシッコのアナをイジっていた。キスしながら嬉ションする淫乱未亡人を妄想したオレは心の中ではしゃいでいた。しかしさっきで全部出しきったみたいで、沙奈恵さんは食べ頃完熟女体をいやらしくくねらせるだけだった。
「はあ…、とりあえず、出ましょうか」
(はああ、キスも、はあっ、いいけど…、やっぱ、アナル調教が、先だよな…)
このまま沙奈恵さんのペースになりそうだったので、寄りかかる柔らかい弾力をオレは押し返した。濃厚なベロチューにうっとりした沙奈恵さんは、太ももを緩めて膝立ちするオレの下半身を挟んでいた。

「え、あ、はい…」
(欲求不満の淫乱年増め…、そんなにして欲しかったのか…)
沙奈恵さんはこのままセックスになだれ込むのを期待していたみたいで、ちょっと曇った表情が不満そうに見えたが、
「アナタ…、じっと、しててね…」
オレが脱衣所に出ると勃起チンポにキスしそうなほどの近さにひざまずいてバスタオルで体を拭いてくれた。チンポに唇が触れそうな距離でオレの体を拭く沙奈恵さんは、裏スジに甘い吐息を吹きかけて刺激してくる。おかげでオレは風呂から出たばかりなのにまた先っちょをカウパーで濡らしてしまった。

隣のハーレム (16)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:06:59 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4383-ce838d70
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next